リリース

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

アルファ版 0.3.02(2022 年 12 月)

  • 各種バグを修正しました。
    • 「hug」に設定すると、子が配置された自動レイアウト フレームが正しく処理されるようになりました。
    • 子が配置された自動レイアウト フレームが、コンポーネントのルートで正しく処理されるようになりました。

アルファ版 0.3.01(2022 年 11 月)

  • Android Studio Electric Eel で Android Studio プラグインがサポートされるようになりました。
  • 各種バグを修正しました。
    • Windows: Android Studio とは別のドライブにスタイル マッピング ファイルを保存できるようになりました。以前はインポート動作がブロックされていました。
    • [Create UI Package] ボタンが有効になるのは、Figma プラグインで有効な UI パッケージが 1 つだけ選択されている場合のみになりました。
    • 大きなフォントサイズ(例: AppleSystemUIFont の 16 以上)を使用しているユーザーに、Android Studio プラグインの [Settings] ダイアログで切り取られたテキストが表示されなくなります。
    • Android Studio の [Import UI Packages] メニュー項目が、常に有効になりました。ただし、プロジェクトに複数のモジュールがあって、ファイルが選択されていない場合または選択されたファイルがどのモジュールにもない場合を除きます。
    • バリアントを使用し、子コンポーネントの複数のインスタンスが含まれるコンポーネントへのパラメータの追加を、Figma プラグインで正しく処理できるようになりました。

アルファ版 0.3.00(2022 年 10 月)

  • Android Developer Summit アルファ版のリリース