コンテンツに移動

よくアクセスするページ

最近アクセスしたページ

navigation

Creating Backward-Compatible UIs

Dependencies and prerequisites

You should also read

Try it out

Download the sample app

TabCompat.zip

This class demonstrates how to use UI components and APIs available in newer versions of Android in a backward-compatible way, ensuring that your application still runs on previous versions of the platform.

Throughout this class, the new Action Bar Tabs feature introduced in Android 3.0 (API level 11) serves as the guiding example, but you can apply these techniques to other UI components and API features.

Lessons

Abstracting the New APIs
Determine which features and APIs your application needs. Learn how to define application-specific, intermediary Java interfaces that abstract the implementation of the UI component to your application.
Proxying to the New APIs
Learn how to create an implementation of your interface that uses newer APIs.
Creating an Implementation with Older APIs
Learn how to create a custom implementation of your interface that uses older APIs.
Using the Version-Aware Component
Learn how to choose an implementation to use at runtime, and begin using the interface in your application.
このサイトでは、ユーザーが選択したサイトの言語と表示設定を保存する目的で Cookie を使用しています。

Android デベロッパー向けの最新情報やヒントを入手して、Google Play での成功を手に入れましょう。

* 必須

送信しました

WeChat で Google Developers をフォローする

このサイトをで表示しますか?

ページの表示言語としてを選択しましたが、このサイトの言語はに設定されています。

言語設定を変更してこのサイトをで表示しますか?言語設定を変更する場合は、各ページの下にある言語メニューを使用してください。

このクラスには、API レベル 以上が必要です。

API レベル が選択されているため、このドキュメントは非表示になっています。左のナビゲーションの上にあるセレクタを使って、ドキュメントの API レベルを変更できます。

アプリに必要な API レベルを指定する方法について、詳しくは異なるプラットフォーム バージョンのサポートをご覧ください。

Take a short survey?
Help us improve the Android developer experience. (April 2018 — Developer Survey)