Skip to content

Most visited

Recently visited

navigation

端末の開発者向けオプションの設定

Android 端末の設定アプリに含まれる開発者向けオプションでは、アプリのパフォーマンス分析やデバッグに役立つシステム動作設定が可能です。たとえば、USB デバッグの有効化、バグレポートの取得、タップの視覚表示、画面更新時のスクリーン点滅、2D 描画への GPU レンダリングの使用など、さまざまな設定ができます。

開発者向けオプションとデバッグの有効化

図 1. 開発者向けオプション

Android 4.1 以前の端末では、[Developer options] 画面はデフォルトで表示されています。Android 4.2 以降の端末では、次の手順でこの画面を表示する必要があります。

  1. Settings アプリを開く。
  2. [System] を選択する(Android 8.0 以降のみ)。
  3. 一番下までスクロールして [About phone] を選択する。
  4. 一番下までスクロールして [Build number] を 7 回タップする。
  5. 前の画面に戻り、下の方に [Developer options] が表示されていることを確認する。

[Developer options] 画面の最上部で、このオプションを有効または無効にできます(図 1)。ここでは、有効にしておきましょう。無効にすると、端末と開発コンピュータ間の通信を伴わないものを除いて、大半のオプションが無効になります。

次に、少し下にスクロールして [USB debugging] を有効にします。これにより、USB 接続された端末が Android Studio や SDK ツール で認識され、デバッガなどのツールを利用できるようになります。

この画面で利用可能なその他のオプションについては、このページの以降の説明をご覧ください。

全般オプション

Android 8.0 以降では、[Quick settings developer tiles] をタップして、選択した開発者向けオプションをクイック設定パネルに追加できます。まず、利用可能なタイルを 1 つ以上選択して(図 2)、クイック設定パネルを開き、鉛筆のアイコンをタップして編集モードに移行します。次に、デベロッパー タイルをタイル ペインからクイック設定パネルにドラッグし、再び鉛筆のアイコンをタップして編集モードを終了します。

図 2. クイック設定パネルへの追加

その他の全般オプションは次のとおりです。

デバッグ

図 3. デバッグ オプションの有効化

デバッグ オプションでは、実機デバッグの設定や、端末と開発コンピュータ間の通信の確立ができます。

[USB debugging](図 3)を有効にすると、Android Debug Bridge (adb) を介して Android 端末と開発マシンで通信が可能になります。[Wait for Debugger] オプションは、[Select debug app] でデバッグ対象のアプリを選択するまでは無効になっています。[Wait for Debugger] を有効にすると、選択したアプリはデバッガがアタッチされるのを待ってから起動します。

その他のデバッグ オプションは次のとおりです。

ネットワーク

図 5. USB 設定の選択

ネットワーク オプションでは、Wi-Fi と DHCP の設定が可能です。

[Select USB Configuration] をタップすると、コンピュータで端末を認識する方法を指定できます。図 5 のように、充電のみ、ファイル転送(MTP)、画像転送(PTP)、PC でのモバイル インターネット使用(RNDIS)、オーディオまたは MIDI ファイルの転送の中から選択できます。

[Bluetooth AVRCP version] をタップすると、端末がアクセスする全 Bluetooth AV 機器の制御に使用するプロファイル バージョンを選択できます。端末上でのオーディオ再生に関して、さらに詳細な調整を行うには、次のオプションをタップして設定を行います。

その他の Wi-Fi と DHCP の設定は次のとおりです。

入力

図 6. ポインタの位置

[Show taps] を有効にすると、画面上のタップを視覚的に表示できます。指やタッチペンで画面に触れると丸が表示され、そのまま画面上を移動すると、丸の位置も一緒に動きます。端末の動画を録画すると、タップはポインタのように振る舞います。

[Pointer Location] を有効にすると、十字線とともに端末上のポインタ(タップ)の位置が表示されます。画面の上部には、十字線の座標を追跡するためのバーも表示されます(図 6)。ポインタを動かすと、十字線の位置座標がバー内に常に表示され、ポインタの軌道が画面上に描画されます。

描画

図 7. ユーザー インターフェース構成

描画オプションでは、アプリのユーザー インターフェースにおける表示情報や動作を確認できます。

[Show Layout Bounds] を有効にすると、図 7 のように、アプリのクリップの境界線やマージンなど、端末上のユーザー インターフェース構成が表示されます。

その他の描画オプションは次のとおりです。

ハードウェア アクセラレーテッド レンダリング

図 8. 第二色弱の色空間

ハードウェア アクセラレーテッド レンダリングオプションでは、GPU、ハードウェア レイヤー、マルチサンプル アンチエイリアス(MSAA)などのハードウェア ベースのオプションを利用して、対象となるハードウェア プラットフォーム向けにアプリを最適化することができます。

[Simulate color space] をタップすると、端末 UI 全体の配色を変更できます。このオプションは、色覚異常の各タイプに対応しています。選択できる項目は、無効(配色シミュレートなし)、全色盲(黒、白、灰色)、第二色弱(赤緑)、第一色弱(赤緑)、第三色弱(青黄)です。第一色弱は赤色が見えづらい赤緑色盲で、第二色弱(図 8)は緑色が見えづらい赤緑色盲です。

色空間をシミュレートした状態でスクリーンショットを撮影しても、配色を変更していない通常の色で表示されます。

その他のハードウェア ベース オプションの利用方法は次のとおりです。

メディア

図 9. バー表示

[Disable USB audio routing] を有効にすると、USB ポートを介してコンピュータと接続されている外部オーディオ機器への自動ルーティングが無効化されます。自動ルーティングは、USB を認識するアプリの動作を妨げる場合があります。

モニタリング

モニタリング オプションでは、スレッド上の長い処理や GPU 動作など、アプリのパフォーマンス情報を視覚的に確認できます。

[Profile GPU Rendering] をタップして [On screen as bars] を選択すると、GPU レンダリングのプロファイルが図 9 のようにバーで表示されます。詳細については Profile GPU rendering をご覧ください。

アプリ

図 10. バックグラウンド プロセスの上限

アプリ オプションは、ターゲット端末上でのアプリの動作を把握するのに役立ちます。

[Background process limit] をタップすると、一度にバックグラウンドで実行できるプロセスの数を設定できます。選択できる項目は、図 10 のとおりです。

テスト中に [Reset ShortcutManager rate-limiting] をタップすると、バックグラウンド アプリは、再びレートの上限に達するまでショートカット API を呼び続けることができます。ショートカットとレートの制限の詳細については、ShortcutManager をご覧ください。

[Don't keep activities] を有効にすると、ユーザーが離れた activity は直ちに破棄されるため、電池寿命が長くなります。

This site uses cookies to store your preferences for site-specific language and display options.

Get the latest Android developer news and tips that will help you find success on Google Play.

* Required Fields

Hooray!

WeChat で Google Developers をフォローする

Browse this site in ?

You requested a page in , but your language preference for this site is .

Would you like to change your language preference and browse this site in ? If you want to change your language preference later, use the language menu at the bottom of each page.

This class requires API level or higher

This doc is hidden because your selected API level for the documentation is . You can change the documentation API level with the selector above the left navigation.

For more information about specifying the API level your app requires, read Supporting Different Platform Versions.

Take a short survey?
Help us improve the Android developer experience. (Dec 2017 Android Platform & Tools Survey)