Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る
件 / ページ
220 件の結果
Java
AppShortcuts

このサンプルでは、Android 7.1(API 25)で導入された Launcher Shortcuts API の使用方法を紹介します。この API では、ユーザーがアプリのランチャー アイコンを押し続けたときに表示される、インテントのセットを定義できます。XML 内で静的に登録するリンクと、実行時に動的に登録するリンクの両方の例を示します。

Java
AutofillFramework

このサンプルでは、自動入力フレームワークの使用例を紹介します。自動入力が必要なビューのあるクライアント アクティビティと、クライアント アクティビティに自動入力データを提供するサービスの実装が含まれます。

Java
DownloadableFonts

このサンプルでは、Android O で導入された「ダウンロード可能なフォント」機能の使用方法を示します。この機能により、アプリはフォントをバンドルまたはダウンロードする代わりに、特定のフォントをプロバイダから要求できるようになるため、フォントをアセットとしてバンドルする必要はなくなります。

Kotlin
DownloadableFonts(Kotlin)

このサンプルでは、Android O で導入された「ダウンロード可能なフォント」機能の使用方法を示します。この機能により、アプリはフォントをバンドルまたはダウンロードする代わりに、特定のフォントをプロバイダから要求できるようになるため、フォントをアセットとしてバンドルする必要はなくなります。

Java
EmojiCompat

このサンプルでは、EmojiCompat サポート ライブラリの使用例を紹介します。このライブラリを使用すると、アプリにない絵文字を豆腐(□)で表示することを避けられます。バンドルされた絵文字フォントとダウンロード可能な絵文字フォントのどちらでも使用できます。このサンプルでは、両方の使用例を示します。

Kotlin
EmojiCompat(Kotlin)

このサンプルでは、EmojiCompat サポート ライブラリの使用例を紹介します。このライブラリを使用すると、アプリにない絵文字を豆腐(□)で表示することを避けられます。バンドルされた絵文字フォントとダウンロード可能な絵文字フォントのどちらでも使用できます。このサンプルでは、両方の使用例を示します。

Kotlin
NotificationChannels(Kotlin)

チャンネルを使用してトピックごとに通知を分類する例を示します。この機能は Android O で追加されており、ユーザーが通知の設定を細かく管理できるようになります。

Java
PictureInPicture

このサンプルでは、ハンドヘルド デバイスでピクチャー イン ピクチャー モードを使用する基本的な方法を紹介します。動画の再生を開始した後、ピクチャー イン ピクチャー モードに入っても再生を続けます。ピクチャー イン ピクチャー モードでは、動画を一時停止または再開するアクション アイテムがアプリに表示されます。

Kotlin
PictureInPicture(Kotlin)

このサンプルでは、ハンドヘルド デバイスでピクチャー イン ピクチャー モードを使用する基本的な方法を紹介します。動画の再生を開始した後、ピクチャー イン ピクチャー モードに入っても再生を続けます。ピクチャー イン ピクチャー モードでは、動画を一時停止または再開するアクション アイテムがアプリに表示されます。

Java
RuntimePermissions

このサンプルでは、Android M 以上で使用できるランタイム権限を紹介します。実行時に権限の確認やリクエストを行う方法、サポート ライブラリを使って下位互換性を処理する方法、M デバイス専用のオプションの権限を宣言する方法を示します。

Java
CommitContentSampleApp

このサンプルでは、Commit Content API を使ってキーボードから送信されたリッチ コンテンツ(画像など)を受け取るアプリの作成方法を紹介します。

Java
CommitContentSampleIME

このサンプルでは、Commit Content API を使ってリッチ コンテンツ(画像など)をテキスト フィールドに送信するキーボードを作成する方法を紹介します。

Java
DirectBoot

このサンプルでは、デバイス保護ストレージにデータを保存する方法を紹介します。このストレージは、デバイスが起動していれば、ユーザーの認証情報(PIN、パターン、パスワード)が入力される前と後のどちらでも、常に利用できます。

Java Firebase
Android 用 Firebase のクイックスタート

Android 上で Firebase API の使用例を示すクイックスタート サンプルのコレクションです。詳しくは https://firebase.google.com をご覧ください。

Java
WatchFace

Wear 2.0 のウォッチフェイスとその追加機能を紹介する簡単なサンプルです。

Java
WearDrawers

Wear 用のマテリアル デザインの一部であるナビゲーションとアクション ドロワーの例を紹介する簡単なサンプルです。

Java
WearHighBandwidthNetworking

このサンプルでは、メディアのストリーミングや大型ファイルのダウンロードなど、ネットワーク帯域幅の最低必要条件がある場合に、高帯域幅ネットワークが利用できるかどうかを判断する方法を紹介します。さらに、現在利用可能なネットワークの帯域幅が不十分な場合に、高帯域幅ネットワークが必要な処理のために新しい Wi-Fi ネットワークを追加するようにユーザーに求めるおすすめの方法を紹介します。

Java
BeamLargeFiles

このサンプルでは、Android ビームを使って大型ファイルを転送する方法を紹介します。NFC で最初のハンドシェイクを行った後、Bluetooth や Wi-Fi Direct など、2 番目に高速な通信チャンネルを使ってファイルを転送します。 この機能を使用するには、Android 4.1(Jelly Bean)以上が必要です。従来のビームとは異なり、受信デバイス上のアプリはインテントを受信しません。代わりに、システムがファイルをディスクに保存して通知を表示するので、ユーザーが標準の ACTION_VIEW インテントを使ってファイルを開くことを選択できます。

Java
BluetoothAdvertisements

このサンプルでは Bluetooth Low Energy API を使って少量のデータをアドバタイズする方法を紹介します。また、こうしたアドバタイズメントをスキャンする方法も示します(操作をすべて確認するには、デバイスが 2 台必要です)。

Java
BluetoothLeGatt

このサンプルでは、Bluetooth LE 汎用属性プロファイル(GATT)を使ってデバイス間で任意のデータを送信する方法を紹介します。

Java
CardView

このサンプルでは、Android 5.0 でサポート ライブラリに導入された CardView の使用方法を紹介します。

Java
DocumentCentricRecents

このサンプルでは、新しい Document Centric Apps API の基本的な使用例を紹介します。システム概要メニュー内に新しいドキュメントを作成することが可能で、再起動してもその状態が保たれます。

Java
HdrViewfinder

このサンプルでは、リアルタイムのハイ ダイナミック レンジ カメラのビューファインダーを実装します。センサーの露出時間を偶数と奇数のフレームで切り替えます。新たなフレームを撮影するたびに、露光値を切り替えて撮影した 2 つのフレームを合成します。

C++ NDK、Vulkan
Vulkan API のサンプル

Vulkan API の基本的な使用例を示します。

Java
通知

このサンプルでは NotificationStyle 通知(Inbox、BigPicture、BigText、SMS)を使用する際のおすすめの方法を紹介します。モバイルアプリと、ネイティブまたはローカルの Wear アプリの両方を対象としています。Wear 1.x と Wear 2.0 での通知も対象です。

Java
RecyclerView

このサンプルでは RecyclerView の使用例として、LinearLayoutManager と GridLayoutManager をそれぞれ使って要素をレイアウトした例を紹介します。また、要素のタッチイベントを処理する方法も示します。

Java
ActivitySceneTransitionBasic

このサンプルでは Lollipop 内で、あるアクティビティから別のアクティビティにシーンを切り替える方法を紹介します。changeImageTransform と changeBounds を組み合わせて使用し、複数画像のグリッドを 1 つの大きな画像と詳細テキストのアクティビティに切り替えます。

Java Google Play 開発者サービス、Google モバイル広告
AdMob リワード広告

このサンプルでは、Android アプリ内で AdMob リワード広告をリクエストして表示する方法を紹介します。カウントダウンタイマーを表示するアクティビティを 1 つ含めてアプリを作成します。タイマーがゼロになると、動画広告が再生されます。ユーザーは最後まで視聴して報酬を受け取るか、報酬を受け取らずに動画を停止することができます。

Java
AdvancedImmersiveMode

Android 4.4 で追加された没入モードでは、バーの表示と非表示をスワイプして切り替えられるので、「全画面の非表示」モードと「ナビゲーション バーの非表示」モードが改善されました。このサンプルではユーザーが没入モードをテストできます。全画面に表示されたアプリの UI フラグの一部に対して、没入モードでどのように操作が行われるかを確認できます。

Java
AlwaysOn

Wear のネイティブ アプリで常に画面表示モードをサポートする方法を示す基本的なサンプルです。

Java
AppRestrictionEnforcer

このサンプルでは、プロファイル オーナーとして他のアプリへの制限を設定する方法を紹介します。制限の設定には、AppRestrictionSchema サンプルアプリを使用します。

Java
AppRestrictionSchema

この基本的なアプリでは、Android Device Administration API を使って、デバイス管理者がユーザーのアクティビティを制限できるようにする方法を紹介します。UI コントロールを有効または無効にするカスタム ポリシーをアプリがエクスポートします。デバイス管理アプリは、企業の管理者に指示されるとおりに、このポリシーの特定の値を適用することができます。

Java
AppRestrictions

このサンプルでは、マルチユーザーに対応しているデバイスでアプリ制限機能を使用する例を紹介します。

Java
AppUsageStatistics

この基本的なアプリでは、App usage statistics API を使って、アプリの使用に関する統計情報をユーザーが収集できるようにする方法を紹介します。

Java
アーキテクチャ コンポーネントの基本

このサンプルでは、以下のアーキテクチャ コンポーネントを紹介します。

  • Room
  • ViewModels
  • LiveData
  • Java
    アーキテクチャ コンポーネント: Paging

    このサンプルでは、以下のアーキテクチャ コンポーネントを紹介します。

  • Paging
  • Room
  • ViewModels
  • LiveData
  • C++、Java NDK
    Audio-Echo

    このサンプルでは、OpenSL ES を使って Android 高速オーディオパスにプレーヤーとレコーダーを作成し、それをループバック オーディオに接続する方法を紹介します。Android 搭載端末のほとんどに、最適化されたオーディオパスがあり、レイテンシを短くするように調整されています。このサンプルでは、この高度に最適化されたオーディオパス(ネイティブ オーディオパス、低レイテンシパス、高速オーディオパスと呼ばれることもあります)で機能するプレーヤーとレコーダーを作成します。アプリの動作は、Android L AndroidOne、Android M Nexus 5、Nexus 9 で検証されています。このサンプルでは、CMake がサポートされた Android Studio を使用しており、共有 stl lib を Android Studio バージョン 2.2.0 と併用する方法を示します。詳細については、CMakeLists.txt をご覧ください。

    Kotlin
    ユニットテストの作成と Android フレームワークのモックを行う基本的なサンプル(Kotlin を使用)

    Android でユニットテストを初めて行う場合は、このサンプルを最初にお試しください。 このプロジェクトでは Gradle ビルドシステムと、Android Gradle プラグインのユニットテストのサポートを使用します。Android Studio のような IDE の統合を活用することも、コマンドラインでテストすることもできます。 ユニットテストは開発マシンのローカル JVM で行われます。Android Gradle プラグインがアプリのソースコードをコンパイルし、Gradle のテストタスクを使ってアプリを実行します。テストは、final 修飾子をすべて削除した修正版の android.jar に対して実行されます。そのため、Mockito などの一般的なモック ライブラリを使用できます。 詳細については、http://tools.android.com/tech-docs/unit-testing-support をご覧ください。

    Java
    ユニットテストの作成と Android フレームワークのモックを行う基本的なサンプル

    Android でユニットテストを初めて行う場合は、このサンプルを最初にお試しください。 このプロジェクトでは Gradle ビルドシステムと、Android Gradle プラグインのユニットテストのサポートを使用します。Android Studio のような IDE の統合を活用することも、コマンドラインでテストすることもできます。 ユニットテストは開発マシンのローカル JVM で行われます。Android Gradle プラグインがアプリのソースコードをコンパイルし、Gradle のテストタスクを使ってアプリを実行します。テストは、final 修飾子をすべて削除した修正版の android.jar に対して実行されます。そのため、Mockito などの一般的なモック ライブラリを使用できます。 詳細については、http://tools.android.com/tech-docs/unit-testing-support をご覧ください。

    Java
    BasicGestureDetect

    このサンプルでは、ビュー上の操作を検出してログに記録します。このサンプルを試すには、テキストをドラッグするか、タップしてみてください。

    Java
    BasicImmersiveMode

    このサンプルでは、没入モードを使って、全画面表示中のアプリのシステムバーとナビゲーション バーを非表示にする例を紹介します。

    Java
    BasicManagedProfile

    このサンプルでは、Android 5.0 Lollipop で導入された Managed Profile API の基本機能を紹介します。プロファイル オーナーとしてこのアプリをセットアップすることができます。このアプリを使用して、新規作成されたマネージド プロファイル内で各アプリを有効または無効にすることができます。さらに、一部のアプリへの制限の設定、プロファイル間でのインテント転送の有効化と無効化、プロファイルに関連付けられたすべてのデータの消去を行うことができます。

    Java
    BasicMediaDecoder

    このサンプルでは、MediaCoder を使って動画をデコードする方法、TimeAnimator を使ってレンダリング コマンドをシステムの表示フレームのレンダリングと同期する方法、TextureView に最終的にレンダリングする方法を紹介します。

    Java
    BasicMediaRouter

    このサンプルでは、MediaRouter API を使ってセカンダリ ディスプレイにコンテンツを表示する例を紹介します。アクションバーの [Media Route] アクション アイテムを使用して出力デバイスを選択できます。Miracast ワイヤレス ディスプレイに対応しているデバイスでは、システム設定で [ワイヤレス ディスプレイ] 機能を有効にすることが必要な場合もあります。[開発者向けオプション] からセカンダリ画面のシミュレーションを有効にすることもできます。 接続後に [Change Color] ボタンを使ってセカンダリ画面の背景色を変更することができます。

    Java
    BasicMultitouch

    このサンプルでは、MotionEvent プロパティを使い、複数のタッチイベントにわたって個々のタッチを追跡する例を紹介します。

    Java
    BasicRenderScript

    このサンプルでは、RenderScript を使って基本的な画像操作を行う例を紹介します。具体的には、ユーザーがスライダを使って画像の彩度を動的に調整できます。カスタム RenderScript カーネルが、デバイスの GPU 上またはシステムが適切とみなした計算ハードウェア上で計算を行って、彩度を調整します。

    Java
    BasicTransition

    KitKat で導入された遷移フレームワークを使用する方法を示す基本的なアプリです。このアプリは、さまざまなシーン間を選択するラジオボックスを表示し、さまざまな方法でシーン間を遷移します。

    Java
    BatchStepSensor

    このサンプルでは、歩行検出機能と歩数計用に SensorEventListener をセットアップする方法を紹介します。

    C++、Java NDK
    ビットマップ プラズマ

    ビットマップ プラズマは、JNI を使って Android ビットマップにプラズマ効果をレンダリングする C コードによる Android サンプルです。 このサンプルでは、C++ に対応した新しい Android Studio CMake プラグインを使用します。

    Java Android Things
    Bluetooth オーディオ

    このサンプルでは、Android Things アプリからオーディオ用の Android Bluetooth API を使用する例を紹介します。

    Java Android Things
    Bluetooth GATT サーバー(Java)

    このアプリでは、Android Things アプリ内から BluetoothGattServer Android API にアクセスする例を示します。このサンプルアプリは、時間プロファイルをアドバタイズします。

    Kotlin Android Things
    Bluetooth GATT サーバー(Kotlin)

    このアプリでは、Android Things アプリ内から BluetoothGattServer Android API にアクセスする例を示します。このサンプルアプリは、時間プロファイルをアドバタイズします。

    Java
    BluetoothChat

    このサンプルでは、2 台の Android デバイス間で Bluetooth 経由で行う双方向のテキスト チャット機能を実装する方法を紹介します。Bluetooth API の基本的な機能をすべて使用します。

    Java Android Things
    ボタンと LED(Java)

    この Android Things のサンプルでは、ボタン入力の UserDriver を使って GPIO ピンの変化をリッスンする方法、主要なイベントの生成とリッスンを行う方法、それに応じて LED の状態を変更する方法を紹介します。同様のサンプルを作成する方法の詳しい手順については、Peripheral I/O Codelab をご覧ください。

    Kotlin Android Things
    ボタンと LED(Kotlin)

    この Android Things のサンプルでは、ボタン入力の UserDriver を使って GPIO ピンの変化をリッスンする方法、主要なイベントの生成とリッスンを行う方法、それに応じて LED の状態を変更する方法を紹介します。

    Java
    Camera2Basic

    このサンプルでは、Camera2 API の基本機能の使用方法を紹介します。デバイスのすべての内蔵カメラの特性に対して処理を繰り返す方法、カメラのプレビューを表示する方法、および撮影方法について学習できます。

    Kotlin
    Camera2Basic(Kotlin)

    このサンプルでは、Camera2 API の基本機能の使用方法を紹介します。デバイスのすべての内蔵カメラの特性に対して処理を繰り返す方法、カメラのプレビューを表示する方法、および撮影方法について学習できます。

    Java
    Camera2Raw

    このサンプルでは、Camera2 API を使って JPEG と RAW のセンサー フレームで撮影する例を紹介します。一般的な例として、カメラのプレビュー表示、オートフォーカス、自動露出メータリング、自動ホワイト バランスをそれぞれ実装する方法のほか、同じセンサー フレームで JPEG 画像と RAW 画像を撮影する方法、他のアプリで使用するために画像を MediaStore に保存する方法について、ソースコードを確認できます。

    Java
    Camera2Video

    このサンプルでは、Android Lollipop で導入された新しい Camera2 API で動画を撮影する方法を紹介します。

    Kotlin
    Camera2Video(Kotlin)

    このサンプルでは、Android Lollipop で導入された新しい Camera2 API で動画を撮影する方法を紹介します。

    Kotlin
    CardView(Kotlin)

    このサンプルでは、Android 5.0 でサポート ライブラリに導入された CardView の使用方法を紹介します。

    Java
    ClippingBasic

    この基本的なアプリでは、ViewOutlineProvider インターフェースを使ってビュー上でアウトラインを作成してクリップする方法を紹介します。シャドーイングやクリッピングに使用できます。

    Java Android Things
    クラウド ドアベル

    Android Things のドアベル サンプルでは「スマート」ドアベルを作成する方法を紹介します。このサンプルでは、ボタンが押されたことを感知して、周辺機器のカメラによって画像を取得します。その画像データを Google の Cloud Vision API を使って処理して、画像、Cloud Vision アノテーション、メタデータを Firebase データベースにアップロードします。アップロードしたデータはコンパニオン アプリで表示できます。

    Java Android Things
    Cloud IoT Core センサーハブ

    このサンプルでは、接続されたセンサーからデータを収集するセンサーハブを Android Things 上で実装する方法と、Google Cloud IoT Core にテレメトリー イベントとして公開する方法を紹介します。

    Java
    CustomTransition

    このサンプルでは、標準の Transition クラスを拡張するカスタム遷移を実装する方法を紹介します。

    Java
    DataLayer

    このサンプルでは、WearableListenerService と連携して DataEvents を作成、消費する方法と DataLayer を効果的に操作する方法を紹介します。

    Java
    DeviceOwner

    このサンプルでは、デバイス オーナー機能の一部を使用する方法を紹介します。デバイス オーナーは時刻やタイムゾーンの自動設定などのグローバル設定を指定できます。優先インテント ハンドラを使って特定のランチャーを強制することもできます。

    Java
    DisplayingBitmaps

    このサンプルでは、メインの UI スレッドから効率よく大量のビットマップを読み込む方法を紹介します。メモリ内とディスク上のビットマップのキャッシュへの保存、ビットマップ メモリの管理、ViewPager、ListView、GridView のような UI 要素でのビットマップの表示を行います。

    Java Google Play 開発者サービス、Google モバイル広告
    アド マネージャー バナー

    このサンプルでは、Android アプリでアド マネージャーのバナー広告をリクエストして表示する方法を紹介します。このアプリには "Hello World" アクティビティがあり、そのレイアウトの最下部にバナーが表示されます。

    Java Google Play 開発者サービス、Google モバイル広告
    アド マネージャー カスタム レンダリング

    このサンプルでは、Android アプリ内でアド マネージャー カスタム レンダリングの広告をリクエストして表示する方法を紹介しています。アクティビティの上部に広告のほか、チェックボックスを数個とボタンを 1 つ表示して、異なるネイティブ広告フォーマットをリクエストできるようにします。

    Java Google Play 開発者サービス、Google モバイル広告
    アド マネージャー リワード広告の例

    このプロジェクトでは、アプリ特典プログラムの対象としてユーザーが視聴できるフルスクリーン動画広告をアプリに統合する方法を紹介します。

    Java Google Play 開発者サービス、Google モバイル広告
    アド マネージャー インタースティシャル

    このサンプルでは、Android アプリでアド マネージャー インタースティシャル広告をリクエストして表示する方法を紹介します。PublisherInterstitialAd オブジェクトのインスタンスを作成して、インタースティシャルをプリロード後に表示するコードの例を示します。 アプリの UI にはカウントダウン タイマーを使ったアクティビティが 1 つ含まれます。タイマーがゼロになると、[retry] ボタンがタップできるようになります。タップすると、もう一度インタースティシャルが表示され、カウントダウンが開始されます。

    Java
    DrawableTinting

    このサンプルでは、プログラムと XML 内のドローアブル リソースの両方において、ドローアブルに色合いとカラーフィルタを適用する方法を紹介します。 色合いは、"tint" パラメータと "tintMode" パラメータを使って 9-patch ドローアブルに設定されます。ビューのさまざまな状態(無効、有効、フォーカスされた、押された、選択された状態など)の色を定義する色合いは、色状態リストで参照されます。 プログラム上では、"setColorFilter" メソッドを使い、色の参照と PorterDuff ブレンドモードを指定して、ドローアブルに色合いを適用します。この色とブレンドモードを UI から変更して、さまざまなオプションの効果を確認することができます。

    Java
    ElevationBasic

    このサンプルでは、setTranslationZ() を使って z 軸方向にビューを移動する方法を紹介します。このメソッドは、API レベル 21(Lollipop)で導入されました。

    Java
    ElevationDrag

    このサンプルでは、さまざまなシェイプに対するドラッグ&ドロップ操作の例を紹介します。エレベーションと z トランスレーションを使ったシャドウのレンダリングや、さまざまなアウトラインを使ったビューのクリップを行います。

    C++ NDK
    エンドレス トンネル

    エンドレス トンネルは、Android Studio C++ サポートの利用方法、Android ネイティブ グルーを使ったゲームの実装方法、タッチ非対応画面での安定した十字ボタン操作を含むジョイスティック サポートの実装方法などを紹介するサンプルゲームです。 ゲームロジックの作成やリソースの読み込みなどにおける最適な方法を示すことは、このサンプルの目的ではありません。Android Studio C++ との統合に焦点を絞るため、ゲームそのものは意図的にシンプルにしています。たとえば、このゲームではテクスチャやジオメトリをハードコーディングしています。このゲームのような小さなデモゲームにはそれで問題ありませんが、実際のゲームに拡張するにはよい方法ではありません。 このサンプルでは、C++ に対応した新しい Android Studio CMake プラグインを使用します。

    Kotlin
    生体認証(Kotlin)

    このサンプルでは、登録された指紋を使ってアプリ内でユーザーを認証する方法を紹介します。

    Java
    アーキテクチャ コンポーネントを使用した GitHub ブラウザ

    Android アーキテクチャ コンポーネントと Dagger 2 を使用するサンプルアプリです。 注: これは比較的複雑な完成例なので、アーキテクチャ コンポーネントのことをよく知らない場合は、このリポジトリ内の他の例を先に確認することを強くおすすめします。

    Java Android Things
    デベロッパー向け Google Assistant SDK - Things

    このサンプルでは、gRPC を使って Android Things から Google アシスタント サービスを呼び出す方法を紹介します。接続されたマイクからの音声によるリクエストを記録して Google Assistant API に送信します。接続されたスピーカーでアシスタントの音声によるレスポンスを再生します。

    C++、Java NDK
    Hello GL2

    Hello GL2 は、GLES 2.0 API を使って三角形を描く Android C++ のサンプルです。 通常の Android Java アクティビティで作成された GLSurfaceView 上に、JNI を使って C++ でレンダリングを行います。 このサンプルでは、C++ に対応した新しい Android Studio CMake プラグインを使用します。

    C++、Java NDK
    Hello JNI

    Hello JNI は JNI を使って Android Java アクティビティから C コードを呼び出す Android サンプルです。 このサンプルでは、新しい Hello-CMake Codelab を使用します。

    C++、Java NDK
    Hello JNI Callback

    このサンプルは、Hello JNI サンプルのアドオンであり、C コードから Java へのコールバックの例を紹介します。C コードから Java クラスのインスタンスを作成する例、Java クラスの静的メンバー関数と非静的メンバー関数を呼び出す例を示します。 このサンプルでは、C++ に対応した新しい Android Studio CMake プラグインを使用します。

    Java
    ImmersiveMode

    KitKat で導入された機能の 1 つに「没入モード」があります。没入モードでは、ユーザーがスワイプしてステータスバーやナビゲーション バーの表示と非表示を切り替えられます。これを試すには、[Toggle immersive mode] ボタンをクリックしてから、バーをスワイプして表示を切り替えてみてください。

    Kotlin
    Instant Apps - Cookie API

    このサンプルアプリでは、Cookie API の使用方法を紹介します。 Android Framework API と InstantApps Play Services API の両方を使って、値の保存と取得を行います。 使用方法 この API は Instant App とインストール済みのアプリの両方で利用でき、Instant App でユーザーが作成したデータをインストール済みのアプリに移行できます。 この API のフローは次のとおりです。

    • Cookie が許容範囲におさまるかどうかを確認します。
    • Instant App 内にデータを保存します。
    • インストール済みアプリからデータを取得します。

    この API は PackageManagerCompat を介して API 26 以上で利用できます。

    ビルド バリアント このサンプルには 2 つのビルド バリアントがあります。
    • framework -> Android 8.0(API レベル 26)以上
    • playServices -> 任意の API レベル
    この 2 つのビルド バリアントの機能は同じですが、片方は Framework API を使用し、もう一方は InstantApps Play Services API を使用します。 このサンプルを使った API のテスト
    • Instant configuration を実行します
    • 何かデータを保存します
    • Installed configuration を実行します
    • 前のステップで保存したデータを取得します
    Java
    Instant Apps - Google アナリティクスの例

    このサンプルアプリでは、Firebase 向け Google アナリティクスを Instant App に統合する方法を紹介します。

    Kotlin
    Instant Apps - Hello World(Kotlin)

    このサンプルアプリでは、Kotlin を使って、インストール済みのアプリに加えて、そのアプリと同じように動作する Instant App をビルドする方法を紹介します。Instant App の機能は、デバイスに個別にインストールして起動できる 2 つの機能に分けてビルドされます。

    Kotlin
    Instant Apps - Install API のサンプル

    このサンプルアプリでは、[Install API] の使用方法を示します(https://developers.google.com/android/reference/com/google/android/gms/instantapps/InstantApps.html#showInstallPrompt(android.app.Activity,%20android.content.Intent,%20int,%20java.lang.String))。 API は、デバイス上にアプリをインストールするインテントをトリガーします。その呼び出しでは、インストールの完了後にトリガーされるインテントも受け取ります。 アプリでこの API を利用するには、Google Play ストアにインストール可能なアプリが必要です。さらに、Instant App とインストール可能なアプリ モジュールの両方の applicationId が一致する必要があります。

    Java
    Instant Apps - マルチ機能のサンプルアプリ

    このサンプルアプリは、インストール可能なアプリと、そのアプリと同じように動作する Instant App をビルドする例を紹介します。Instant App の機能は、デバイスで個別に起動できる 2 つの機能に分割されます。

    Java
    Instant Apps - サービス

    このサンプルでは、Android Instant Apps 内で開始またはバインドされるサービスの作成方法を紹介します。

    Java
    Interpolator

    このサンプルでは、Material Design でのアニメーションの補完とパスのアニメーションの使用例を紹介します。

    Kotlin
    JobScheduler(Kotlin)

    該当する特定のタスクについて、バックグラウンド タスクのスケジュール設定用のインターフェースを提供する、JobScheduler API の使用例を示します。 このサンプルの仕組みを理解するには、以下のさまざまなシナリオをお試しください。

  • デバイスの電源への接続を切り、電源に接続する必要があるタスクのスケジュールを設定します。端末が電源に接続されると、そのタスクが開始されます。
  • 10 秒間の遅延を設定し、戻るボタンを押します。アクティビティとサービスは終了しますが、10 秒後にサービスが再起動します(logcat がデバッグ メッセージを表示します)。
  • 5 秒間の遅延と、10 秒間の実行時間を設定します。ジョブのスケジュールを設定し、戻るボタンを押します。6 秒後にアクティビティをもう一度開きます。アクティビティとサービスの両方がシャットダウンされていても、アクティビティが onStopTask に表示されます。
  • Java
    JumpingJack

    ウェアラブル デバイス上の重力センサーを使用する方法を示す基本的なサンプルです。ユーザーが行ったジャンピング ジャックの回数をカウントします。

    Java
    MediaEffects

    このサンプルでは、Android 4.0 で導入された Media Effects API の使用方法を紹介します。

    Java
    MediaRecorder

    このサンプルでは、カメラやカムコーダーを MediaRecorder API の映像または音声のソースとして使用します。API 14 以上のコードでのみ、TextureView がカメラのプレビューとして使用されます。それより古いデバイスで実行する場合は、SurfaceView に簡単に変更できます。

    Java
    MediaRouter

    カスタム メディア ルート プロバイダを作成する方法を紹介します。

    Java
    MidiScope

    このサンプルでは、MIDI API を使って、接続されたデバイスから MIDI 信号を受信して処理する方法を紹介します。

    Java
    MidiSynth

    このサンプルでは、MIDI API を使って、MIDI キーボードなどの接続された入力デバイスから MIDI メッセージを受信して再生する方法を紹介します。

    Java
    MultiWindowPlayground

    このサンプルでは、Android N で利用できる Multi-window API の使用例を紹介します。新しいインテント フラグと AndroidManifest プロパティを使ってマルチウィンドウの動作を定義します。サンプルアプリをマルチウィンドウ モードに切り替えて、アプリのライフサイクルと動作にどのような影響があるかを確認できます。

    C++ NDK
    ネイティブ アクティビティ

    ネイティブ アクティビティは、NativeActivity を使用する C コードにより、GLES 2.0 コンテキストの初期化と、加速度計データの読み取りを行う Android サンプルです。 このサンプルでは、C++ に対応した新しい Android Studio CMake プラグインを使用します。

    C++、Java NDK
    ネイティブ オーディオ

    ネイティブ オーディオは JNI を使って C++ OpenSLES API により音声を再生、録音する Android サンプルです。作成されるレコーダーやプレーヤーは高速オーディオパスには含まれません。 このサンプルでは、C++ に対応した新しい Android Studio CMake プラグインを使用します。

    C++ Android Things
    Native Peripheral I/O

    この Android Things アプリは、C++ から Native PIO API を使用する基本的なコードを実行します。各サンプルは、個別に実行できる Android モジュールです。

    C++ NDK
    ネイティブ プラズマ

    ネイティブ プラズマは、ネイティブ アクティビティを使用する C コードにより、ビットマップにプラズマ効果をレンダリングする Android サンプルです。 このサンプルでは、C++ に対応した新しい Android Studio CMake プラグインを使用します。

    Kotlin
    ナビゲーション ドロワー(Kotlin)

    このサンプルでは、Android サポート ライブラリ内の DrawerLayout ウィジェットの一般的な使用例を紹介します。

    Java
    NetworkConnect

    このサンプルでは、HttpsURLConnection を使って、ネットワークに接続する方法と、未加工の HTML を取得する方法を紹介します。バックグラウンド スレッドで取得するために AsyncTask が使用されます。

    Java
    NfcProvisioning

    このサンプルでは、NFC を使って、デバイス オーナーが新しいデバイスをプロビジョニングする方法を紹介します。デバイス オーナーとは、端末のセキュリティや設定を管理できる特別な権限を持った管理者です。このサンプルそのものはデバイス オーナーではありません。プロビジョニングされていないピアデバイスに NFC メッセージを送信して、指定のデバイス オーナー アプリをセットアップするように伝えるプログラミング アプリです。

    Java
    PdfRendererBasic

    このサンプルでは、Android 5.0 Lollipop で導入された PdfRenderer を使って画面に PDF ドキュメントを表示する方法を紹介します。

    Kotlin
    PdfRendererBasic(Kotlin)

    このサンプルでは、Android 5.0 Lollipop で導入された PdfRenderer を使って画面に PDF ドキュメントを表示する方法を紹介します。

    Java Android Things
    周辺機器のドライバ

    contrib-drivers リポジトリにある Android Things 周辺機器のドライバのサンプルです。

    Java
    PermissionRequest

    このサンプルでは、PermissionRequest API を使って WebView 内から制限付きのシステム機能(カメラ、マイクなど)に安全にアクセスできるようにする方法を紹介します。例として、リクエストごとにユーザーが明示的に承認または拒否できるようなダイアログを作成します。

    Kotlin
    RecyclerView(Kotlin)

    このサンプルでは RecyclerView の使用例として、LinearLayoutManager と GridLayoutManager をそれぞれ使って要素をレイアウトした例を紹介します。また、要素のタッチイベントを処理する方法も示します。

    Java
    RenderScriptIntrinsic

    RenderScriptIntrinsic サンプルでは、RenderScript Intrinsic の使用方法を紹介します。RenderScript Intrinsic を複数作成し、さまざまなパラメータを使ったフィルタリング結果を表示します。StateListDrawable を使って RedioButton を拡張する方法も示します。

    Java
    RevealEffectBasic

    円形の出現エフェクトを紹介するサンプルです。ViewAnimationUtils を作成するほか、開始位置や半径などの円形の出現パラメータを定義します。

    Java
    Room と RxJava

    Flowable オブジェクト内に監視可能なクエリを実装する方法を紹介する API サンプルです。

    Kotlin
    Room と RxJava(Kotlin)

    Kotlin で Flowable オブジェクトを使用する方法を紹介する API サンプルです。

    Java
    Room とコンテンツ プロバイダ

    このサンプルでは、Android のコンテンツ プロバイダ フレームワークを使って、Room の永続ライブラリに保存されたデータを公開する方法を紹介します。

    Kotlin
    RuntimePermissions(Kotlin)

    このサンプルでは、Android M 以上で使用できるランタイム権限を紹介します。実行時に権限の確認やリクエストを行う方法、サポート ライブラリを使って下位互換性を処理する方法、M デバイス専用のオプションの権限を宣言する方法を示します。

    Java
    RuntimePermissionsBasic

    Android M 以上で使用できるランタイム権限を紹介する基本的なサンプルです。新しい runtime permissions API を使って、サポート ライブラリを介して権限の確認とリクエストを行う方法を示します。

    Java
    RuntimePermissionsWear

    このサンプルでは、ウェアラブル デバイスとモバイル デバイスの両方で権限を必要とするリモートデータを処理する方法を紹介します。

    Java
    TIF を使用した TV チャンネル サンプルアプリ(TV 入力)

    このアプリでは、TV 入力フレームワーク(TIF)を使って、Android TV 用のライブ TV チャンネル アプリをビルドする方法を紹介します。このサンプルのサービスは、インストールが完了すると、デフォルトの TV アプリ(ライブ チャンネル アプリなど)によって認識され、実行されます。

    C++、Java NDK
    San Angeles

    San Angeles は Android ポートのデモ版で、GLES C / API を使って手続き的シーンをレンダリングします。 オリジナルの GLES ポートについて詳しくは、オリジナルの README をご覧ください。 サンプルのデモ: - ABI APK の分割

    Java
    ScreenCapture

    このサンプルでは、Media Projection API を使ってデバイスの画面をリアルタイムにキャプチャして SurfaceView に表示する方法を紹介します。

    C++、Java NDK
    センサーグラフ

    センサーグラフは現在の加速度計の値を読み取り、OpenGL を使ってグラフを描く C++ Android サンプルです。 ネイティブ C++ の Assets API の使用例を示します。 このサンプルでは、C++ に対応した新しい Android Studio CMake プラグインを使用します。

    Java Android Things
    Simple Peripheral I/O(Java)

    この Android Things アプリは、Peripheral I/O API を使用する基本的なコードを実行します。各サンプルは、個別に実行できる Android モジュールです。

    Kotlin Android Things
    Simple Peripheral I/O(Kotlin)

    この Android Things アプリは、Peripheral I/O API を使用する基本的なコードを実行します。各サンプルは、個別に実行できる Android モジュールです。

    Java Android Things
    Simple Peripheral UI(Java)

    このユーティリティでは、グラフィカル UI のスイッチ ウィジェットとして、Android Things デバイスの GPIO を公開します。入力の状態を確認し、出力の状態を管理するにはスイッチをクリックします。

    Kotlin Android Things
    Simple Peripheral UI(Kotlin)

    このユーティリティでは、グラフィカル UI のスイッチ ウィジェットとして、Android Things デバイスの GPIO を公開します。入力の状態を確認し、出力の状態を管理するにはスイッチをクリックします。

    Java
    SpeedTracker

    このサンプルでは、Wear デバイス向けに現在地と速度を記録する例を紹介します。現在地は、スマートフォンまたは Wear デバイスから座標を取得する FusedLocatinProvider から取得します。どちらから取得するかは、スマートフォンが接続しているかどうか、および Wear デバイスに GPS チップが搭載されているかどうかに応じます。

    Java
    StorageClient

    OPEN_DOCUMENT インテントを使って、デバイス上のドキュメント プロバイダのリストにアクセスし、プロバイダのいずれかからファイルを選択するクライアント アプリです。

    Java
    StorageProvider

    このサンプルでは、Android 4.4 で利用可能になったストレージ アクセス フレームワークを使って簡単なドキュメント プロバイダを実装する方法を紹介します。

    Kotlin
    Sunflower

    Android Jetpack を使用した Android 開発のおすすめの方法を示すガーデニング アプリです。 Android Sunflower は、現在アルファ版としてリリースされている開発途上のアプリです。最新の変更内容を確認するには、リリースページをご覧ください。一部の変更(データベース スキーマの変更など)はこのアルファ版の段階では下位互換性がなく、アプリがクラッシュする原因になる可能性があります。その場合は、アプリをアンインストールしてから再インストールしてください。

    Java
    SwipeRefreshLayoutBasic

    SwipeRefreshLayout を使って「スワイプでの更新」操作をビューに追加する方法を示す基本的なサンプルです。ビューを下にスワイプする操作で更新をトリガーする機能を有効にします。このサンプルで更新できるビューは ListView です。

    Java
    SwipeRefreshMultipleViews

    SwipeRefreshLayout を使って「スワイプでの更新」操作を、複数の子が含まれるレイアウトに追加する方法を示すサンプルです。表示されているビューを下にスワイプする操作で更新をトリガーする機能を有効にします。このサンプルの SwipeRefreshLayout にはスクロール可能な GridView と、空の TextView が含まれます。

    C++、Java NDK
    Teapots

    Teapots は、Teapot レンダリングを使用して Android NDK のプラットフォーム機能を紹介する Android C++ サンプルのコレクションであり、以下が含まれます。- classic-teapot: GLES 2.0 API と NativeActivity を使った Classic Teapot メッシュのレンダリングです。- more-teapots: GLES 3.0 インスタンス レンダリングを使った Classic Teapot の複数インスタンスのレンダリングです。- Choreographer-30fps: Chreographer API と EGL Android のプレゼンテーション時間の拡張機能を使用する、API レベルに応じた複数のフレームレート スロットリング手法の例です。 このサンプルでは、C++ に対応した新しい Android Studio CMake プラグインを使用します。

    Java Android Things
    TensorFlow Lite IoT 画像分類ツール

    このサンプルでは、Android Things 上で TensorFlow Lite 推論を実行する方法を紹介します。ボタンを押してカメラで画像をキャプチャすると、何の画像であるかが TensorFlow Lite によって示されます。同様のサンプルを構築する方法については、画像分類ツール Codelab の詳細な手順をご覧ください。

    Kotlin
    ブループリントのテスト(Kotlin)

    Google の Android テストツールとテスト フレームワークのコレクションであり、1 つのアプリ プロジェクトにすべてが統合されています。

    Java
    TextLinkify

    このサンプルでは、TextView にリンクを追加する方法を紹介します。"autoLink" プロパティを設定して自動的に行うことも、明示的に行うこともできます。

    Java Android Things
    Things デバイスのアップデート

    このアプリでは、UpdateManager API を介して Android Things デバイスのアップデート サービスを操作する方法を紹介します。デフォルトでは、数時間ごとに新しい OTA アップデートがあるかどうかシステムによってチェックされ、自動的に適用されます。この例では、アプリがアップデート処理をより詳細に制御して進行状況を監視できるように、アップデート ポリシーを設定する方法を示します。

    Java Android Things
    Things LoWPAN

    このサンプルは、LoWPAN を使用して同じネットワーク内の複数の Android Things デバイスを接続し、ワイヤレスでデータを転送する方法を示します。このサンプルには、ネットワークのスキャン方法、データの送信方法、データの受信方法を紹介する 3 つのモジュールがあります。LoWPAN ネットワークの詳細については、LoWPAN API ガイドをご覧ください。

    Kotlin
    Topeka for Android

    楽しいクイズ形式で Android でのマテリアル デザインについて紹介します。

    Java Google Play 開発者サービス、Google Play 請求サービス
    Trivial Drive

    Google Play 請求サービス AIDL バージョン 3 のサンプルです。

    Java Google Play 開発者サービス、Google Play 請求サービス、Google Play 請求サービス ライブラリ
    Trivial Drive v2

    Google Play 請求サービス AIDL バージョン 3 のサンプルです。

    Java Android Things
    UART ループバック(Java)

    このサンプルでは、UART を介した基本的なデータ読み書き操作の例を紹介します。受信(RX)バッファから読み取ったデータをすぐに送信(TX)バッファにエコーするループバック インターフェースを作成します。

    Kotlin Android Things
    UART ループバック(Kotlin)

    このサンプルでは、UART を介した基本的なデータ読み書き操作の例を紹介します。受信(RX)バッファから読み取ったデータをすぐに送信(TX)バッファにエコーするループバック インターフェースを作成します。

    Java Android Things
    USB エミュレーター(Java)

    このアプリでは、Android Things アプリ内から UsbManager Android API にアクセスする例を示します。ホストが検出したすべての USB デバイスに対して、サンプルアプリが繰り返し処理を行い、そのインターフェースとエンドポイントを出力します。

    Kotlin Android Things
    USB エミュレーター(Kotlin)

    このアプリでは、Android Things アプリ内から UsbManager Android API にアクセスする例を示します。ホストが検出したすべての USB デバイスに対して、サンプルアプリが繰り返し処理を行い、そのインターフェースとエンドポイントを出力します。

    Kotlin Android Auto、Android Wear
    Universal Music Player

    このサンプルの目的は、複数のフォーム ファクタにわたって機能する音声メディアアプリを実装し、Android スマートフォンとタブレット、Android Auto、Android Wear、Android TV、Google Cast デバイス、Google アシスタントで一貫したユーザー エクスペリエンスを提供する方法を示すことです。

    C++ NDK
    WEBP

    Webp は、ネイティブ アクティビティ ビューで Webp を使用をデモする小さなアプリを含む Android サンプルです。
    - 3 つの Webp 画像のデコードを回転し、画面バッファに読み込みます。デコードは独自のスレッド内で行います。 - このサンプルでは新しい Android Studio CMake プラグインを使用します。

    Kotlin
    AutofillFramework(Kotlin)

    このサンプルでは、自動入力フレームワークの使用例を紹介します。自動入力が必要なビューのあるクライアント アクティビティと、クライアント アクティビティに自動入力データを提供するサービスの実装が含まれます。

    Java
    WearComplicationProvidersTestSuite

    ウォッチフェイスの追加機能のテストスイートは、ダミーデータを提供する追加機能プロバイダのセットであり、ウォッチフェイス上でさまざまなタイプの追加機能がどのようにレンダリングされるかをテストするのに使用できます。

    Java
    Wear スピーカー

    このサンプルでは、ウェアラブル デバイスに内蔵スピーカーがある場合に、ウェアラブル上のマイクを使った音声の録音方法と、録音した音声や mp3 ファイルの再生方法を紹介します。 このサンプルにはコンパニオン スマートフォン アプリはないので、スマートウォッチに直接インストールする必要があります("adb" を使用します)。

    Java
    Wear からのリモートアプリの確認

    このサンプルでは、接続しているモバイル デバイスに、Android Wear 2 以上のスタンドアロン アプリから、またはそれ以外の方法で、デベロッパーのアプリがインストールされているかどうかを確認するおすすめの方法を紹介しています。

    Java Android Things
    Weather Station

    このサンプルでは、複数の Android Things 周辺機器のドライバを統合し、それらの情報をまとめて表示します。

    Java
    XYZTouristAttractions

    このサンプルでは、モバイルと Wear アプリの組み合わせをできる限り実用に近づけることが目的です。モバイルアプリが対応する Wear とやり取りし、通信する方法として、洗練されたデザインでかつ実用的な例を提供します。 アプリそのものは架空の観光名所を巡る場面をモデル化しており、注目すべきスポットに近づくとユーザーに通知します。Wear コンポーネントは観光名所の画像と概要を表示し、GridViewPager の UI コンポーネントには最寄りの観光名所に対するクイック操作を表示します。

    C++、Java NDK
    gles3jni

    gles3jni は JNI またはネイティブ コードから OpenGL ES 3.0 を使用する方法を示す Android C++ サンプルです。 OpenGL ES 3.0 のレンダリング パスは OpenGL ES 2.0 のパスとは異なり、次のような新しい機能を使用しています。- インスタンス化したレンダリングと頂点属性の分割数を使用して、描画の呼び出し回数を減らし、変更を統一します。- 頂点配列オブジェクトを使用して、各フレームで頂点属性の状態を設定するのに必要な呼び出しの回数を減らします。- 属性の位置を明示的に割り当てて、割り当てのクエリを不要にします。 このサンプルでは、C++ に対応した新しい Android Studio CMake プラグインを使用します。

    C++、Java NDK
    hello-libs

    hello-libs は、Android Studio でサードパーティの C / C ++ ライブラリを管理する方法を示すサンプルです。

    件 / ページ
    220 件の結果