コンテンツに移動

よくアクセスするページ

最近アクセスしたページ

navigation

アプリバーの追加

アクションバーとも呼ばれるアプリバーは、アプリのアクティビティにおいて最も重要なデザイン要素であり、ユーザーにとって馴染みのある視覚的構造とインタラクティブな要素を備えています。アプリバーを使用すると、他の Android アプリと統一感のあるアプリを作成できるため、ユーザーはアプリの操作方法を簡単に理解でき、優れたユーザー エクスペリエンスが実現します。アプリバーの主要な機能は次のとおりです。

このレッスンでは、v7 appcompat サポート ライブラリの Toolbar ウィジェットをアプリバーとして使用する方法について説明します。他の方法でアプリバーを実装することもできますが(たとえば、一部のテーマでは、デフォルトで ActionBar がアプリバーとして設定されます)、appcompat の Toolbar を使用すると、多様な端末で機能するアプリバーを簡単にセットアップでき、アプリの開発が進むにつれてアプリをカスタマイズすることが可能になります。

レッスン

アプリバーのセットアップ
Toolbar ウィジェットをアクティビティに追加し、そのウィジェットをアクティビティのアプリバーとして設定する方法について学習します。
アクションの追加と処理
アクションをアプリバーとそのオーバーフロー メニューに追加する方法と、ユーザーがこれらのアクションを選択したときの応答方法について学習します。
アップ アクションの追加
ユーザーがアプリのホーム画面に戻ることができるように [Up] ボタンをアプリバーに追加する方法について学習します。
アクション ビューとアクション プロバイダ
これらのウィジェットを使用して、アプリバーに高度な機能を追加する方法について学習します。
このサイトでは、ユーザーが選択したサイトの言語と表示設定を保存する目的で Cookie を使用しています。

Android デベロッパー向けの最新情報やヒントを入手して、Google Play での成功を手に入れましょう。

* 必須

送信しました

WeChat で Google Developers をフォローする

このサイトをで表示しますか?

ページの表示言語としてを選択しましたが、このサイトの言語はに設定されています。

言語設定を変更してこのサイトをで表示しますか?言語設定を変更する場合は、各ページの下にある言語メニューを使用してください。

このクラスには、API レベル 以上が必要です。

API レベル が選択されているため、このドキュメントは非表示になっています。左のナビゲーションの上にあるセレクタを使って、ドキュメントの API レベルを変更できます。

アプリに必要な API レベルを指定する方法について、詳しくは異なるプラットフォーム バージョンのサポートをご覧ください。

Take a short survey?
Help us improve the Android developer experience. (April 2018 — Developer Survey)