Skip to content

Most visited

Recently visited

navigation

Layout Inspector でレイアウトをデバッグする

Android Studio の Layout Inspector を使用すると、Android Studio IDE で実行中のアプリのビュー階層を調査することができます。 この機能が特に役立つのは、レイアウトが XML で完全に指定されているのはなく、実行時に流動的に形成され、レイアウトが想定どおりに機能しない場合です。

Layout Inspector の起動方法は次のとおりです。

  1. 接続済みの端末またはエミュレータでアプリを実行します
  2. [Tools] > [Android] > [Layout Inspector] をクリックします。
  3. [Choose Process] ダイアログが表示されたら調査対象のアプリプロセスを選択して、[OK] をクリックします。

    図 1. [Choose Process] ダイアログ

    デフォルトでは、現在 Android Studio で開いているプロジェクトのプロセス(かつ端末上で実行中のプロセス)のみが、[Choose Process] ダイアログに一覧表示されます。 端末上の別のアプリを調査したい場合は、[Show all processes] をオンにしてください。 ルート権限を取得された端末、または Google Play ストアが入っていないエミュレータを使用している場合は、実行中のアプリがすべて表示されます。 そうでない場合は、デバッグ可能な実行中のアプリのみが表示されます。

Layout Inspector ではスナップショットを撮影して .li ファイルとして保存し、そのファイルを開くことができます。 図 2 のように、Layout Inspector には次の内容が表示されます。

  1. ビューツリー: レイアウトのビュー階層です。
  2. スクリーンショット: 各ビューの表示領域が表示された端末のスクリーンショット
  3. プロパティ テーブル選択されたビューのレイアウト プロパティ

図 2. Layout Inspector

[View Tree] の任意のビューをクリックすると、スクリーンショット内の対応するビューが選択されます。逆も同様です。 ビューのレイアウト属性はすべて [Properties Table] に表示されます。

レイアウト上で複数のビューが重なっている場合は、デフォルトで、上に表示されたビューのみをスクリーンショット上でクリックできます。 スクリーンショットで下のビューをクリック可能にするには、 [View Tree] で上のビューを右クリックして、[Show in preview] チェックボックスをオフにします。 この操作では、下のビューをクリック可能にするために、スクリーンショット上のクリック可能領域を消しているだけなので、ビュー コンテンツ自体が消えることはありません。

なお、端末上のレイアウトが変更された場合、Layout Inspector は更新されません。 そのため、再度 [Tools] > [Android] > [Layout Inspector] をクリックして、新しいスナップショットを作成する必要があります。 各スナップショットは別々の .li ファイルとして project-name/captures/ に保存されます。

図 3. [Project] ウィンドウに表示された Layout Inspector のスナップショット(.li ファイル)

This site uses cookies to store your preferences for site-specific language and display options.

Get the latest Android developer news and tips that will help you find success on Google Play.

* Required Fields

Hooray!

WeChat で Google Developers をフォローする

Browse this site in ?

You requested a page in , but your language preference for this site is .

Would you like to change your language preference and browse this site in ? If you want to change your language preference later, use the language menu at the bottom of each page.

This class requires API level or higher

This doc is hidden because your selected API level for the documentation is . You can change the documentation API level with the selector above the left navigation.

For more information about specifying the API level your app requires, read Supporting Different Platform Versions.

Take a short survey?
Help us improve the Android developer experience. (Dec 2017 Android Platform & Tools Survey)