複雑な XML リソースをインライン化する

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

リソースタイプによっては、複数の XML ファイルで表現される複数の複雑なリソースによって構成されている場合があります。その一例として、アニメーション化ベクター型ドローアブルがあります。これは、ベクター型ドローアブルとアニメーションをカプセル化したドローアブル リソースです。このリソースの場合、XML ファイルを少なくとも 3 つ使用する必要があります。

res/drawable/avd.xml
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<animated-vector xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    android:drawable="@drawable/vectordrawable" >
    <target
        android:name="rotationGroup"
        android:animation="@anim/rotation" />
</animated-vector>
res/drawable/vectordrawable.xml
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<vector xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    android:height="64dp"
    android:width="64dp"
    android:viewportHeight="600"
    android:viewportWidth="600" >

   <group
        android:name="rotationGroup"
        android:pivotX="300.0"
        android:pivotY="300.0"
        android:rotation="45.0" >
        <path
            android:fillColor="#000000"
            android:pathData="M300,70 l 0,-70 70,70 0,0 -70,70z" />

   </group>
</vector>
res/anim/rotation.xml
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<objectAnimator xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/android"
    android:duration="6000"
    android:propertyName="rotation"
    android:valueFrom="0"

   android:valueTo="360" />

アニメーション化ベクター型ドローアブルを 1 つ作成するだけですが、数多くのファイルを用意する必要があります。この方法は、ベクター型ドローアブルやアニメーションを別の場所で再利用するのであれば、アニメーション化ベクター型ドローアブルを実装する方法として最適です。一方、各リソースを 1 つのアニメーション化ベクター型ドローアブルに使用するだけであれば、もっとコンパクトな方法で実装することができます。

AAPT のインライン リソース形式を使用することで、3 つのリソースをすべて同じ XML ファイル内で定義できます。アニメーション化ベクター型ドローアブルを作成する場合は、このファイルを res/drawable/ の下に配置します。

res/drawable/avd.xml
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<animated-vector xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    xmlns:aapt="http://schemas.android.com/aapt" >

    <aapt:attr name="android:drawable" >
        <vector
            android:height="64dp"
            android:width="64dp"
            android:viewportHeight="600"
            android:viewportWidth="600" >

           <group
                android:name="rotationGroup"
                android:pivotX="300.0"
                android:pivotY="300.0"
                android:rotation="45.0" >
                <path
                    android:fillColor="#000000"
                    android:pathData="M300,70 l 0,-70 70,70 0,0 -70,70z" />

           </group>
        </vector>
    </aapt:attr>

    <target android:name="rotationGroup">
        <aapt:attr name="android:animation" >
            <objectAnimator
                android:duration="6000"
                android:propertyName="rotation"
                android:valueFrom="0"

               android:valueTo="360" />
        </aapt:attr>
    </target>
</animated-vector>

<aapt:attr > XML タグは、このタグの子をリソースとして扱い、それぞれ独自のリソース ファイルに抽出するよう、AAPT に伝えます。属性名の値は、親タグ内でインライン リソースを使用する場所を指定します。

AAPT が、すべてのインライン リソースを対象としてリソース ファイルとリソース名を生成します。このインライン形式を使用して作成されたアプリは、すべての Android バージョンと互換性を持ちます。