Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

フレームレートを最適化する

Android Performance Tuner(APT)を使用すると、さまざまな Android デバイスでフレームレートの安定性とグラフィックの再現性を大規模に測定して最適化することで、あらゆるユーザーに最高のエクスペリエンスを提供できます。

これにより、ゲームやアプリのパフォーマンスに関する問題点を特定でき、また再現性を改善する機会を明らかにできます。影響度の指標は優先事項を判断するのに役立ち、問題は対策を取りやすいように分類されています。デバイスモデルとデバイス仕様レベルの両方の情報を使用して、最も効果的な方法を見つけることができます。

得られるメリット

Android Performance Tuner(APT)は、高品質なユーザー エクスペリエンスを提供するのに役立ちます。

ユーザー エクスペリエンスの品質を測定する

APT は現実世界の実際のユーザー デバイスにおけるゲームのフレームレートのパフォーマンスを示すため、直接の分析をエクスペリエンスに反映できます。すべての指標はターゲット FPS に合わせてカスタマイズされるため、デベロッパーは目標値を基準にしてゲームのパフォーマンスを把握できます。

ゲームのパフォーマンスに関する問題の診断と優先順位付けを行う

フレームレートの問題は、品質レベル、ゲーム内のアノテーション、デバイスモデルごとに分類され、根本原因を絞り込むのに役立ちます。問題ごとに GPU 時間と CPU 時間が表示されるため、どのタイプの最適化が必要かを評価できます。影響を受けているセッションの数も表示されるため、どれがユーザーに影響を与えているかを把握し、最初にどのデバイスやゲームシーンに焦点を当てるべきかを判断できます。

すべてのデバイスの能力を最大限に引き出す

APT は、フレームレートに関する問題を明らかにするだけでなく、すでに高いパフォーマンスを達成しているデバイスでも、まだ余力を残している場合に忠実度を改善することでユーザー エクスペリエンスを向上させる機会を明らかにします。そうすることで、すべてのユーザーに可能な限りの最高のゲーム エクスペリエンスを提供できます。

仕組み

Android Performance Tuner は Android Vitals と連携しています。

  • Android Performance Tuner は、ゲームやアプリのライブフレーム時間の情報を、デベロッパーが提供したゲーム アノテーションおよび忠実度パラメータとともに記録、集計します。
  • Android Performance Tuner を使ってゲームやアプリのバージョンを公開すると、このフレーム時間データが Google Play にアップロードされ、Android Vitals で新しいパフォーマンスの分析情報が得られるようになります。

パフォーマンスの分析情報を取得するには、Android Performance Tuner をゲームやアプリに統合してから、そのゲームやアプリを Google Play で公開する必要があります。

要件

デバイス向け

Android Performance Tuner(APT)は、Android 4.1(API レベル 16)以降を搭載した Android デバイスで動作します(Google Play 開発者サービスの有無は問いません)。この条件はアクティブな Android デバイスの 99% 以上が満たしています。

すべてのデベロッパー向け

  • Android Vitals へのアクセス権
  • 製品は新しい Google Play Console でのみ利用可能

Unity デベロッパー向けの追加要件

  • Unity バージョン 2017.4 以降と .NET バージョン 4.6
  • APK 拡張ファイルを使用するには Unity 2018.2 が必要です
  • 強化されたフレーム ペーシングと GPU 測定には、Unity バージョン 2019.3.14 以降が必要です

参考情報

Android Performance Tuner は Android Game SDK の一部です。

Android Performance Tuner の詳細については、以下をご覧ください。