Android Studio のトラブルシューティング

このページには、Android Studio の一般的な問題と設定上の問題をトラブルシューティングするためのガイダンスが記載されています。

高密度のディスプレイ

Android Studio はバージョン 1.5 の時点で、すべてのプラットフォームで高密度のディスプレイ(HiDPI モニタや Retina モニタなど)向けサポートを提供しています。

スケーリング係数設定

Android Studio は、以下のようにディスプレイ向けスケーリング係数を設定します。

Mac
Retina ディスプレイの場合、UI 要素は 200% の係数で拡大され、画像は高解像度でレンダリングされます。 マルチモニタ設定でも、スケーリングが原因の不鮮明な表示は発生しません。 100%(Retina ディスプレイ以外)と 200%(Retina ディスプレイ)以外のスケーリング係数はサポートされないことに注意してください。
Windows
Android Studio は、メイン ディスプレイの DPI 設定を使用して UI 要素のスケーリング係数を設定します。 画像については、スケーリング係数が 150% よりも小さい場合、通常解像度の画像が拡大されます。 スケーリング係数が 150% よりも大きい場合、高解像度の画像が適切にサイズ変更されます。
Linux
Android Studio は「テキスト スケーリング係数」、次に XWindow システム DPI 設定を確認してスケーリング係数を設定します。
96 の DPI 設定は 100% のスケーリング係数(スケーリングなし)に対応し、192 の DPI 設定は 200% のスケーリング係数(UI 要素のサイズが 2 倍)に対応します。 現時点で、Android Studio は 96(100% のスケーリング)と 288(300% のスケーリング)の間の DPI 設定に対応しています。 Android Studio が Linux マシンまたは Windows マシンで正しいシステム DPI を検出しない場合、hidpi プロパティ (IDE プロパティのカスタマイズに記載されている ide.properties ファイル内)を設定して、手動で DPI を設定できます。 このプロパティは Mac マシンには影響しない点に注意してください。 このプロパティは次のように機能します。
hidpi=true
DPI を 192(200% のスケーリング)に設定します。システム設定は無視されます。
hidpi=false
DPI を 96(100% のスケーリング)に設定します。システム設定は無視されます。

高密度ディスプレイ上の不鮮明または粗い表示の要素

Android Studio UI の 1 つ以上の要素が高密度ディスプレイで不鮮明または粗い表示になっている場合、次の問題のいずれかが発生する可能性があります。

  • Android Studio UI の大半は問題なく表示されているが、1 つの特定のアイコンが不鮮明または粗い表示になっている場合、または特定の UI 要素が間違ったサイズのフォントを使用している場合、その特定の要素は HiDPI サポート向けに完全にアップデートされていません。 [Help] > [Submit Feedback] をクリックしてバグを報告してください。 スクリーンショットと、システム設定に関してできるだけ多くの情報を含めてください。
  • Windows または Linux マシンを使用しており、ディスプレイが 100% または 200% 以外のスケーリング係数を使用している場合、画像はスケーリングによって若干不鮮明に見えることがあります。
  • Windows マシンを使用しており、コントロール パネルで Windows のフォントサイズを変更した場合、フォントが不鮮明または粗い表示になることがあります。 この問題は、Windows をログアウトし、ログインし直すと解決します。
  • Windows 8.1 以上を実行しているマルチモニタ セットアップで、ウィンドウを 1 つのディスプレイから、解像度または DPI が異なる別のディスプレイに移動すると、フォントまたは画像に関する問題が起きることがあります(バグ 186007 をご覧ください)。 現時点では、既知の回避策はありません。
  • JRE 1.8 の古いバージョンには不鮮明なフォントの問題がありました(特に JRE 1.8.0_25-b18 amd64 で発生しました。バグ 192316 をご覧ください)。 バージョン 2.2 の時点で、Android Studio には IDE を含む最新のサポート対象 JDK のバンドル バージョンが組み込まれています。 この問題を解決するには、Android Studio のバージョンを 2.2 以上にアップデートし、[File] > [Project Structure] > [SDK Location] をクリックし、[Use embedded JDK] チェックボックスをオンにして、バンドルされた JDK の使用に切り替えます。

高密度ディスプレイでの間違ったサイズの要素

Android Studio UI 全体が高密度ディスプレイで間違ったサイズになっている場合は、スケーリング係数設定をご覧ください。 Android Studio UI の一部の要素が高密度ディスプレイで間違ったサイズになっているが、他の要素は適切なサイズになっている場合、次の問題のいずれかが発生する可能性があります。

  • カスタム エディタ スキームを使用している場合、エディタのフォントが高密度ディスプレイの残りの UI 要素と比較して、小さすぎるまたは大きすぎることがあります。 この問題を修正するには、[File] > [Settings] をクリックし、次に [Editor] > [Colors and Fonts] > [Font] をクリックして、エディタのフォントサイズを変更します。 デフォルトのスキームがアクティブである場合、エディタのフォントサイズは自動的に変更されることに注意してください(バグ 186920 をご覧ください)。
  • Android Studio の一部の UI 要素が適切なサイズで、その他の要素が小さすぎるまたは大きすぎる場合、問題 186923 が発生する可能性があります。 [Help] > [Submit Feedback] をクリックしてバグを報告してください。 スクリーンショットと、システム設定に関してできるだけ多くの情報を含めてください。

Linux ライブラリ

64 ビットの Linux マシンで Android Studio を実行している場合、次のようないくつかの特定のライブラリのインストールが必要になることがあります。

64 ビット版の Ubuntu をご利用の場合は、以下のコマンドで 32 ビット用のライブラリをいくつかインストールする必要があります。

sudo apt-get install libc6:i386 libncurses5:i386 libstdc++6:i386 lib32z1 lib32bz2-1.0

64 ビット版の Fedora をご利用の場合は、以下のコマンドを実行します。

sudo yum install zlib.i686 ncurses-libs.i686 bzip2-libs.i686

プロジェクトの同期に関する問題

プロジェクトを同期しようとすると、次のエラー メッセージが表示されることがあります。 "Connection to the Internet denied. ('Permission denied: connect')". このエラー メッセージは、以下の手順を実行して、システム プロパティ -Djava.net.preferIPv4Stack=true を Android Studio の gradle.properties ファイルに追加すると解決します。

  1. Android Studio の gradle.properties ファイルを開きます。
  2. 次の行をファイルに追加します。
    org.gradle.jvmargs=-Djava.net.preferIPv4Stack=true
    
    すでに他の Gradle JVM 引数を gradle.properties ファイルに追加している場合、このプロパティを以下の例で示す同じ行に追加することができます。
    org.gradle.jvmargs=-Xmx2048m -XX:MaxPermSize=512m -Djava.net.preferIPv4Stack=true
    
  3. 変更を反映するために Android Studio を再起動します。
  4. [Sync Project with Gradle Files] をクリックしてプロジェクトを同期します。

Windows での IDE のアップデートで発生する問題

Windows の場合、プロセスで使用されているファイルは削除できません。 IDE で組み込みのアップデート メカニズムを使用しようとすると、アップデートのインストールが拒否されることがあります。通常、「Can't delete C:\some\path\file」のようなエラー メッセージが表示されます。

これを避けるには、タスク マネージャーを開き、Gradle デーモンなど、このファイルを使用している可能性のあるプロセスを強制的に終了してください。

minSdkVersion に関する問題

廃止されたバージョンの Android Support Library を使用している場合、以下のようなエラー メッセージが表示されることがあります。

:app:processDebugManifest app/src/main/AndroidManifest.xml:0:0 Error:
uses-sdk:minSdkVersion 19 cannot be smaller than version L declared in library app/build/intermediates/exploded-aar/com.android.support/appcompat-v7/21.0.0-rc1/AndroidManifest.xml
Suggestion: use tools:overrideLibrary="android.support.v7.appcompat" to force usage

この問題を解決するには、SDK Manager を使用して、最新バージョン(プレビュー バージョンは対象外)の Android Support Library にアップデートします。 Support Library のセットアップについて詳しくは、Support Library のセットアップをご覧ください。