Indie Games Fund LATAM に今すぐお申し込みください

Unity 用 Google Play ゲーム プラグイン スタートガイド

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

このトピックでは、Unity 用 Google Play ゲーム プラグインを使用するように Unity プロジェクトを設定する方法について説明します。プロジェクトの設定と実行、ソーシャル プラットフォームの選択、プレーヤー ログインの処理などのタスクがあります。

始める前に

プラグインのインストール

  1. 次のいずれかの方法でプラグインを取得します。

  2. current-build ディレクトリで unitypackage ファイルを探します。このファイルはプラグインです。たとえば、次のようになります。

      current-build/GooglePlayGamesPluginForUnity-X.YY.ZZ.unitypackage
    
  3. Unity でゲーム プロジェクトを開きます。

  4. [Assets] > [Import Package] > [Custom Package] メニュー項目をクリックして、unitypackage ファイルをプロジェクトのアセットにインポートします。

  5. 現在のビルド プラットフォームが Android に設定されていることを確認します。

    1. メインメニューで、[File] > [Build Settings...] をクリックします。

    2. [Android] を選択し、[Switch Platform] をクリックします。

    3. [Window] > [Google Play Games] に新しいメニュー項目が表示されます。表示されない場合は、[Assets] > [Refresh] をクリックしてアセットを更新し、もう一度ビルド プラットフォームを設定してみてください。

Google Play Console から Android リソースを取得する

Play Console で作成する各実績、リーダーボード、イベントには、Unity プロジェクトを設定するときに使用する Android リソースが含まれます。

  1. ゲームの Android リソースを入手します。

    1. Google Play Console で、ゲームの Play ゲームサービス プロジェクトを開きます。

    2. [Achievements] タブをクリックし、[Get resources] をクリックします。

    3. [Export resources] ウィンドウで、[Android] タブをクリックします。

    4. XML コンテンツを選択してコピーします。

Unity プロジェクトを設定する

  1. Unity プロジェクトに Android リソースを追加します。

    1. Unity で、** [Window] > [Google Play Games] > [Setup...] > [Android Setup] ** の順にクリックします。

    2. 設定ウィンドウで次の項目を入力します。

    3. 定数を保存するディレクトリ: 定数ファイルのフォルダ。

    4. Constants クラス名: 作成する C# クラスの名前(名前空間を含む)。

    5. リソース定義: Play Console の Android リソースデータをここに貼り付けます。

    6. ウェブ クライアント ID: リンクされたウェブアプリのクライアント ID。ゲームにウェブベースのバックエンドがあり、バックエンド サーバーでサーバー認証コードをアクセス トークンと交換する必要がある場合、またはプレーヤーがゲーム以外の他の API 呼び出しを行うために ID トークンが必要になる場合にのみ必要です。

    7. [セットアップ] をクリックします。これにより、クライアント ID を使用してゲームが構成され、各 Android リソースの定数を含む C# クラスが生成されます。

Android の設定

Unity で Android SDK のインストール パスを設定します。これは、[設定] メニューの [外部ツール] にあります。

Android の Google Play ゲームで動作するように Unity ゲームを構成するには、まず Android SDK Manager を開き、次のパッケージがダウンロードされていることを確認します。Android Studio の SDK Manager を使用しているか、スタンドアロンの SDK Manager を使用しているかによって、コンポーネントの名前が異なる場合があります。- Google Play 開発者サービス - Android サポート ライブラリ - サポート ライブラリ用ローカル Maven リポジトリ(Android サポート リポジトリとも呼ばれます) - Google リポジトリ - Android 6.0(API 23)(最小 SDK バージョンには影響しません)。

次に、ゲームのパッケージ名を構成します。これを行うには、[File] > [Build Settings] をクリックし、[Android] プラットフォームを選択して、[Player Settings] をクリックし、Unity の [Player Settings] ウィンドウを表示します。このウィンドウの [Other Settings] の下にある [Bundle Identifier] の設定を確認します。パッケージ名を入力します(例: com.example.my.awesome.game)。

Play ゲームサービスにログインするには、APK ファイルに署名し、正しい証明書(設定時に Play Console に入力した証明書の SHA1 フィンガープリントに対応する証明書)で署名するようにしてください。

次に、[Window] | [Google Play Games|Setup] - [Android setup] メニュー項目をクリックします。Android のセットアップ画面が表示されます。

Constants クラスの名前を入力します。これは、更新(または作成)され、ゲームリソースの ID を含む完全修飾クラスの名前です。名前の形式は <namespace>.<classname> です。例: AwesomeGame.GPGSIds

リソース定義データを貼り付けます。これは、Android 用のリソース ID とアプリケーション ID を含む Google Play Console の XML データです。

このデータは、任意のリソースページ(実績やリーダーボードなど)で [Get resources] をクリックし、[Android] をクリックすると、Google Play Console に表示されます。

データをテキスト領域に貼り付けたら、[Setup] ボタンをクリックします。

注: ゲームでウェブ アプリケーションまたはバックエンド サーバーを使用している場合は、ウェブ アプリケーションをゲームにリンクして、プレーヤーの ID トークンまたはメールアドレスを取得できます。これを行うには、Google Play Console でウェブ アプリケーションをゲームにリンクし、セットアップ ダイアログにウェブ アプリケーションのクライアント ID を入力します。

Windows での Android 向けのビルドに関するその他の手順

Windows を使用している場合は、Java SDK のインストールに Unity からアクセス可能であることを確認する必要があります。その場合は次のようにしてください。

  1. JAVA_HOME 環境変数を Java SDK のインストール パス(C:\Program Files\Java\jdk1.7.0_45 など)に設定します。
  2. Java SDK の bin フォルダを PATH 環境変数に追加します(例: C:\Program Files\Java\jdk1.7.0_45\bin)。
  3. 再起動します。

環境変数を編集する方法: Windows 2000/XP/Vista/7 の場合は、[My Computer] を右クリックしてから、[Properties] を右クリックし、[Advanced System Properties] にアクセス(または [System Properties]、[Advanced] タブの順にクリック)して、[Environment Variables] をクリックします。Windows 8 の場合は、Windows Key+W キーを押して環境変数を検索します。詳細については、Windows の該当するバージョンのドキュメントをご覧ください。

プロジェクトを実行する

Smoketest サンプルを使用して作業している場合は、この時点でプロジェクトをビルドして実行できます。Smoketest が起動すると、自動ログインの試行が表示されます。

Android でビルドして実行するには、[File] > [Build Settings] をクリックして、[Android] プラットフォームを選択してから、[Switch to Platform] を選択し、[Build and Run] をクリックします。

ソーシャル プラットフォームを選択する

Google Play ゲーム プラグインは、Unity のソーシャル インターフェースを実装しています。これにより、他のプラットフォームと統合する際に、すでにそのインターフェースを使用しているゲームとの互換性が確保されます。ただし、一部の機能は Play ゲームに固有のものであり、Unity が提供する標準のソーシャル インターフェースの拡張機能として提供されます。

標準 API 呼び出しには、ISocialPlatform インターフェースへの参照である Social.Active オブジェクトを介してアクセスできます。標準以外の Google Play ゲーム拡張機能にアクセスするには、Social.Active オブジェクトを追加メソッドが利用可能な PlayGamesPlatform クラスにキャストします。

デフォルトのソーシャル プラットフォームをオーバーライドせずにプラグインを使用する

PlayGamesPlatform.Activate を呼び出すと、Google Play ゲームがデフォルトのソーシャル プラットフォームの実装になります。つまり、SocialSocial.Active のメソッドへの静的な呼び出しが Google Play ゲーム プラグインによって行われます。これは、プラグインを使用するほとんどのゲームで望ましい動作です。

ただし、なんらかの理由でデフォルトの実装にアクセスできる状態を保持する必要がある(例: 実績とリーダーボードを別のソーシャル プラットフォームに送信するために使用する)場合は、デフォルトのプラグインをオーバーライドすることなく Google Play ゲーム プラグインを使用できます。その場合は次のようにしてください。

  1. PlayGamesPlatform.Activate を呼び出さない
  2. XyzSocial クラスで呼び出すメソッドの名前である場合は、Social.Xyz を呼び出さないでください。代わりに PlayGamesPlatform.Instance.Xyz を呼び出します。
  3. Google Play ゲームを操作する場合は Social.Active を使用しないでください。代わりに、PlayGamesPlatform.Instance を使用してください。

これにより、スコアや実績を 2 つ以上のソーシャル プラットフォームに同時に送信することも可能です。

    // Submit achievement to original default social platform
    Social.ReportProgress("MyAchievementIdHere", 100.0f, callback);

    // Submit achievement to Google Play
    PlayGamesPlatform.Instance.ReportProgress("MyGooglePlayAchievementIdHere", 100.0f, callback);

ログイン サービスを確認する

ゲームを開くと、自動的にゲームサービスへの接続が確立されます。接続に成功すると、プレーヤーにポップアップが表示され、ゲームがゲーム Unity プラグインの使用を開始できる状態になります。

スクリプトの Start メソッドで、自動ログインの試行結果をリッスンし、認証ステータスを取得して、ユーザーがログインしていない場合は Play ゲームサービス機能を無効にします。

    using GooglePlayGames;

    public void Start() {
      PlayGamesPlatform.Instance.Authenticate(ProcessAuthentication);
    }

    internal void ProcessAuthentication(SignInStatus status) {
      if (status == SignInStatus.Success) {
        // Continue with Play Games Services
      } else {
        // Disable your integration with Play Games Services or show a login button
        // to ask users to sign-in. Clicking it should call
        // PlayGamesPlatform.Instance.ManuallyAuthenticate(ProcessAuthentication).
      }
    }
}

結果コードは列挙型であり、ログインの失敗をより深く理解するため、さまざまな失敗の理由を示します。

Unity のソーシャル プラットフォームを使用する場合は、以下のコードブロックを使用できます。

  using GooglePlayGames;

  public void Start() {
    PlayGamesPlatform.Activate();
    Social.localUser.Authenticate(ProcessAuthentication);
  }

Authentication から成功値が返されるまでゲーム API 呼び出し(実績のロック解除、スコアの投稿など)は行えないため、コールバックが呼び出されるまでスタンバイ画面を表示して、認証プロセスが完了するまでユーザーがゲームのプレイを開始できないようにすることをおすすめします。

サーバー認証コードを取得する

現在のプレーヤーに代わってバックエンド ウェブサーバーで Google API にアクセスするには、クライアント アプリケーションから認証コードを取得し、取得したコードをウェブサーバー アプリケーションに渡す必要があります。その後、コードをアクセス トークンと交換することで、さまざまな API を呼び出すことができます。ワークフローの詳細については、ウェブサイト向け Google ログインをご覧ください。

サーバー側のアクセスコードを取得するには:

  1. Play ゲーム コンソールでゲームにリンクされているウェブ アプリケーションのウェブ クライアント ID を構成します。

  2. プレーヤーが認証されたら PlayGamesPlatform.Instance.RequestServerSideAccess を呼び出して、サーバー側のアクセスコードを取得します。

  3. このコードをサーバー アプリケーションに渡します。

  PlayGamesPlatform.Instance.RequestServerSideAccess(
    /* forceRefreshToken= */ false,
    code -> {
      // send code to server
    });

機能の設定と追加