Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

ビルド設定を更新する

マシンにライブラリをダウンロードしてソース管理システムにチェックインした後、次に示す変更をプロジェクトのビルド設定に加えます。

静的ライブラリ

プロジェクトを静的ライブラリにリンクする手順は次のとおりです。

  1. コンパイラのインクルード パスに gamesdk/include を追加します。
  2. OpenGL ES との統合のために、swappy/swappyGL.h を追加します。ほとんどの場合、ヘッダー ファイルにはライブラリをエンジンに統合するために必要なすべての関数が含まれています。
  3. リンカー ライブラリのパスに、次の形式のパスを追加します。

    gamesdk/libs/architecture_APIapiLevel_NDKndkVersion_stlVersion_Release
    

    例: gamesdk/libs/arm64-v8a_API24_NDK17.0_cpp_static_Release

  4. リンカー コマンドに -lgamesdk を追加します。

共有ライブラリ

上記の手順では、指定の ABI、API レベル、NDK、STL の組み合わせに対してコンパイルされた Frame Pacing ライブラリのバージョンに静的にリンクします。こうした組み合わせを設定で利用できない場合は、代わりに共有ライブラリにリンクできます。

  1. 前のセクションのステップ 1 と 2 に従って、コンパイラのインクルード パスを更新し、適切なヘッダー ファイルを使用します。
  2. リンカー ライブラリのパスに、次の形式のパスを追加します。

    gamesdk/libs/architecture_APIapiLevel_NDKndkVersion_stlVersion_Release/lib/swappy
    
  3. リンカー コマンドに -lswappy を追加します。

静的リンクを使用すると、libswappy.so 共有ライブラリをバンドルする必要がないため、コード フットプリントを大幅に削減できます。

CMake を使用する(静的ライブラリのみ)

CMake を使用する場合は、ダウンロードしたライブラリgamesdk/samples/bouncyball/app/CMakeLists.txt ファイルで CMake 構成の例を参照してください。この構成には、ユーティリティ ファイル gamesdk/samples/gamesdk.cmake が含まれています。このファイルは、最終チェックを実行し、適切なコンパイラのインクルード パスを追加し、ライブラリをリンクするために使用できるターゲットを生成します。

このユーティリティを使用する手順は次のとおりです。

  1. 次のファイルを CMakeLists.txt に追加します: include("path/to/gamesdk/samples/gamesdk.cmake")
  2. gamesdk を格納するフォルダを指定して add_gamesdk_target 関数を呼び出します: add_gamesdk_target(PACKAGE_DIR path/to/gamesdk)
  3. ネイティブ ライブラリの target_link_libraries に、依存関係として gamesdk を追加します: target_link_libraries(native-lib gamesdk ...)

CMake の高度な使用方法については、gamesdk.cmake ソースファイルをご覧ください。