<uses-permission-sdk-23>

構文:
<uses-permission-sdk-23 android:name="string"
        android:maxSdkVersion="integer" />
含まれているファイル:
<manifest>
説明:
Android 6.0(API レベル 23)以降の端末にアプリがインストールされている場合にのみ、アプリに特定のパーミッションが必要であることを指定します。API レベル 22 以前の端末の場合、アプリは指定のパーミッションを保有しません。

アップデートしたアプリの新機能に、追加のパーミッションが必要な場合に、この要素が役立ちます。ユーザーは API レベル 22 以前の端末上でアプリをアップデートする場合、アップデートされたアプリで宣言された新しいパーミッションをすべて付与するよう、インストール時に求められます。新機能が非常にマイナーなものであれば、その機能を端末上で完全に無効にするという選択肢もあります。そうすればユーザーは、アプリのアップデート時に追加のパーミッションを付与しなくて済みます。<uses-permission> の代わりに <uses-permission-sdk-23> 要素を使うと、ランタイム パーミッション モデルをサポートしているプラットフォーム上でアプリが実行されている場合のみ、パーミッションをリクエストできます。このモデルでは、アプリの実行中にユーザーがアプリにパーミッションを付与します。

パーミッションに関する詳細については、概要説明のページのパーミッションのセクションや、別ページのシステム パーミッションの API ガイドをご覧ください。ベース プラットフォームで定義されているパーミッションのリストは、android.Manifest.permission でご覧いただけます。

属性:
android:name
パーミッションの名称。アプリが <permission> 要素で定義するパーミッション、他のアプリが定義するパーミッション、または標準のシステム パーミッション("android.permission.CAMERA""android.permission.READ_CONTACTS" など)になります。
android:maxSdkVersion
このパーミッションがアプリに付与される最高の API レベル。これ以上の API レベルの端末上にアプリがインストールされた場合は、アプリにはパーミッションが付与されないため、関連機能を使用できません。
導入:
API レベル 23
関連ドキュメント: