lightbulb_outline Help shape the future of the Google Play Console, Android Studio, and Firebase. Start survey

リストビュー

ListView は、スクロール可能なアイテムのリストを表示するビューグループです。 Adapter を使用して、配列やデータベース クエリのようなソースからコンテンツを取得し、各アイテムの結果をリストの中のビューに変換することで、リスト アイテムは自動的にリスト内に挿入されます。

アダプタを使用してビューを動的に挿入する方法の概要については、アダプタを使ったレイアウトをビルドするをお読みください。

ローダを使用する

CursorLoader を使用することは、アプリのメイン スレッドがクエリでブロックングされるのを防ぐ目的で、Cursor へのクエリを非同期的なタスクとして実行する標準的な方法です。 CursorLoaderCursor の結果を受信すると、LoaderCallbacksonLoadFinished() へのコールバックを受信します。すると、Adapter が新しい Cursor でアップデートされ、リストビューが結果を表示します。

CursorLoader API は Android 3.0 (API レベル 11)で初めて導入されましたが、サポート ライブラリでも提供されているので、Android 1.6 以降を搭載する端末をサポートするアプリでも使用できます。

Loader を非同期的なデータ読み込みに使用する方法については、ローダのガイドで詳細をご覧ください。

以下の例では、ListActivity を使用しています。このアクティビティは、デフォルトでの唯一のレイアウト要素として ListView を含んでいます。 これにより、連絡先プロバイダにクエリを実行して、名前と電話番号のリストを取得します。

このアクティビティは、リストビューのデータを動的に読み込む CursorLoader を使用する目的で、LoaderCallbacks インターフェースを実装しています。

public class ListViewLoader extends ListActivity
        implements LoaderManager.LoaderCallbacks<Cursor> {

    // This is the Adapter being used to display the list's data
    SimpleCursorAdapter mAdapter;

    // These are the Contacts rows that we will retrieve
    static final String[] PROJECTION = new String[] {ContactsContract.Data._ID,
            ContactsContract.Data.DISPLAY_NAME};

    // This is the select criteria
    static final String SELECTION = "((" +
            ContactsContract.Data.DISPLAY_NAME + " NOTNULL) AND (" +
            ContactsContract.Data.DISPLAY_NAME + " != '' ))";

    @Override
    protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);

        // Create a progress bar to display while the list loads
        ProgressBar progressBar = new ProgressBar(this);
        progressBar.setLayoutParams(new LayoutParams(LayoutParams.WRAP_CONTENT,
                LayoutParams.WRAP_CONTENT, Gravity.CENTER));
        progressBar.setIndeterminate(true);
        getListView().setEmptyView(progressBar);

        // Must add the progress bar to the root of the layout
        ViewGroup root = (ViewGroup) findViewById(android.R.id.content);
        root.addView(progressBar);

        // For the cursor adapter, specify which columns go into which views
        String[] fromColumns = {ContactsContract.Data.DISPLAY_NAME};
        int[] toViews = {android.R.id.text1}; // The TextView in simple_list_item_1

        // Create an empty adapter we will use to display the loaded data.
        // We pass null for the cursor, then update it in onLoadFinished()
        mAdapter = new SimpleCursorAdapter(this,
                android.R.layout.simple_list_item_1, null,
                fromColumns, toViews, 0);
        setListAdapter(mAdapter);

        // Prepare the loader.  Either re-connect with an existing one,
        // or start a new one.
        getLoaderManager().initLoader(0, null, this);
    }

    // Called when a new Loader needs to be created
    public Loader<Cursor> onCreateLoader(int id, Bundle args) {
        // Now create and return a CursorLoader that will take care of
        // creating a Cursor for the data being displayed.
        return new CursorLoader(this, ContactsContract.Data.CONTENT_URI,
                PROJECTION, SELECTION, null, null);
    }

    // Called when a previously created loader has finished loading
    public void onLoadFinished(Loader<Cursor> loader, Cursor data) {
        // Swap the new cursor in.  (The framework will take care of closing the
        // old cursor once we return.)
        mAdapter.swapCursor(data);
    }

    // Called when a previously created loader is reset, making the data unavailable
    public void onLoaderReset(Loader<Cursor> loader) {
        // This is called when the last Cursor provided to onLoadFinished()
        // above is about to be closed.  We need to make sure we are no
        // longer using it.
        mAdapter.swapCursor(null);
    }

    @Override
    public void onListItemClick(ListView l, View v, int position, long id) {
        // Do something when a list item is clicked
    }
}

注: このサンプルは、連絡先プロバイダでクエリを実行するので、このコードを使用したい場合は、アプリはマニフェスト ファイルで、次のような READ_CONTACTS パーミッションをリクエストする必要があります。
<uses-permission android:name="android.permission.READ_CONTACTS" />