Skip to content

Most visited

Recently visited

navigation

Android のマテリアル デザイン

デベロッパー ドキュメント

マテリアル デザインを使用したアプリの作成

ビデオ

マテリアル デザインについて

ビデオ

紙とインク: 重要なマテリアル

ビデオ

Google I/O アプリのマテリアル デザイン

マテリアル デザインは、複数のプラットフォームや端末の視覚、モーション、インタラクション デザインの包括的な指針です。 Android はマテリアル デザイン アプリに対応するようになりました。 Android アプリでマテリアル デザインを使うには、マテリアル デザインの仕様で定義されているガイドラインに従い、Android 5.0(API レベル 21)以降の新しいコンポーネントや機能を使用します。

Android にはマテリアル デザインのアプリのビルドに使用できる次の要素が用意されています。

Android でのマテリアル デザインの実装については、マテリアル デザインを使用したアプリの作成をご覧ください。

マテリアル テーマ

マテリアル テーマには、アプリの新しいスタイルであるシステム ウィジェットがあります。このシステム ウィジェットを使うと、システム ウィジェットのカラーパレットを設定したり、タッチ フィードバックやアクティビティ遷移のためのデフォルトのアニメーションを設定したりできます。

暗い色のマテリアル テーマ

明るい色のマテリアル テーマ


詳細については、マテリアル テーマの使用をご覧ください。

リストとカード

Android はマテリアル デザインのスタイルとアニメーションを含むカードとリストを表示する、次のような新しい 2 つのウィジェットを提供しています。

新しい RecyclerView ウィジェットは ListView に比べてさらに柔軟に機能を追加できるようになっており、さまざまなレイアウト タイプをサポートしてパフォーマンスを向上させます。

新しい CardView ウィジェットではカードの外観や操作性が統一され、カード内の重要な情報を表示できるようになりました。


詳細については、リストとカードの作成をご覧ください。

シャドウの表示

Android のビューに、X と Y のプロパティに加えて Z プロパティが追加されました。 この新しいプロパティはビューのエレベーションを表し、次の要素を指定します。

端末の画像をクリックすると動画を再生できます

詳細については、シャドウとクリッピング ビューの定義をご覧ください。

アニメーション

新しいアニメーション API を使って、UI コントロールのタッチ フィードバック、ビューの状態変化、アクティビティ間の遷移時のカスタム アニメーションを作成できます。

この API で次のようなことができます。

タッチ フィードバック アニメーションはボタンなどの複数の標準ビューに組み込まれています。新しい API を使うと、これらのアニメーションをカスタマイズして、カスタム ビューに追加できます。

詳細については、カスタム アニメーションの定義をご覧ください。

ドローアブル

次の新しいドローアブル機能を使用してマテリアル デザイン アプリを実装できます。

詳細については、ドローアブルの使用をご覧ください。

This site uses cookies to store your preferences for site-specific language and display options.

Get the latest Android developer news and tips that will help you find success on Google Play.

* Required Fields

Hooray!

WeChat で Google Developers をフォローする

Browse this site in ?

You requested a page in , but your language preference for this site is .

Would you like to change your language preference and browse this site in ? If you want to change your language preference later, use the language menu at the bottom of each page.

This class requires API level or higher

This doc is hidden because your selected API level for the documentation is . You can change the documentation API level with the selector above the left navigation.

For more information about specifying the API level your app requires, read Supporting Different Platform Versions.

Take a short survey?
Help us improve the Android developer experience. (Dec 2017 Android Platform & Tools Survey)