Compose 修飾子のリスト

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

アクション

スコープ: 任意
Modifier.clickable(
    enabled: Boolean,
    onClickLabel: String?,
    role: Role?,
    onClick: () -> Unit
)

入力またはユーザー補助「クリック」イベントを介してクリックを受信するようにコンポーネントを構成します。

スコープ: 任意
Modifier.clickable(
    interactionSource: MutableInteractionSource,
    indication: Indication?,
    enabled: Boolean,
    onClickLabel: String?,
    role: Role?,
    onClick: () -> Unit
)

入力またはユーザー補助「クリック」イベントを介してクリックを受信するようにコンポーネントを構成します。

スコープ: 任意
@ExperimentalFoundationApi
Modifier.combinedClickable(
    enabled: Boolean,
    onClickLabel: String?,
    role: Role?,
    onLongClickLabel: String?,
    onLongClick: (() -> Unit)?,
    onDoubleClick: (() -> Unit)?,
    onClick: () -> Unit
)

入力またはユーザー補助「クリック」イベントを介してクリック、ダブルクリック、長押しを受信するようにコンポーネントを構成します。

スコープ: 任意
@ExperimentalFoundationApi
Modifier.combinedClickable(
    interactionSource: MutableInteractionSource,
    indication: Indication?,
    enabled: Boolean,
    onClickLabel: String?,
    role: Role?,
    onLongClickLabel: String?,
    onLongClick: (() -> Unit)?,
    onDoubleClick: (() -> Unit)?,
    onClick: () -> Unit
)

入力またはユーザー補助「クリック」イベントを介してクリック、ダブルクリック、長押しを受信するようにコンポーネントを構成します。

スコープ: 任意
Modifier.draggable(
    state: DraggableState,
    orientation: Orientation,
    enabled: Boolean,
    interactionSource: MutableInteractionSource?,
    startDragImmediately: Boolean,
    onDragStarted: @ExtensionFunctionType suspend CoroutineScope.(startedPosition: Offset) -> Unit,
    onDragStopped: @ExtensionFunctionType suspend CoroutineScope.(velocity: Float) -> Unit,
    reverseDirection: Boolean
)

単一の Orientation で UI 要素のタッチドラッグを構成します。

スコープ: 任意

この修飾子は、ユーザー補助の目的で selectable アイテム(Tab や RadioButton など)のリストをグループ化するために使用します。

スコープ: 任意
Modifier.selectable(
    selected: Boolean,
    enabled: Boolean,
    role: Role?,
    onClick: () -> Unit
)

通常は、任意の時点で 1 つのアイテムのみを選択できる相互排他的なグループの一部として選択可能になるようにコンポーネントを構成します。

スコープ: 任意
Modifier.selectable(
    selected: Boolean,
    interactionSource: MutableInteractionSource,
    indication: Indication?,
    enabled: Boolean,
    role: Role?,
    onClick: () -> Unit
)

通常は、任意の時点で 1 つのアイテムのみを選択できる相互排他的なグループの一部として選択可能になるようにコンポーネントを構成します。

スコープ: 任意
@ExperimentalMaterialApi
<T : Any?> Modifier.swipeable(
    state: SwipeableState<T>,
    anchors: Map<Float, T>,
    orientation: Orientation,
    enabled: Boolean,
    reverseDirection: Boolean,
    interactionSource: MutableInteractionSource?,
    thresholds: (from, to) -> ThresholdConfig,
    resistance: ResistanceConfig?,
    velocityThreshold: Dp
)

事前定義された状態のセット間でスワイプ操作を有効にします。

スコープ: 任意
@ExperimentalWearMaterialApi
<T : Any?> Modifier.swipeable(
    state: SwipeableState<T>,
    anchors: Map<Float, T>,
    orientation: Orientation,
    enabled: Boolean,
    reverseDirection: Boolean,
    interactionSource: MutableInteractionSource?,
    thresholds: (from, to) -> ThresholdConfig,
    resistance: ResistanceConfig?,
    velocityThreshold: Dp
)

事前定義された状態のセット間でスワイプ操作を有効にします。

スコープ: 任意
Modifier.toggleable(
    value: Boolean,
    enabled: Boolean,
    role: Role?,
    onValueChange: (Boolean) -> Unit
)

入力イベントとユーザー補助イベントを介して切り替え可能になるようにコンポーネントを構成します。

スコープ: 任意
Modifier.toggleable(
    value: Boolean,
    interactionSource: MutableInteractionSource,
    indication: Indication?,
    enabled: Boolean,
    role: Role?,
    onValueChange: (Boolean) -> Unit
)

入力イベントとユーザー補助イベントを介して切り替え可能になるようにコンポーネントを構成します。

スコープ: 任意
Modifier.triStateToggleable(
    state: ToggleableState,
    enabled: Boolean,
    role: Role?,
    onClick: () -> Unit
)

入力イベントとユーザー補助イベントを介して、オン、オフ、不確定の 3 つの状態の間で切り替え可能になるようにコンポーネントを構成します。

スコープ: 任意
Modifier.triStateToggleable(
    state: ToggleableState,
    interactionSource: MutableInteractionSource,
    indication: Indication?,
    enabled: Boolean,
    role: Role?,
    onClick: () -> Unit
)

入力イベントとユーザー補助イベントを介して、オン、オフ、不確定の 3 つの状態の間で切り替え可能になるようにコンポーネントを構成します。

位置揃え

スコープ: BoxScope
Modifier.align(alignment: Alignment)

Box 内の特定の Alignment にコンテンツ要素をプルします。

スコープ: RowScope

Row 内で要素を垂直方向に揃えます。

スコープ: RowScope

要素を垂直方向に配置して、alignmentLinealignBy に構成された兄弟要素とも揃うようにします。

スコープ: RowScope
Modifier.alignBy(alignmentLineBlock: (Measured) -> Int)

要素を垂直方向に配置して、alignmentLineBlock によって決定されるコンテンツの整列ラインが alignBy に構成された兄弟要素とも揃うようにします。

スコープ: RowScope

要素を垂直方向に配置して、最初の基準線が alignByBaseline または alignBy に構成された兄弟要素とも揃うようにします。

スコープ: ColumnScope

Column 内で要素を水平方向に揃えます。

スコープ: ColumnScope

要素を水平方向に配置して、alignmentLinealignBy に構成された兄弟要素とも揃うようにします。

スコープ: ColumnScope
Modifier.alignBy(alignmentLineBlock: (Measured) -> Int)

要素を水平方向に配置して、alignmentLineBlock によって決定されるコンテンツの整列ラインが alignBy に構成された兄弟要素とも揃うようにします。

アニメーション

スコープ: LazyItemScope
@ExperimentalFoundationApi

この修飾子は、Lazy リスト内でのアイテムの配置をアニメーション化します。

open @ExperimentalAnimationApi
Modifier.animateEnterExit(
    enter: EnterTransition,
    exit: ExitTransition,
    label: String
)

AnimatedVisibility の直接または間接の子に animateEnterExit 修飾子を使用すると、AnimatedVisibility で指定されたアニメーションとは異なる開始 / 終了アニメーションを作成できます。

枠線

スコープ: 任意
Modifier.border(border: BorderStroke, shape: Shape)

要素を変更して、bordershape で指定された外観の枠線を追加してクリップします。

スコープ: 任意
Modifier.border(width: Dp, color: Color, shape: Shape)

要素を変更して、widthcolorshape で指定された外観の枠線を追加してクリップします。

スコープ: 任意
Modifier.border(width: Dp, brush: Brush, shape: Shape)

要素を変更して、widthbrushshape で指定された外観の枠線を追加してクリップします。

描画

スコープ: 任意
Modifier.alpha(alpha: Float)

変更されたアルファ値が 1 未満である可能性があるコンテンツを描画します。

スコープ: 任意
Modifier.background(color: Color, shape: Shape)

コンテンツの背後に塗りつぶした colorshape を描画します。

スコープ: 任意
Modifier.background(brush: Brush, shape: Shape, alpha: Float)

コンテンツの背後に brushshape を描画します。

スコープ: 任意
Modifier.clip(shape: Shape)

コンテンツを shape にクリップします。

スコープ: 任意

コンテンツを、この修飾子で定義されたレイヤの境界にクリップします。

スコープ: 任意

変更されたコンテンツの背後の Canvas に描画します。

スコープ: 任意

描画領域のサイズが同じであるか、読み取られる状態オブジェクトが変更されていない場合に限り、描画呼び出し全体で保持されるコンテンツを含む DrawScope に描画します。

スコープ: 任意

デベロッパーがレイアウトのコンテンツの前または後に描画できる DrawModifier を作成します。

スコープ: 任意
Modifier.indication(
    interactionSource: InteractionSource,
    indication: Indication?
)

インタラクションが発生したときに、このコンポーネントの視覚効果を描画します。

スコープ: 任意
Modifier.paint(
    painter: Painter,
    sizeToIntrinsics: Boolean,
    alignment: Alignment,
    contentScale: ContentScale,
    alpha: Float,
    colorFilter: ColorFilter?
)

painter を使用してコンテンツをペイントします。

スコープ: 任意
Modifier.shadow(
    elevation: Dp,
    shape: Shape,
    clip: Boolean,
    ambientColor: Color,
    spotColor: Color
)

シャドウを描画する graphicsLayer を作成します。

スコープ: 任意

safe drawing インセットに合わせてパディングを追加します。

スコープ: 任意
Modifier.zIndex(zIndex: Float)

同じ親レイアウトの子の描画順序を制御する修飾子を作成します。

フォーカス

スコープ: 任意
Modifier.onFocusChanged(onFocusChanged: (FocusState) -> Unit)

この修飾子をコンポーネントに追加すると、フォーカス状態イベントを監視できます。

スコープ: 任意
Modifier.onFocusEvent(onFocusEvent: (FocusState) -> Unit)

この修飾子をコンポーネントに追加すると、フォーカス状態イベントを監視できます。

スコープ: 任意

この関数は非推奨になりました。focusTarget に置き換えられています。

スコープ: 任意

この修飾子をコンポーネントに追加すると、フォーカス可能にすることができます。

スコープ: 任意
Modifier.focusOrder(
    focusOrderReceiver: @ExtensionFunctionType FocusOrder.() -> Unit
)

この関数は非推奨になりました。代わりに focusProperties() を使用してください。

スコープ: 任意
Modifier.focusOrder(focusRequester: FocusRequester)

この関数は非推奨になりました。代わりに focusRequster() を使用してください。

スコープ: 任意
Modifier.focusOrder(
    focusRequester: FocusRequester,
    focusOrderReceiver: @ExtensionFunctionType FocusOrder.() -> Unit
)

この関数は非推奨になりました。代わりに focusProperties() と focusRequester() を使用してください。

スコープ: 任意

この修飾子を使用すると、修飾子チェーンの下位または子レイアウト ノードの focusTarget がアクセスできるプロパティを指定できます。

スコープ: 任意

この修飾子をコンポーネントに追加すると、フォーカスの変更をリクエストできます。

スコープ: 任意
@ExperimentalFoundationApi

フォーカス グループを作成するか、このコンポーネントをフォーカス グループとしてマークします。

スコープ: 任意
Modifier.focusable(
    enabled: Boolean,
    interactionSource: MutableInteractionSource?
)

フォーカス システムまたはユーザー補助「フォーカス」イベントを介してフォーカス可能になるようにコンポーネントを構成します。

スコープ: 任意
@ExperimentalFoundationApi
Modifier.onFocusedBoundsChanged(
    onPositioned: (LayoutCoordinates?) -> Unit
)

現在フォーカスされているエリアの境界が変化するたびに、onPositioned を呼び出します。

グラフィック

スコープ: 任意
Modifier.graphicsLayer(
    scaleX: Float,
    scaleY: Float,
    alpha: Float,
    translationX: Float,
    translationY: Float,
    shadowElevation: Float,
    rotationX: Float,
    rotationY: Float,
    rotationZ: Float,
    cameraDistance: Float,
    transformOrigin: TransformOrigin,
    shape: Shape,
    clip: Boolean,
    renderEffect: RenderEffect?,
    ambientShadowColor: Color,
    spotShadowColor: Color
)

描画レイヤにコンテンツを描画する Modifier.Element

スコープ: 任意

描画レイヤにコンテンツを描画する Modifier.Element

スコープ: 任意

描画レイヤを追加してツールが描画された画像の要素を識別できるようにする Modifier.Element

キーボード

スコープ: 任意
Modifier.onKeyEvent(onKeyEvent: (KeyEvent) -> Boolean)

この modifier をコンポーネントの modifier パラメータに追加すると、そのコンポーネント(またはその子のいずれか)がフォーカスされたときにハードウェア キーイベントをインターセプトできます。

スコープ: 任意
Modifier.onPreviewKeyEvent(onPreviewKeyEvent: (KeyEvent) -> Boolean)

この modifier をコンポーネントの modifier パラメータに追加すると、そのコンポーネント(またはその子のいずれか)がフォーカスされたときにハードウェア キーイベントをインターセプトできます。

レイアウト

スコープ: 任意
Modifier.layoutId(layoutId: Any)

要素に layoutId をタグ付けすると、その要素を親要素内で識別できます。

スコープ: 任意

ラップされた要素の測定方法とレイアウト方法の変更を可能にする LayoutModifier を作成します。

スコープ: 任意
Modifier.onGloballyPositioned(
    onGloballyPositioned: (LayoutCoordinates) -> Unit
)

コンテンツのグローバル位置が変更された可能性がある場合に、要素の LayoutCoordinates を使用して onGloballyPositioned を呼び出します。

パディング

スコープ: 任意
Modifier.paddingFrom(alignmentLine: AlignmentLine, before: Dp, after: Dp)

パディングを追加して、境界から alignment line までの指定された距離に応じてコンテンツを配置できる Modifier

スコープ: 任意
Modifier.paddingFrom(
    alignmentLine: AlignmentLine,
    before: TextUnit,
    after: TextUnit
)

パディングを追加して、境界から alignment line までの指定された距離に応じてコンテンツを配置できる Modifier

スコープ: 任意
Modifier.paddingFromBaseline(top: Dp, bottom: Dp)

レイアウトの上部から baseline of the first line of text in the content までの距離が top になり、baseline of the last line of text in the content からレイアウトの下部までの距離が bottom になるようにコンテンツをレイアウト内に配置する Modifier

スコープ: 任意

レイアウトの上部から baseline of the first line of text in the content までの距離が top になり、baseline of the last line of text in the content からレイアウトの下部までの距離が bottom になるようにコンテンツをレイアウト内に配置する Modifier

スコープ: 任意
Modifier.absolutePadding(left: Dp, top: Dp, right: Dp, bottom: Dp)

コンテンツの lefttoprightbottom の端に沿って、Dp の追加スペースを適用します。

スコープ: 任意
Modifier.padding(start: Dp, top: Dp, end: Dp, bottom: Dp)

コンテンツの starttopendbottom の端に沿って、Dp の追加スペースを適用します。

スコープ: 任意
Modifier.padding(horizontal: Dp, vertical: Dp)

コンテンツの左端と右端に沿って horizontal dp のスペースを適用し、上端と下端に沿って vertical dp のスペースを適用します。

スコープ: 任意

コンテンツの左、上、右、下の端に all dp の追加スペースを適用します。

スコープ: 任意
Modifier.padding(paddingValues: PaddingValues)

コンテンツの左、上、右、下の端に沿って、PaddingValues を追加スペースとしてコンポーネントに適用します。

スコープ: 任意

caption bar インセットに合わせてパディングを追加します。

スコープ: 任意

display cutout に合わせてパディングを追加します。

スコープ: 任意

ime インセットに合わせてパディングを追加します。

スコープ: 任意

mandatory system gestures インセットに合わせてパディングを追加します。

スコープ: 任意

navigation bars インセットに合わせてパディングを追加します。

スコープ: 任意

safe content インセットに合わせてパディングを追加します。

スコープ: 任意

safe gestures インセットに合わせてパディングを追加します。

スコープ: 任意

status bars インセットに合わせてパディングを追加します。

スコープ: 任意

system bars インセットに合わせてパディングを追加します。

スコープ: 任意

system gestures インセットに合わせてパディングを追加します。

スコープ: 任意

waterfall インセットに合わせてパディングを追加します。

スコープ: 任意

コンテンツが insets スペースに入らないようにパディングを追加します。

ポインタ

スコープ: 任意
Modifier.pointerHoverIcon(
    icon: PointerIcon,
    overrideDescendants: Boolean
)

変更された要素の上にカーソルが移動すると、目的のポインタ アイコンを指定する修飾子を作成します。

スコープ: 任意
@ExperimentalComposeUiApi
Modifier.pointerInteropFilter(
    requestDisallowInterceptTouchEvent: RequestDisallowInterceptTouchEvent?,
    onTouchEvent: (MotionEvent) -> Boolean
)

最初に Compose にディスパッチされた基となる MotionEvent へのアクセスを提供する特別な PointerInputModifier。

スコープ: 任意

この関数は非推奨になりました。Modifier.pointerInput は、修飾子の識別情報を定義する 1 つ以上の「キー」パラメータを提供し、以前の入力処理コルーチンをいつキャンセルして新しいキーの新しい効果を開始するかを決定する必要があります。

スコープ: 任意
Modifier.pointerInput(
    key1: Any?,
    block: @ExtensionFunctionType suspend PointerInputScope.() -> Unit
)

変更された要素のリージョン内でポインタ入力を処理する修飾子を作成します。

スコープ: 任意
Modifier.pointerInput(
    key1: Any?,
    key2: Any?,
    block: @ExtensionFunctionType suspend PointerInputScope.() -> Unit
)

変更された要素のリージョン内でポインタ入力を処理する修飾子を作成します。

スコープ: 任意
Modifier.pointerInput(
    vararg keys: Any?,
    block: @ExtensionFunctionType suspend PointerInputScope.() -> Unit
)

変更された要素のリージョン内でポインタ入力を処理する修飾子を作成します。

位置

スコープ: 任意

コンテンツをオフセット(x dp、y dp)します。

スコープ: 任意

コンテンツを offset ピクセル分オフセットします。

スコープ: 任意
Modifier.offset(x: Dp, y: Dp)

コンテンツをオフセット(x dp、y dp)します。

スコープ: 任意

コンテンツを offset ピクセル分オフセットします。

スコープ: TabRowDefaults
Modifier.tabIndicatorOffset(currentTabPosition: TabPosition)

TabRow 内で使用可能な幅をすべて取り、適用されるインジケーターのオフセットを currentTabPosition に応じてアニメーション化する Modifier

セマンティクス

スコープ: 任意
Modifier.progressSemantics(
    value: Float,
    valueRange: ClosedFloatingPointRange<Float>,
    steps: Int
)

valueRange 内の進行状況を表す確定的な進行状況インジケーターまたはスライダーの進行状況領域に必要な semantics を含みます。

スコープ: 任意

オペレーションが進行中であることを表す未確定の進行状況インジケーターに必要な semantics を含みます。

スコープ: 任意

すべての子孫ノードのセマンティクスを消去して新しいセマンティクスを設定します。

スコープ: 任意
Modifier.semantics(
    mergeDescendants: Boolean,
    properties: @ExtensionFunctionType SemanticsPropertyReceiver.() -> Unit
)

テストやユーザー補助機能などで使用するため、セマンティクスの Key-Value ペアをレイアウト ノードに追加します。

スクロール

スコープ: 任意
@ExperimentalFoundationApi

スクロール可能なコンテナの境界をメイン軸にクリップし、交差軸上に背景エフェクト(シャドウなど)のスペースを残します。

スコープ: 任意
Modifier.nestedScroll(
    connection: NestedScrollConnection,
    dispatcher: NestedScrollDispatcher?
)

要素を変更して、ネストされたスクロール階層に追加できるようにします。

スコープ: 任意
@ExperimentalComposeUiApi
Modifier.relocationRequester(relocationRequester: Any)

この関数は非推奨になりました。代わりに bringIntoViewRequester を使用してください。

スコープ: 任意
@ExperimentalComposeUiApi
Modifier.onPreRotaryScrollEvent(
    onPreRotaryScrollEvent: (RotaryScrollEvent) -> Boolean
)

この modifier をコンポーネントの modifier パラメータに追加すると、このコンポーネント(またはその子のいずれか)がフォーカスされたときに RotaryScrollEvent をインターセプトできます。

スコープ: 任意
@ExperimentalComposeUiApi
Modifier.onRotaryScrollEvent(
    onRotaryScrollEvent: (RotaryScrollEvent) -> Boolean
)

この modifier をコンポーネントの modifier パラメータに追加すると、このコンポーネント(またはその子のいずれか)がフォーカスされたときに RotaryScrollEvent をインターセプトできます。

スコープ: 任意
Modifier.horizontalScroll(
    state: ScrollState,
    enabled: Boolean,
    flingBehavior: FlingBehavior?,
    reverseScrolling: Boolean
)

要素を変更して、コンテンツの幅が最大制約より大きい場合に水平方向にスクロールできるようにします。

スコープ: 任意
Modifier.verticalScroll(
    state: ScrollState,
    enabled: Boolean,
    flingBehavior: FlingBehavior?,
    reverseScrolling: Boolean
)

要素を変更して、コンテンツの高さが最大制約より大きい場合に垂直方向にスクロールできるようにします。

スコープ: 任意
Modifier.scrollable(
    state: ScrollableState,
    orientation: Orientation,
    enabled: Boolean,
    reverseDirection: Boolean,
    flingBehavior: FlingBehavior?,
    interactionSource: MutableInteractionSource?
)

単一の Orientation で UI 要素のタッチ スクロールとタッチフリングを構成します。

スコープ: 任意
@ExperimentalLayoutApi

Android R 以降で、ソフト キーボードをネストされたスクロールとして制御します。

サイズ

スコープ: 任意
Modifier.animateContentSize(
    animationSpec: FiniteAnimationSpec<IntSize>,
    finishedListener: ((initialValue: IntSize, targetValue: IntSize) -> Unit)?
)

この修飾子は、子修飾子(すでにチェーンの末尾にある場合は子コンポーザブル)のサイズが変更されたときに、自身のサイズをアニメーション化します。

スコープ: 任意
Modifier.aspectRatio(ratio: Float, matchHeightConstraintsFirst: Boolean)

コンテンツのサイズを指定されたアスペクト比に合わせて調整しようと試みます。そのために、次の順序で受信制約のいずれかを満たそうとします: matchHeightConstraintsFirstfalse(デフォルト)の場合は Constraints.maxWidthConstraints.maxHeightConstraints.minWidthConstraints.minHeight の順序。matchHeightConstraintsFirsttrue の場合は Constraints.maxHeightConstraints.maxWidthConstraints.minHeightConstraints.minWidth の順序。

スコープ: 任意
Modifier.height(intrinsicSize: IntrinsicSize)

コンテンツの推奨の高さを、コンテンツの本来の最小の高さまたは最大の高さと同じものとして宣言します。

スコープ: 任意

コンテンツの高さを、コンテンツの本来の最小の高さまたは最大の高さと正確に同じものとして宣言します。

スコープ: 任意

コンテンツの幅を、コンテンツの本来の最小幅または最大幅と正確に同じものとして宣言します。

スコープ: 任意
Modifier.width(intrinsicSize: IntrinsicSize)

コンテンツの推奨の幅を、コンテンツの本来の最小幅または最大幅と同じものとして宣言します。

スコープ: 任意
Modifier.onSizeChanged(onSizeChanged: (IntSize) -> Unit)

修飾子のサイズが変更されたとき、直ちに onSizeChanged を呼び出します。

スコープ: 任意
Modifier.defaultMinSize(minWidth: Dp, minHeight: Dp)

他の制約が適用されない場合に限り、ラップされたレイアウトのサイズを制限します。minWidth 制約と minHeight 制約は、対応する受信制約が 0 の場合にのみ適用されます。

スコープ: 任意

コンテンツが受信測定制約の Constraints.maxHeight を完全に(場合によっては部分的に)満たすようにします。そのために、minimum heightmaximum heightmaximum heightfraction を乗じた値に設定します。

スコープ: 任意
Modifier.fillMaxSize(fraction: Float)

コンテンツが受信測定制約の Constraints.maxWidthConstraints.maxHeight を完全に(場合によっては部分的に)満たすようにします。そのために、minimum widthmaximum widthmaximum widthfraction を乗じた値に設定し、minimum heightmaximum heightmaximum heightfraction を乗じた値に設定します。

スコープ: 任意

コンテンツが受信測定制約の Constraints.maxWidth を完全に(場合によっては部分的に)満たすようにします。そのために、minimum widthmaximum widthmaximum widthfraction を乗じた値に設定します。

スコープ: 任意
Modifier.height(height: Dp)

コンテンツの推奨の高さを正確に height dp として宣言します。

スコープ: 任意
Modifier.heightIn(min: Dp, max: Dp)

コンテンツの高さを、受信測定の Constraints によって許容される min dp から max dp の範囲に制限します。

スコープ: 任意

コンテンツの高さを正確に height dp として宣言します。

スコープ: 任意
Modifier.requiredHeightIn(min: Dp, max: Dp)

コンテンツの高さを min dp から max dp の範囲に制限します。

スコープ: 任意

コンテンツのサイズを正確に size dp の幅と高さで宣言します。

スコープ: 任意
Modifier.requiredSize(width: Dp, height: Dp)

コンテンツのサイズを正確に width dp と height dp で宣言します。

スコープ: 任意

コンテンツのサイズを正確に size として宣言します。

スコープ: 任意
Modifier.requiredSizeIn(
    minWidth: Dp,
    minHeight: Dp,
    maxWidth: Dp,
    maxHeight: Dp
)

コンテンツの幅を minWidth dp から maxWidth dp の範囲に制限し、コンテンツの高さを minHeight dp から maxHeight dp の範囲に制限します。

スコープ: 任意

コンテンツの幅を正確に width dp として宣言します。

スコープ: 任意
Modifier.requiredWidthIn(min: Dp, max: Dp)

コンテンツの幅を min dp から max dp の範囲に制限します。

スコープ: 任意
Modifier.size(size: Dp)

コンテンツの推奨サイズを正確に size dp の四角形として宣言します。

スコープ: 任意
Modifier.size(width: Dp, height: Dp)

コンテンツの推奨サイズを正確に width dp x height dp として宣言します。

スコープ: 任意
Modifier.size(size: DpSize)

コンテンツの推奨サイズを正確に size として宣言します。

スコープ: 任意
Modifier.sizeIn(minWidth: Dp, minHeight: Dp, maxWidth: Dp, maxHeight: Dp)

受信測定の Constraints に従い、コンテンツの幅を minWidth dp から maxWidth dp の範囲に制限し、コンテンツの高さを minHeight dp から maxHeight dp の範囲に制限します。

スコープ: 任意
Modifier.width(width: Dp)

コンテンツの推奨の幅を正確に width dp として宣言します。

スコープ: 任意
Modifier.widthIn(min: Dp, max: Dp)

コンテンツの幅を、受信測定の Constraints によって許容される min dp から max dp の範囲に制限します。

スコープ: 任意
Modifier.wrapContentHeight(
    align: Alignment.Vertical,
    unbounded: Boolean
)

受信測定の minimum height constraint を考慮せずに、コンテンツを希望する高さで測定できるようにします。unbounded が true の場合は、受信測定の maximum height constraint も考慮しません。

スコープ: 任意
Modifier.wrapContentSize(align: Alignment, unbounded: Boolean)

受信測定の minimum width または minimum height の制約を考慮せずに、コンテンツを希望するサイズで測定できるようにします。unbounded が true の場合は、受信測定の最大値の制約も考慮しません。

スコープ: 任意
Modifier.wrapContentWidth(
    align: Alignment.Horizontal,
    unbounded: Boolean
)

受信測定の minimum width constraint を考慮せずに、コンテンツを希望する幅で測定できるようにします。unbounded が true の場合は、受信測定の maximum width constraint も考慮しません。

スコープ: 任意

高さを画面の bottom での insets の高さに設定します。

スコープ: 任意

LayoutDirection に応じて left または right を使用して、幅を画面の end での insets の幅に設定します。

スコープ: 任意

LayoutDirection に応じて left または right を使用して、幅を画面の start での insets の幅に設定します。

スコープ: 任意

高さを画面の top での insets の高さに設定します。

スコープ: LazyItemScope

コンテンツが受信測定制約の Constraints.maxHeight を満たすようにします。そのために、minimum heightmaximum heightfraction を乗じた値に設定します。

スコープ: LazyItemScope

コンテンツが親受信測定制約の Constraints.maxWidthConstraints.maxHeight を満たすようにします。そのために、minimum widthmaximum widthfraction を乗じた値に設定し、minimum heightmaximum heightfraction を乗じた値に設定します。

スコープ: LazyItemScope

コンテンツが親受信測定制約の Constraints.maxWidth を満たすようにします。そのために、minimum widthmaximum widthfraction を乗じた値に設定します。

スコープ: BoxScope

他のすべてのコンテンツ要素の測定後に、Box のサイズに合わせて要素のサイズを設定します。

スコープ: RowScope
Modifier.weight(weight: Float, fill: Boolean)

Row 内の他の重み付けされた兄弟要素と比例する weight を使用して、要素の幅を設定します。

スコープ: ColumnScope
Modifier.weight(weight: Float, fill: Boolean)

Column 内の他の重み付けされた兄弟要素と比例する weight を使用して、要素の高さを設定します。

テスト

スコープ: 任意

タグを適用して、変更された要素をテストで検出できるようにします。

変換

スコープ: 任意
Modifier.rotate(degrees: Float)

コンポーザブルの中心の周りでビューを回転させる角度を設定します。

スコープ: 任意
Modifier.scale(scaleX: Float, scaleY: Float)

コンポーザブルのコンテンツを、横軸と縦軸に沿ってそれぞれ指定した倍率で拡大 / 縮小します。

スコープ: 任意
Modifier.scale(scale: Float)

コンテンツを、横軸と縦軸の両方に沿って同じ倍率で均等に拡大 / 縮小します。

スコープ: 任意
Modifier.transformable(
    state: TransformableState,
    lockRotationOnZoomPan: Boolean,
    enabled: Boolean
)

変更された UI 要素の変換操作を有効にします。

その他

スコープ: 任意
Modifier.blur(
    radiusX: Dp,
    radiusY: Dp,
    edgeTreatment: BlurredEdgeTreatment
)

指定した半径でぼかしを入れたコンテンツを描画します。

スコープ: 任意
Modifier.blur(radius: Dp, edgeTreatment: BlurredEdgeTreatment)

指定した半径でぼかしを入れたコンテンツを描画します。

スコープ: 任意
@ExperimentalFoundationApi
Modifier.bringIntoViewRequester(
    bringIntoViewRequester: BringIntoViewRequester
)

これは、bringIntoView リクエストの送信に使用できる修飾子です。

スコープ: 任意
@ExperimentalFoundationApi

子からの BringIntoViewRequester リクエストに応答し、アイテムが画面上に表示されるようにスクロールする親。

スコープ: 任意
Modifier.composed(
    inspectorInfo: @ExtensionFunctionType InspectorInfo.() -> Unit,
    factory: @Composable @ExtensionFunctionType Modifier.() -> Modifier
)

変更する要素ごとに、コンポーズされる Modifier のジャストインタイム コンポジションを宣言します。

スコープ: 任意
Modifier.composed(
    fullyQualifiedName: String,
    key1: Any?,
    inspectorInfo: @ExtensionFunctionType InspectorInfo.() -> Unit,
    factory: @Composable @ExtensionFunctionType Modifier.() -> Modifier
)

変更する要素ごとに、コンポーズされる Modifier のジャストインタイム コンポジションを宣言します。

スコープ: 任意
Modifier.composed(
    fullyQualifiedName: String,
    key1: Any?,
    key2: Any?,
    inspectorInfo: @ExtensionFunctionType InspectorInfo.() -> Unit,
    factory: @Composable @ExtensionFunctionType Modifier.() -> Modifier
)

変更する要素ごとに、コンポーズされる Modifier のジャストインタイム コンポジションを宣言します。

スコープ: 任意
Modifier.composed(
    fullyQualifiedName: String,
    key1: Any?,
    key2: Any?,
    key3: Any?,
    inspectorInfo: @ExtensionFunctionType InspectorInfo.() -> Unit,
    factory: @Composable @ExtensionFunctionType Modifier.() -> Modifier
)

変更する要素ごとに、コンポーズされる Modifier のジャストインタイム コンポジションを宣言します。

スコープ: 任意
Modifier.composed(
    fullyQualifiedName: String,
    vararg keys: Any?,
    inspectorInfo: @ExtensionFunctionType InspectorInfo.() -> Unit,
    factory: @Composable @ExtensionFunctionType Modifier.() -> Modifier
)

変更する要素ごとに、コンポーズされる Modifier のジャストインタイム コンポジションを宣言します。

スコープ: 任意

この関数は非推奨になりました。systemGestureExclusion を使用してください。

スコープ: 任意

この関数は非推奨になりました。systemGestureExclusion を使用してください。

スコープ: 任意
Modifier.hoverable(
    interactionSource: MutableInteractionSource,
    enabled: Boolean
)

ポインタの開始 / 終了イベントを介してカーソルを合わせられるようにコンポーネントを構成します。

スコープ: 任意
inline
Modifier.inspectable(
    noinline inspectorInfo: @ExtensionFunctionType InspectorInfo.() -> Unit,
    factory: @ExtensionFunctionType Modifier.() -> Modifier
)

これを使用して、共通の修飾子セットをグループ化し、その結果生成される修飾子に InspectorInfo を指定します。

スコープ: 任意
@ExperimentalFoundationApi
Modifier.magnifier(
    sourceCenter: @ExtensionFunctionType Density.() -> Offset,
    magnifierCenter: @ExtensionFunctionType Density.() -> Offset,
    zoom: Float,
    style: MagnifierStyle,
    onSizeChanged: ((DpSize) -> Unit)?
)

Magnifier ウィジェットを表示し、現在のレイアウト ノードを基準にして sourceCenter にあるコンテンツを拡大して表示します。

スコープ: 任意
@ExperimentalComposeUiApi

この修飾子の左側、またはレイアウト ツリーでこの修飾子より上にある他の修飾子によって提供された ModifierLocal を利用するために使用できる修飾子。

スコープ: 任意
@ExperimentalComposeUiApi
<T : Any?> Modifier.modifierLocalProvider(
    key: ProvidableModifierLocal<T>,
    value: () -> T
)

この修飾子の右側にある他の修飾子、またはこの修飾子が接続されているレイアウト ノードの子である修飾子で読み取り可能な ModifierLocal を提供するために使用できる修飾子。

スコープ: 任意

LayoutModifier と親レイアウトが配置された後、子 LayoutModifier が配置される前に onPlaced を呼び出します。

スコープ: 任意
@ExperimentalComposeUiApi
Modifier.motionEventSpy(watcher: (motionEvent: MotionEvent) -> Unit)

レイアウト領域または子 pointerInput が受け取る MotionEvent ごとに watcher を呼び出します。

スコープ: 任意
@ExperimentalComposeUiApi
Modifier.onRelocationRequest(
    onProvideDestination: (rect: Rect, layoutCoordinates: LayoutCoordinates) -> Rect,
    onPerformRelocation: suspend (sourceRect: Rect, destinationRect: Rect) -> Unit
)

この関数は非推奨になりました。代わりに BringIntoViewResponder を使用してください。

スコープ: 任意
Modifier.edgeSwipeToDismiss(
    swipeToDismissBoxState: SwipeToDismissBoxState,
    edgeWidth: Dp
)

スワイプによる非表示が、ビューポートのエッジからのみアクティブになるよう制限します。

スコープ: 任意

システム ジェスチャーからレイアウトの長方形を除外します。

スコープ: 任意

ローカル レイアウト座標内の長方形をシステム ジェスチャーから除外します。

スコープ: 任意
@ExperimentalLayoutApi

パディングを追加せずに、windowInsetsPadding と同様の他のインセット修飾子により利用されていないインセットを利用します。

スコープ: 任意
@ExperimentalLayoutApi

インセットに関係なくパディングが追加された場合と同様に、paddingValues をインセットとして利用します。