Skip to content

Most visited

Recently visited

navigation

Android Studio の設定

Android Studio ではウィザードとテンプレートを使用して、Java Development Kit(JDK)や利用可能な RAM といったシステム要件を確認し、最適化されたデフォルトの Android Virtual Device(AVD)のエミュレーションや最新のシステム イメージなど、デフォルトの設定を構成することができます。このドキュメントでは、Android Studio の使い方をカスタマイズするために必要な、その他の設定について説明します。

Android Studio では、[Help] メニューから 2 つの設定ファイルにアクセスできます。

エミュレータや端末のセットアップおよび使用に関する詳しいドキュメントについては、仮想デバイスの管理ハードウェア端末の使用OEM USB ドライバをご覧ください。

設定ファイルを見つける

設定ファイルは両方とも Android Studio の設定フォルダに格納されます。フォルダの名前は Android Studio のバージョンによって異なります。たとえば、Android Studio 2.2 の場合、フォルダ名は AndroidStudio2.2 です。このフォルダの場所は、オペレーティング システムによって異なります。

次の環境変数を使用して、別の場所にある特定のオーバーライド ファイルを指定することもできます。

VM オプションのカスタマイズ

studio.vmoptions ファイルを使用して、Android Studio の JVM のオプションをカスタマイズできます。Android Studio のパフォーマンスを向上させる一般的な方法は、最大ヒープサイズを調整することですが、studio.vmoptions ファイルを使用して初期ヒープサイズ、キャッシュ サイズ、Java ガベージ コレクション スイッチなど、他の既定の設定をオーバーライドすることもできます。

新しい studio.vmoptions ファイルを作成するか、既存のファイルを開くには、次の手順に従います。

  1. [Help] > [Edit Custom VM Options] の順にクリックします。Android Studio の VM オプションをまだ編集したことがない場合は、新しい studio.vmoptions ファイルを作成するよう IDE に表示されます。[Yes] をクリックしてファイルを作成します。
  2. Android Studio のエディタ ウィンドウで studio.vmoptions ファイルが開きます。ファイルを編集してカスタマイズされた独自の VM オプションを追加します。カスタマイズ可能な JVM オプションの一覧については、Oracle の「Java HotSpot VM オプション」ページをご覧ください。

作成した studio.vmoptions ファイルは、既定の studio.vmoptions ファイルに追加されます。このファイルは、Android Studio のインストール フォルダの bin/ ディレクトリにあります。

Android Studio のプログラム フォルダにある studio.vmoptions ファイルは、決して直接編集しないでください。このファイルにアクセスして Android Studio の既定の VM オプションを確認することは可能ですが、独自の studio.vmoptions ファイルのみを編集することで、Android Studio の重要な既定の設定がオーバーライドされるのを確実に防ぐことができます。このため、独自の studio.vmoptions ファイルでは目的の属性のみをオーバーライドして、その他の変更していない属性については、Android Studio で既定値を引き続き使用できるようにしてください。

最大ヒープサイズ

デフォルトで、Android Studio の最大ヒープサイズは 1,280 MB です。大規模なプロジェクトで作業する場合やシステムに大量の RAM が搭載されている場合は、Android Studio の VM オプションでこの最大ヒープサイズを増やすことによって、パフォーマンスを改善できます。また、メモリの制約があるシステムでは、最大ヒープサイズを減らさなければならないことがあります。

最大ヒープサイズを変更するには、以下の手順に従います。

  1. [Help] > [Edit Custom VM Options] の順にクリックして独自の studio.vmoptions ファイルを開きます。
  2. studio.vmoptions ファイルに行を追加し、-XmxheapSize という構文を使用して最大ヒープサイズを設定します。指定するサイズは、プロジェクトおよびマシン上の使用可能な RAM のサイズに基づいて決定してください。基本的には、RAM 容量が 4 GB よりも大きく、中規模のプロジェクトの場合は、最大ヒープサイズを 2 GB 以上に設定する必要があります。次の行では最大ヒープサイズを 2 GB に設定しています。
    -Xmx2g
  3. 変更した studio.vmoptions ファイルを保存し、Android Studio を再起動して変更を有効にします。
  4. 新しい最大ヒープサイズを確認するには、コマンドプロンプトを起動して、次のコマンドを入力します。
    jps -lvm

    マシン上で実行されているインストルメント化された JVM のリストが、完全なパッケージ名および渡された引数を含めて表示されます。この中から Android Studio のインスタンスに対応するアイテムを見つけます。末尾は -Didea.paths.selector=AndroidStudio[Version] になっているはずです。この JVM には -Xmx で始まる 2 つの引数があり、図 1 に示すように、1 つは既定値の 1280mb、もう 1 つは新しい値になっています。

    図 1. Android Studio の JVM における現在の引数を示すターミナル出力。

    1. 既定の最大ヒープサイズ(ここでは 1280m)を示す -Xmx 引数。
    2. 現在実行している Android Studio のバージョンを示す -Didea.paths.selector
    3. 新しいカスタム最大ヒープサイズを示す -Xmx 引数。この引数の後ろには、先ほど作成したカスタム studio.vmoptions ファイルの場所が続いています。

IDE 設定のエクスポートとインポート

プロジェクトの優先 IDE 設定のすべてまたは一部を格納している JAR ファイル(Settings.jar)をエクスポートできます。この JAR ファイルは、別のプロジェクトにインポートしたり、他者に提供してその人のプロジェクトにインポートしたりできます。

詳細については、IntelliJ IDEA の設定のエクスポートとインポートの説明をご覧ください。

IDE プロパティのカスタマイズ

idea.properties ファイルを使用すると、ユーザーがインストールしたプラグインのパス、IDE でサポートされている最大ファイルサイズなど、Android Studio の IDE プロパティをカスタマイズできます。idea.properties ファイルは IDE の既定のプロパティと統合されるため、オーバーライド プロパティのみを指定できます。

新しい idea.properties ファイルを作成するか、既存のファイルを開くには、次の手順に従います。

  1. [Help] > [Edit Custom Properties] の順にクリックします。IDE プロパティを編集したことがない場合は、新しい idea.properties ファイルを作成するよう Android Studio に表示されます。[Yes] をクリックしてファイルを作成します。
  2. Android Studio のエディタ ウィンドウで idea.properties ファイルが開きます。ファイルを編集してカスタマイズされた独自の IDE プロパティを追加します。

次の idea.properties ファイルには、カスタマイズされた一般的な IDE プロパティが含まれています。プロパティの一覧については、IntelliJ IDEA の idea.properties ファイルをご覧ください。

#---------------------------------------------------------------------
# Uncomment this option if you want to customize path to user installed plugins folder. Make sure
# you're using forward slashes.
#---------------------------------------------------------------------
# idea.plugins.path=${idea.config.path}/plugins
#---------------------------------------------------------------------
# Maximum file size (kilobytes) IDE should provide code assistance for.
# The larger file is the slower its editor works and higher overall system memory requirements are
# if code assistance is enabled. Remove this property or set to very large number if you need
# code assistance for any files available regardless their size.
#---------------------------------------------------------------------
idea.max.intellisense.filesize=2500
#---------------------------------------------------------------------
# This option controls console cyclic buffer: keeps the console output size not higher than the
# specified buffer size (Kb). Older lines are deleted. In order to disable cycle buffer use
# idea.cycle.buffer.size=disabled
#---------------------------------------------------------------------
idea.cycle.buffer.size=1024
#---------------------------------------------------------------------
# Configure if a special launcher should be used when running processes from within IDE.
# Using Launcher enables "soft exit" and "thread dump" features
#---------------------------------------------------------------------
idea.no.launcher=false
#---------------------------------------------------------------------
# To avoid too long classpath
#---------------------------------------------------------------------
idea.dynamic.classpath=false
#---------------------------------------------------------------------
# There are two possible values of idea.popup.weight property: "heavy" and "medium".
# If you have WM configured as "Focus follows mouse with Auto Raise" then you have to
# set this property to "medium". It prevents problems with popup menus on some
# configurations.
#---------------------------------------------------------------------
idea.popup.weight=heavy
#---------------------------------------------------------------------
# Use default anti-aliasing in system, i.e. override value of
# "Settings|Editor|Appearance|Use anti-aliased font" option. May be useful when using Windows
# Remote Desktop Connection for instance.
#---------------------------------------------------------------------
idea.use.default.antialiasing.in.editor=false
#---------------------------------------------------------------------
# Disabling this property may lead to visual glitches like blinking and fail to repaint
# on certain display adapter cards.
#---------------------------------------------------------------------
sun.java2d.noddraw=true
#---------------------------------------------------------------------
# Removing this property may lead to editor performance degradation under Windows.
#---------------------------------------------------------------------
sun.java2d.d3d=false
#---------------------------------------------------------------------
# Workaround for slow scrolling in JDK6
#---------------------------------------------------------------------
swing.bufferPerWindow=false
#---------------------------------------------------------------------
# Removing this property may lead to editor performance degradation under X Window.
#---------------------------------------------------------------------
sun.java2d.pmoffscreen=false
#---------------------------------------------------------------------
# Workaround to avoid long hangs while accessing clipboard under Mac OS X.
#---------------------------------------------------------------------
# ide.mac.useNativeClipboard=True
#---------------------------------------------------------------------
# Maximum size (kilobytes) IDEA will load for showing past file contents -
# in Show Diff or when calculating Digest Diff
#---------------------------------------------------------------------
# idea.max.vcs.loaded.size.kb=20480

メモリの少ないマシン用に IDE を設定する

推奨仕様(システム要件をご覧ください)に満たないマシンで Android Studio を実行する場合は、以下のように IDE をカスタマイズすることによりパフォーマンスを改善できます。

Instant Run 用にプロジェクトを設定する

Instant Run は [Run] コマンドおよび [Debug] コマンドに対応した機能であり、これを利用するとアプリのアップデート間隔が大幅に短縮されます。初回ビルドには時間がかかる場合もありますが、その後は新規に APK をビルドすることなく、Instant Run でアプリの更新内容をプッシュできるため、変更点をより迅速に確認することができます。

Android Studio は、Android Plugin for Gradle 2.0.0 以降を使用してビルドされたプロジェクトに対して、デフォルトで Instant Run を有効にします。プロジェクトに合わせていくつかの設定を変更することにより、Instant Run を使用したビルドのパフォーマンスを改善できます。Instant Run 用にプロジェクトを設定するための詳しい情報については、Instant Run 用にプロジェクトを設定して最適化するをご覧ください。

JDK バージョンの設定

Android Studio 2.2 以上には最新バージョンの OpenJDK のコピーがバンドルされています。この JDK バージョンを Android プロジェクトで使用することをお勧めします。バンドルされた JDK を使用するには、次の手順に従います。

  1. Android Studio でプロジェクトを開き、メニューバーの [File] > [Project Structure] を選択します。
  2. [SDK Location] ページで、[JDK location] の下にある [Use embedded JDK] チェックボックスをオンにします。
  3. [OK] をクリックします。

既定では、プロジェクトのコンパイルに使用される Java 言語のバージョンは、プロジェクトの compileSdkVersion によって決まります(Android のバージョンが異なればサポートしている Java のバージョンが異なるため)。必要な場合は、次の CompileOptions {} ブロックを build.gradle ファイルに追加することにより、この既定の Java バージョンをオーバーライドできます。

android {
    compileOptions {
        sourceCompatibility JavaVersion.VERSION_1_6
        targetCompatibility JavaVersion.VERSION_1_6
    }
}

compileSdkVersion が定義されている場所の詳細については、モジュール レベルのビルドファイルをご覧ください。

プロキシの設定

プロキシは、HTTP クライアントとウェブサーバー間を仲介し、インターネット接続のセキュリティとプライバシーを強化する接続ポイントとして機能します。

ファイアウォールの内側で Android Studio を実行するには、Android Studio IDE のプロキシ設定が必要です。Android Studio IDE の HTTP プロキシ設定ページを使用して、Android Studio の HTTP プロキシ設定を行ってください。

コマンドラインから、または継続的インテグレーション サーバーなどの Android Studio がインストールされていないマシンで Android Plugin for Gradle を実行するときは、Gradle ビルドファイルでプロキシ設定を行います。

注: Android Studio バンドルを最初にインストールした後は、インターネット アクセスの有無にかかわらず Android Studio を実行できます。ただし Android Studio では、セットアップ ウィザードの同期、サードパーティのライブラリへのアクセス、リモート レポジトリへのアクセス、Gradle の初期化および同期、Android Studio のバージョンの更新時にインターネット接続が必要です。

Android Studio のプロキシ設定

Android Studio は HTTP プロキシ設定をサポートしているため、ファイアウォールの背後やセキュアなネットワークでも Android Studio を実行できます。Android Studio で HTTP プロキシ設定を行うには:

  1. メニューバーで [File] > [Settings] の順にクリックします(Mac では、[Android Studio] > [Preferences] の順にクリックします)。
  2. 左側のパネルで、[Appearance & Behavior] > [System Settings] > [HTTP Proxy] の順にクリックします。[HTTP Proxy] ページが表示されます。
  3. 自動プロキシ設定 URL をプロキシ設定に使用する場合は [Auto-detect proxy settings] を選択し、各設定を自分で入力する場合は [Manual proxy configuration] を選択します。この設定の詳細については、HTTP プロキシをご覧ください。
  4. [Apply] または [OK] をクリックして変更を有効にします。

Android Plugin for Gradle の HTTP プロキシ設定

コマンドラインから、または Android Studio がインストールされていないマシンで Android Plugin を実行するときは、Gradle ビルドファイルで Android Plugin for Gradle のプロキシ設定を行います。

アプリケーション固有の HTTP プロキシ設定については、build.gradle ファイルに各アプリケーション モジュールで必要なプロキシ設定を記述します。

apply plugin: 'com.android.application'

android {
    ...

    defaultConfig {
        ...
        systemProp.http.proxyHost=proxy.company.com
        systemProp.http.proxyPort=443
        systemProp.http.proxyUser=userid
        systemProp.http.proxyPassword=password
        systemProp.http.auth.ntlm.domain=domain
    }
    ...
}

プロジェクト全体の HTTP プロキシ設定については、gradle/gradle.properties ファイルにプロキシ設定を記述します。

# Project-wide Gradle settings.
...

systemProp.http.proxyHost=proxy.company.com
systemProp.http.proxyPort=443
systemProp.http.proxyUser=username
systemProp.http.proxyPassword=password
systemProp.http.auth.ntlm.domain=domain

systemProp.https.proxyHost=proxy.company.com
systemProp.https.proxyPort=443
systemProp.https.proxyUser=username
systemProp.https.proxyPassword=password
systemProp.https.auth.ntlm.domain=domain

...

Gradle プロパティを使用してプロキシ設定を行う方法については、Gradle のユーザーガイドをご覧ください。

注: Android Studio の使用中は、gradle.properties ファイルの HTTP プロキシ設定よりも Android Studio IDE の HTTP プロキシ設定ページの設定が優先されます。

This site uses cookies to store your preferences for site-specific language and display options.

Get the latest Android developer news and tips that will help you find success on Google Play.

* Required Fields

Hooray!

Follow Google Developers on WeChat

Browse this site in ?

You requested a page in , but your language preference for this site is .

Would you like to change your language preference and browse this site in ? If you want to change your language preference later, use the language menu at the bottom of each page.

This class requires API level or higher

This doc is hidden because your selected API level for the documentation is . You can change the documentation API level with the selector above the left navigation.

For more information about specifying the API level your app requires, read Supporting Different Platform Versions.

Take a short survey?
Help us improve the Android developer experience.
(Sep 2017 survey)