アプリバーを追加する

Compose を試す
Jetpack Compose は Android の推奨 UI ツールキットです。Compose でコンポーネントを追加する方法を学習します。

アプリバーはアクションバーとも呼ばれ、ユーザーにとってなじみのある視覚的構造とインタラクティブな要素を提供するため、アプリのアクティビティにおいて最も重要なデザイン要素の一つです。アプリバーを使用すると、他の Android アプリとの一貫性が保たれるため、ユーザーはアプリの操作方法をすぐに理解でき、優れたエクスペリエンスを実現できます。

アプリバーの主な機能は次のとおりです。

  • アプリに ID を提供し、アプリ内でのユーザーの位置情報を示すための専用スペース。
  • 検索などの重要なアクションへの予測可能なアクセス。
  • タブまたはメニューを使用したナビゲーションとビューの切り替えをサポート。
緑色のアプリバー、ハンバーガー メニュー、3 つのアクション アイコンの画像
図 1.Google スプレッドシート アプリのアプリバー。

このドキュメントでは、AndroidX Toolbar ウィジェットをアプリバーとして使用する方法について説明します。アプリバーを実装する方法は他にもあります。たとえば、一部のテーマでは、デフォルトで ActionBar をアプリバーとして設定しますが、AppCompat Toolbar を使用すると、幅広いデバイスで動作するアプリバーを簡単にセットアップできます。また、アプリの開発の後半でアプリバーをカスタマイズすることもできます。

トピック

アプリバーをセットアップする
Toolbar ウィジェットをアクティビティに追加し、そのウィジェットをアクティビティのアプリバーとして設定する方法について学習します。
アクションを追加して処理する
アプリバーとそのオーバーフロー メニューにアクションを追加する方法と、ユーザーがそれらのアクションを選択したときに応答する方法について学習します。
「上へ」アクションを追加する
ユーザーがアプリのホーム画面に戻れるように、[上へ] ボタンをアプリバーに追加する方法について学習します。
アクション ビューとアクション プロバイダを使用する
これらのウィジェットを使用して、アプリバーに高度な機能を提供する方法を学びます。