Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

アプリの作成

Android Studio には開発の段階ごとにツールが用意されていますが、最も重要なのはアプリを作成するツールです。それにより、コードの記述、レイアウトの構築、画像の作成などを常に効率的に行えます。

このセクションでは、アプリを短時間で作成するのに役立つツールについて説明します。

コーディングの生産性

ここでは、コーディングの生産性を高めるのに役立つ機能をいくつか紹介します。

コード補完

コード補完は、入力ミスを減らし、クラス、メソッド、変数の名前を調べる手間を省くことで、アプリの開発をスピードアップします。コードエディタには、ベーシック補完、スマート補完、ステートメント補完の機能があります。

詳細については、コード補完をご覧ください。

カスタムコード補完テンプレートの作成

ライブ テンプレートにコード スニペットを入力し、コードの小さなチャンクをすばやく挿入して補完できます。ライブ テンプレートを挿入するには、テンプレートの短縮名を入力して Tab キーを押します。そうすると、テンプレートに関連付けられたコード スニペットがコードに挿入されます。

たとえば、短縮名 newInstance を入力して Tab キーを押すと、新しいフラグメント インスタンスのコードが引数プレースホルダとともに挿入されます。 また、fbc と入力すると、findViewById() メソッドがキャストおよびリソース ID 構文とともに挿入されます。

サポートされているライブ テンプレートのリストを表示およびカスタマイズするには、[File] > [Settings] > [Editor] > [Live Templates] をクリックします。

詳細については、ライブ テンプレートの記事をご覧ください。

Lint によるクイック修正

Android Studio には Lint というコード インスペクション ツールがあり、アプリの実行やテストコードの記述を行わずに、コードの構造上の品質に関する問題を特定して修正できます。

Android Studio はアプリをビルドするたびに Lint を実行し、ソースファイルに潜在的なバグがないかチェックします。また、正確性、セキュリティ、パフォーマンス、ユーザビリティ、ユーザー補助、国際化の観点から改善すべき点を探します。

詳細については、Lint の説明をご覧ください。

ドキュメントとリソースの詳細の表示

メソッド名、メンバー名、クラス名にキャレットを置いて F1 キーを押すと、API のドキュメントを表示できます。

画像やテーマなど、その他のリソースの情報も取得できます。 たとえば、Android マニフェスト ファイル内でテーマ名にキャレットを置いて F1 キーを押すと、テーマの継承階層とさまざまな属性の色や画像を表示できます。

新しいファイルを迅速に作成する

新しいファイルを作成するときは、[Project] ウィンドウで保存先ディレクトリをクリックしてから、Alt+Insert キー(Mac では command+N キー)を押します。 選択したディレクトリに適したファイル形式の候補が、小さなウィンドウに一覧表示されます。

リソースの操作

Android Studio には、リソース ファイルの作成と管理に役立つ以下の機能とツールが用意されています。

詳細については、アプリのリソースの追加をご覧ください。

あらゆる画面密度に適した画像の作成

Android Studio には、個々の画面密度をサポートする画像の作成に役立つ Vector Asset Studio というツールが含まれています。独自の SVG ファイルを編集用にアップロードする、Google が提供する多くのマテリアル デザイン アイコンを選択する、などを行うことができます。このツールを使用するには、[File] > [New] > [Vector Asset] をクリックします。

詳細については、Vector Asset Studio の説明をご覧ください。

画像と色のプレビュー

コード内で画像やアイコンを参照すると、左の余白に画像のプレビューが表示されます。これにより、画像やアイコンの参照を簡単に確認できます。

フルサイズの画像を表示するには、左の余白でサムネイルをクリックします。また、アセットへのインライン参照にキャレットを置いて F1 キーを押すと、すべての代替サイズを含む画像の詳細が表示されます。

新しいレイアウトの作成

Android Studio には高機能なレイアウト エディタが含まれており、XML の編集中にウィジェットをレイアウト内にドラッグ アンド ドロップしてプレビューできます。

このツールを使用するには、レイアウトを追加するモジュールをクリックして、[File] > [New] > [XML] > [Layout XML File] をクリックします。

詳細については、Layout Editor の説明をご覧ください。

UI 文字列の翻訳

翻訳エディタツールを使用すると、すべての翻訳済みリソースを単一のビューに表示できるため、strings.xml ファイルの個々のバージョンを開くことなく、容易に翻訳の変更や追加を行えるうえ、翻訳漏れの検出も行えます。文字列を含むファイルをアップロードして翻訳サービスを利用することもできます。

このツールを使用するには、いずれかの strings.xml ファイルを右クリックして、[Open Translations Editor] をクリックします。

詳細については、Translations Editor の説明をご覧ください。