<permission-tree>

構文:
<permission-tree android:icon="drawable resource"
                 android:label="string resource" ]
                 android:name="string" />
上位の要素:
<manifest>
説明:
権限ツリーのベース名を宣言します。アプリは、このツリー内のすべての名前の所有権を取得します。PackageManager.addPermission() を呼び出すことにより、ツリーに対して新しい権限を動的に追加できます。 ツリー内の名前はピリオド(.)で区切ります。たとえば、ベース名が com.example.project.taxes の場合、以下のような権限を追加できます。

com.example.project.taxes.CALCULATE
com.example.project.taxes.deductions.STORE_RECEIPTS
com.example.project.taxes.deductions.ACCESS_RECORDS

この要素は権限自体を宣言するのではなく、権限の分類先として指定可能な名前空間のみを宣言します。権限の宣言について詳しくは、<permission> 要素をご覧ください。

属性:
android:icon
ツリー内のすべての権限を表すアイコン。この属性は、画像の定義を含むドローアブル リソースへの参照として設定する必要があります。
android:label
グループのユーザー可読形式の名前。便宜上、アプリの開発中はラベルを未加工の文字列として直接設定できます。ただし、アプリを公開する準備が整ったら、ラベルを文字列リソースへの参照として設定します。そうすることで、ユーザー インターフェース内の他の文字列と同じようにローカライズできるようになります。
android:name
権限ツリーのベースとなる名前。ツリー内のすべての権限名の接頭辞として機能します。Java スタイルのスコープを使用して、名前を一意にします。名前のパスには、ピリオドで区切られたセグメントが 2 つより多く含まれている必要があります。たとえば、com.example.base は問題ありませんが、com.example は使用できません。
導入時の API レベル:
API レベル 1
関連項目:
<permission>
<permission-group>
<uses-permission>