読み込み時間記録機能を追加する

次の 2 つの理由から、ゲームがいつ読み込みイベントを行っているかを記録することが重要です。

  1. 読み込み中のフレーム時間データの汚染を防ぐため。
  2. 読み込み時間を分析して、許容範囲を超えるタイミングと場所を確認するため。

読み込みイベントには、次のメタデータを関連付けることができます。

public class LoadingTimeMetadata
{
    public enum LoadingState
    {
        Unknown = 0,

        /// <summary>
        ///     The first time the game is run.
        /// </summary>
        FirstRun = 1,

        /// <summary>
        ///     App is not backgrounded.
        /// </summary>
        ColdStart = 2,

        /// <summary>
        ///     App is backgrounded.
        /// </summary>
        WarmStart = 3,

        /// <summary>
        ///     App is backgrounded, least work needed.
        /// </summary>
        HotStart = 4,

        /// <summary>
        ///     Asset loading between levels.
        /// </summary>
        InterLevel = 5
    }

    public LoadingState state;

    public enum LoadingSource
    {
        UnknownSource = 0,

        /// <summary>
        ///     Uncompressing data.
        /// </summary>
        Memory = 1,

        /// <summary>
        ///     Reading assets from APK bundle.
        /// </summary>
        Apk = 2,

        /// <summary>
        ///     Reading assets from device storage.
        /// </summary>
        DeviceStorage = 3,

        /// <summary>
        ///     Reading assets from external storage, e.g. SD card.
        /// </summary>
        ExternalStorage = 4,

        /// <summary>
        ///     Loading assets from the network.
        /// </summary>
        Network = 5,

        /// <summary>
        ///     Shader compilation.
        /// </summary>
        ShaderCompilation = 6,

        /// <summary>
        ///     Time spent between process starting and onCreate.
        /// </summary>
        PreActivity = 7,

        /// <summary>
        ///     Total time spent between process starting and first render frame.
        /// </summary>
        FirstTouchToFirstFrame = 8,

        /// <summary>
        ///     Time from start to end of a group of events.
        /// </summary>
        TotalUserWaitForGroup = 9
    }

    public LoadingSource source;

    /// <summary>
    ///     0 = no compression, 100 = max compression
    /// </summary>
    public int compression_level;

    public enum NetworkConnectivity
    {
        Unknown = 0,
        Wifi = 1,
        CellularNetwork = 2
    }

    public NetworkConnectivity network_connectivity;

    /// <summary>
    ///     Bandwidth in bits per second.
    /// </summary>
    public ulong network_transfer_speed_bps;

    /// <summary>
    ///     Latency in nanoseconds.
    /// </summary>
    public ulong network_latency_ns;
}

ニーズに関連のないフィールドは、ゼロにできます。

読み込みイベントには、アノテーションを関連付けることもできます。Annotation メッセージ内の 1 つ以上のフィールドを使用して、フレーム時間アノテーションと同じ方法で定義できます。

Result<ulong> StartRecordingLoadingTime(LoadingTimeMetadata eventMetadata, TAnnotation annotation);

この関数は、指定されたメタデータとアノテーションに関連付けられた読み込み時間イベントの記録を開始し、StopRecordingLoadingTime() 関数で使用する Result<ulong>.value を入力します。

ErrorCode StopRecordingLoadingTime(ulong handle);

この関数は、StartRecordingLoadingTime() によって以前に開始されたイベントの記録を停止します。イベントは、次回のセッション フラッシュ時にアップロードされます。

読み込みグループ関数

ゲームでは、ユーザーが確認する 1 つの読み込み期間に複数の読み込みイベントを記録することがあります。その例として、ファイルの読み込みシーンの読み込み、解凍、シェーダー コンパイルなどがあります。

読み込みイベントがこのようなグループの一部であることを Android Performance Tuner に通知して、より有用な分析情報を得られるようにすることが重要です。これを行うには、読み込みイベントを次の開始関数と停止関数で囲みます。

Result<ulong> StartLoadingGroup(LoadingTimeMetadata eventMetadata, TAnnotation annotation);

この関数は、指定されたメタデータとアノテーションに関連付けられた読み込みグループを開始し、StopLoadingGroup() 関数で使用する Result<ulong>.value を入力します。現在、メタデータとアノテーションは Play バックエンドで使用されていませんが、アノテーションのみを null に設定することはできます。後続の読み込みイベントはすべて、一意のグループ ID でタグ付けされます。

ErrorCode StopLoadingGroup(ulong handle);

この関数は、以前に StartLoadingGroup() によって開始された読み込みグループを停止します。StartLoadingGroup() を再度呼び出すまで、後続の読み込みイベントはグループ ID を持ちません。

図 1. 読み込みグループの例

読み込み時間関数をゲームに追加する方法の例を以下に示します。

ファイル読み込みイベント

次のサンプルコードは、ゲーム内のファイル読み込みイベントを記録する方法を示しています。

public RawImage image;

IEnumerator LoadImageFromStreamingAssets(string imageName)
{
    string imagePath = "file://" + Path.Combine(Application.streamingAssetsPath, imageName);
    using (var r = UnityWebRequestTexture.GetTexture(imagePath))
    {
        LoadingTimeMetadata fileLoadingMetadata = new LoadingTimeMetadata()
        {
            state = LoadingTimeMetadata.LoadingState.InterLevel,
            source = LoadingTimeMetadata.LoadingSource.DeviceStorage,
            // Fields are zero by default but they could be set as follows
            compression_level = 0,
            network_connectivity = 0,
            network_transfer_speed_bps = 0,
            network_latency_ns = 0
        };
        Annotation annotation = new Annotation()
        {
            Scene = Scene.MagicalForest
        };
        // Start recording loading time.
        Result<ulong> result = performanceTuner.StartRecordingLoadingTime(fileLoadingMetadata, annotation);
        yield return r.SendWebRequest();
        // Stop recording loading time.
        performanceTuner.StopRecordingLoadingTime(result.value);
        if (r.isNetworkError || r.isHttpError)
        {
            Debug.Log(r.error);
        }
        else
        {
            Texture2D tex = DownloadHandlerTexture.GetContent(r);
            image.texture = tex;
        }
    }
}

シーン読み込みイベント

次のサンプルコードは、ゲーム内のシーン読み込みイベントを記録する方法を示しています。

IEnumerator LoadScene(int sceneIndex)
{
    LoadingTimeMetadata metadata = new LoadingTimeMetadata()
        {state = LoadingTimeMetadata.LoadingState.InterLevel};
    Annotation annotation = new Annotation() {Scene = (Scene) (sceneIndex + 1)};
    Result<ulong> result = performanceTuner.StartRecordingLoadingTime(metadata, annotation);
    AsyncOperation asyncSceneLoad = SceneManager.LoadSceneAsync(sceneIndex, LoadSceneMode.Single);
    while (!asyncSceneLoad.isDone)
    {
        yield return null;
    }

    performanceTuner.StopRecordingLoadingTime(result.value);
}

読み込みグループ関数

次のサンプルコードは、読み込みグループ関数をゲームに追加する方法を示しています。

IEnumerator LoadImages()
{
    LoadingTimeMetadata groupMetadata = new LoadingTimeMetadata()
    {
        state = LoadingTimeMetadata.LoadingState.InterLevel,
        source = LoadingTimeMetadata.LoadingSource.DeviceStorage,
    };
    Result<ulong> result = performanceTuner.StartLoadingGroup(groupMetadata, null);
    yield return StartCoroutine(LoadImageFromStreamingAssets("image1.jpeg"));
    yield return StartCoroutine(LoadImageFromStreamingAssets("image2.jpeg"));
    yield return StartCoroutine(LoadImageFromStreamingAssets("image3.jpeg"));
    yield return StartCoroutine(LoadImageFromStreamingAssets("image4.jpeg"));
    var stopErrorCode = performanceTuner.StopLoadingGroup(0);
}