Compose 内のテーマの構造

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Jetpack Compose 内のテーマは、多数の下位構造と関連 API で構成されています。これらは MaterialThemeソースコードで参照でき、カスタム デザイン システムに適用することもできます。

テーマのシステムのクラス

テーマは通常、一般的な視覚的および行動的な概念をグループ化する多数のシステムで構成されます。これらのシステムは、テーマ値を持つクラスを使用してモデル化できます。

たとえば、MaterialTheme には Colors(カラーシステム)、Typography(タイポグラフィ システム)、Shapes(シェイプ システム)などがあります。

@Immutable
data class ColorSystem(
    val color: Color,
    val gradient: List<Color>
    /* ... */
)

@Immutable
data class TypographySystem(
    val fontFamily: FontFamily,
    val textStyle: TextStyle
)
/* ... */

@Immutable
data class CustomSystem(
    val value1: Int,
    val value2: String
    /* ... */
)

/* ... */

テーマのシステムのコンポジション ローカル

テーマのシステムのクラスは、CompositionLocal インスタンスとしてコンポジション ツリーに暗黙的に提供されます。これにより、コンポーズ可能な関数でテーマ値を静的に参照できるようになります。

CompositionLocal の詳細については、CompositionLocal でローカルにスコープ設定されたデータについてのガイドをご覧ください。

val LocalColorSystem = staticCompositionLocalOf {
    ColorSystem(
        color = Color.Unspecified,
        gradient = emptyList()
    )
}

val LocalTypographySystem = staticCompositionLocalOf {
    TypographySystem(
        fontFamily = FontFamily.Default,
        textStyle = TextStyle.Default
    )
}

val LocalCustomSystem = staticCompositionLocalOf {
    CustomSystem(
        value1 = 0,
        value2 = ""
    )
}

/* ... */

テーマの関数

テーマの関数はエントリ ポイントであり、メイン API です。この関数は、ロジックに必要な実際の値を使用してテーマのシステムの CompositionLocal のインスタンスを作成します。これらのインスタンスは CompositionLocalProvider でコンポジション ツリーに提供されます。content パラメータを使用すると、ネストされたコンポーザブルは階層に関連するテーマ値にアクセスできます。

@Composable
fun Theme(
    /* ... */
    content: @Composable () -> Unit
) {
    val colorSystem = ColorSystem(
        color = Color(0xFF3DDC84),
        gradient = listOf(Color.White, Color(0xFFD7EFFF))
    )
    val typographySystem = TypographySystem(
        fontFamily = FontFamily.Monospace,
        textStyle = TextStyle(fontSize = 18.sp)
    )
    val customSystem = CustomSystem(
        value1 = 1000,
        value2 = "Custom system"
    )
    /* ... */
    CompositionLocalProvider(
        LocalColorSystem provides colorSystem,
        LocalTypographySystem provides typographySystem,
        LocalCustomSystem provides customSystem,
        /* ... */
        content = content
    )
}

テーマのオブジェクト

テーマのシステムへのアクセスは、コンビニエンス プロパティを持つオブジェクトを介して行われます。一貫性を保つため、オブジェクトにはテーマの関数と同じ名前が付けられることが多いです。プロパティは現在のコンポジション ローカルのみを取得します。

// Use with eg. Theme.colorSystem.color
object Theme {
    val colorSystem: ColorSystem
        @Composable
        get() = LocalColorSystem.current
    val typographySystem: TypographySystem
        @Composable
        get() = LocalTypographySystem.current
    val customSystem: CustomSystem
        @Composable
        get() = LocalCustomSystem.current
    /* ... */
}