Unity ゲームのプレーヤー統計情報

Player Stats API を活用することで、特定のプレーヤー層やプレーヤーのライフサイクルのさまざまなステージに合わせてゲーム エクスペリエンスを調整できるようになります。プレーヤーの進捗状況や支出状況、エンゲージメントに基づいて、プレーヤー層ごとにカスタマイズしたエクスペリエンスを実現できます。たとえば、この API を使用して、プレーヤーがログインしたときに新しいゲーム内アイテムの表示や宣伝をするなどの積極的な措置を講じることで、使用頻度の低いユーザーを再びゲームに引き戻すことができます。

コールバックは、次の 2 つのパラメータを取ります。 1. 結果コードが 0 以下の場合、成功です。すべての値については、CommonStatusCodes をご覧ください。2. GooglePlayGames.PlayGamesLocalUser.PlayerStats タイプの PlayerStats オブジェクト。

詳しくは、プレーヤー統計情報のガイドをご覧ください。

プレーヤー統計情報は、認証後に利用できるようになります。

    ((PlayGamesLocalUser)Social.localUser).GetStats((rc, stats) =>
        {
            // -1 means cached stats, 0 is succeess
            // see  CommonStatusCodes for all values.
            if (rc <= 0 && stats.HasDaysSinceLastPlayed()) {
                Debug.Log("It has been " + stats.DaysSinceLastPlayed + " days");
            }
        });