Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

NDK と CMake のインストールと設定

アプリ用のネイティブ コードをコンパイルおよびデバッグするには、次のコンポーネントが必要です。

  • Android Native Development Kit(NDK): Android で C / C++ コードを使用できるようにするツールのセット。
  • CMake: Gradle と連携してネイティブ ライブラリをビルドする外部ビルドツール。ndk-build のみを使用する予定の場合は、このコンポーネントは不要です。
  • LLDB: Android Studio でネイティブ コードをデバッグする際に使用するデバッガ。デフォルトでは、LLDB は Android Studio とともにインストールされます。

このページでは、Android Studio または sdkmanager ツールを使用して上記コンポーネントのダウンロードとインストールを行う方法を説明します。

NDK と CMake をインストールする

NDK をインストールする際には、Android Studio により利用可能な最新の NDK が選択されます。ほとんどのプロジェクトでは、このデフォルト バージョンの NDK をインストールすれば十分です。プロジェクトで 1 つ以上の特定バージョンの NDK が必要な場合は、特定バージョンをダウンロードして構成することができます。そうすれば、異なるバージョンの NDK に依存する複数のプロジェクトの間で再現可能なビルドを確実に実行できます。Android Studio は、すべてのバージョンの NDK を android-sdk/ndk/ ディレクトリにインストールします。

CMake とデフォルトの NDK を Android Studio でインストールするには:

  1. プロジェクトを開いて、[Tools] > [SDK Manager] をクリックします。

  2. [SDK Tools] タブをクリックします。

  3. [NDK (Side by side)] と [CMake] のチェックボックスをオンにします。

    SDK Manager の画像 図 1: [NDK (Side by side)] のオプションが表示された [SDK Tools] ウィンドウ

  4. [OK] をクリックします。

    ダイアログ ボックスに、この NDK パッケージで消費されるディスク容量が表示されます。

  5. [OK] をクリックします。

  6. インストールが完了したら、[Finish] をクリックします。

  7. プロジェクトによって自動的にビルドファイルが同期され、ビルドが実行されます。エラーが発生した場合は解決します。

特定バージョンの CMake を構成する

SDK Manager には、CMake の 3.6.0 フォーク バージョンとバージョン 3.10.2 が含まれています。特定バージョンの CMake を設定していないプロジェクトは、CMake 3.10.2 でビルドされます。CMake のバージョンを設定するには、モジュールの build.gradle ファイルに以下の行を追加します。

android {
    ...
    externalNativeBuild {
        cmake {
            ...
            version "cmake-version"
        }
    }
}

SDK Manager に含まれていないバージョン 3.7 以上の CMake を使用するには、次の手順に従います。

  1. CMake の公式ウェブサイトから CMake 3.7 以上をダウンロードしてインストールします。
  2. Gradle で使用する CMake バージョンをモジュールの build.gradle ファイルで指定します。
  3. CMake のインストール パスを PATH 環境変数に追加するか、次に示すようにプロジェクトの local.properties ファイルに含めます。build.gradle ファイルで指定した CMake バージョンを Gradle が見つけられない場合は、ビルドエラーになります。

    # If you set this property, Gradle no longer uses PATH to find CMake.
    cmake.dir="path-to-cmake"
    
  4. Ninja ビルドシステムをワークステーションにまだインストールしていない場合は、Ninja の公式ウェブサイトにアクセスして、使用している OS に対応する最新版の Ninja をダウンロードしてインストールします。また、Ninja のインストール パスを PATH 環境変数に追加します。

特定バージョンの NDK をインストールする

特定バージョンの NDK をインストールする方法は次のとおりです。

  1. プロジェクトを開いて、[Tools] > [SDK Manager] をクリックします。

  2. [SDK Tools] タブをクリックします。

  3. [Show Package Details] チェックボックスをオンにします。

  4. [NDK (Side by side)] チェックボックスと、その下にある、インストールする NDK のバージョンに対応するチェックボックスをオンにします。Android Studio は、すべてのバージョンの NDK を android-sdk/ndk/ ディレクトリにインストールします。

    [SDK Tools] ウィンドウの画像 図 2: [NDK (Side by side)] のオプションが表示された [SDK Tools] ウィンドウ

  5. [OK] をクリックします。

    ダイアログ ボックスに、NDK パッケージで消費されるディスク容量が表示されます。

  6. [OK] をクリックします。

  7. インストールが完了したら、[Finish] をクリックします。

  8. プロジェクトによって自動的にビルドファイルが同期され、ビルドが実行されます。エラーが発生した場合は解決します。

  9. 使用するバージョンの NDK で各モジュールを構成します。Android Studio 3.6 以上を使用しているときは、バージョンを指定しなかった場合、Android Gradle プラグインは互換性があることがわかっているバージョンを選択します。

プロジェクトで特定バージョンの NDK を構成する

次のいずれかに当てはまる場合は、プロジェクトで NDK のバージョンを構成する必要があります。

  • プロジェクトが継承されており、NDK の特定バージョンと Android Gradle プラグイン(AGP)を使用する必要がある場合。詳細については、Android Gradle プラグイン用の NDK を構成するをご覧ください。
  • 複数のバージョンの NDK をインストールしていて、特定バージョンを使用したい場合。この場合は、次のコードサンプルに示すように、モジュールの build.gradle ファイル内の android.ndkVersion プロパティを使用してバージョンを指定します。
android {
    ndkVersion "major.minor.build" // e.g.,  ndkVersion '21.3.6528147'
}

AGP バージョンごとのデフォルト NDK バージョン

リリース前に、各 AGP バージョンはその時点における最新の安定版 NDK リリースで徹底的にテストされます。AGP バージョン 3.6 以上では、build.gradle ファイルで NDK バージョンを指定しなかった場合、その NDK バージョンがプロジェクトをビルドするために使用されます。デフォルト NDK バージョンは、AGP リリースノートに記載されています。次の表に、現在のデフォルト NDK のバージョンを示します。

Android Studio / Gradle プラグインのバージョン
4.1 4.0 3.6 3.5 3.4
AGP のバージョンに指定されたデフォルト NDK バージョン
21.1.6352462 21.0.6113669 20.0.5594570 デフォルトは指定されていません