次世代のプレーヤー ID

ユーザーのプライバシーをさらに強化するため、PGS の次世代のプレーヤー ID を導入しました。次世代のプレーヤー ID では、プレイするゲームごとにユーザーに異なるプレーヤー ID を割り当てることができますが、所定のゲームのプレーヤー ID はデバイスが変わっても(PGS プロジェクト単位で)不変です。

次世代のプレーヤー ID は、PGS のゲームにログインしたことがないユーザーにのみ適用されます。ゲームにすでにログインしたことのある既存のユーザーには引き続き同じプレーヤー ID が割り当てられます。

次世代のプレーヤー ID は段階的に公開され、最終的には 2024 年 3 月よりすべての PGS プロジェクトに義務付けられます。公開スケジュールについて詳しくは、こちらのブログ投稿をご覧ください。

次世代のプレーヤー ID を使用する

次世代のプレーヤー ID のサポートを開始するには、ナビゲーション バー内で [Play ゲームサービス] > [設定と管理] > [設定] に移動し、設定ページで [プロパティを編集] をクリックします。次世代のプレーヤー ID を有効にする設定は、以下のように表示されます。

Play ゲームサービスの次世代の ID の設定

次世代のプレーヤー ID を有効にするための変更を公開する前に、テスター アカウントを使用して、次世代のプレーヤー ID を使用してもご利用の ID システムで問題が発生しないことをご確認になることをおすすめします。

このためには、ラジオボタンを [オン] に設定しますが、変更は公開しないでください。ラジオボタンを [オン] に設定すると、テスター アカウントが次世代のプレーヤー ID を返すため、これを使ってテストを行います。この設定は、この PGS プロジェクトにリンクされているすべてのゲームに適用されます。

テストを完了したら、Google Play Console で PGS プロジェクトとともに変更を公開します[Play ゲームサービス] > [設定と管理] > [公開])。これで、変更が反映され、すべての新規ユーザーに次世代の ID が割り当てられ始めます。

次世代のプレーヤー ID をテストする

プレーヤー ID が異なるタイトル間で変わらないことをゲームで想定していない場合は、次世代のプレーヤー ID を問題なく有効にできると思われますが、その場合でも、問題が発生しないことを確認するためにテストを行うことをおすすめします。

おすすめするテストは次のとおりです。

  • 次世代のプレーヤー ID を割り当てるテスター アカウントが、ログインして、PGS プロファイルをゲームの進行状況とリンクできることを確認する
  • (該当する場合)テスター アカウントが別々のゲームで同じ PGS プロファイルを使って同じ ID システムにログインし、進行状況を追跡できることを確認する

デベロッパー プレーヤー キーを使用する

クロスゲームのユーザー エクスペリエンスを提供するためにタイトルをまたいでユーザーを識別する方法が必要な場合は、デベロッパー プレーヤー キーを使用できます。デベロッパー プレーヤー キーには、REST Web API を介してのみアクセスできます。ID を取得する手順は次のとおりです。

  1. [まだ完了していない場合] PGS REST API にアクセスするためのクライアントとバックエンド サーバーを設定する
  2. HTTP リクエスト GET https://www.googleapis.com/games/v1/players/me/scopedIds を行う

レスポンスには、次の 1 つのフィールドがあります。

developer_player_key (string) - Google Play Console のデベロッパーのアプリ間で同一となるユーザー ID。