Google Play でのビジネス拡大に役立つ無料のウェブセミナーにぜひご参加ください。今すぐ登録

通知を使ってアプリの表示頻度とユーザーのエンゲージメントを高める

  • エンゲージメント
  • デザイン
  • マーケティング

アプリを差別化しユーザー定着率を向上させる、エンゲージメント向上の戦略の一環として通知を利用しましょう。ユーザーがアプリを積極的に使用していない場合でも、お知らせや最新情報を紹介するメッセージやエンゲージメントを高めたり、操作を促したりするメッセージを使ってユーザーにリーチします。

解説

ユーザーがスマートフォンにインストールするアプリの数が増えるにつれて、それぞれのアプリのマインドシェアは低下します。トラッキング可能なプッシュ通知を適切な計画のもとで実装してユーザーと関わることは、エンゲージメントと定着率の向上と、アプリユーザーのチャーン率の低下に極めて大きな効果を期待できます。

手順

  1. 目標を定めます。通知は短期的に開封率を高めるだけでなく、長期的にユーザー エンゲージメントと定着率を向上させる戦略の一環として使用することも検討します。
  2. 最適な方法を検討します。目標を達成するうえでプッシュ通知が最適なのか、アプリ内メッセージやメールなどのチャンネルのほうが適していないかを検討します。
  3. 複数のチャンネルで同じメッセージを同時に送信していないか、そうした通知がすべて必要かを検討します。
  4. 目標に基づいてユーザーを適切なカテゴリに分類します。そうすることで、各セグメントの関心に合ったメッセージを送信できます。ユーザーのペルソナと関心に基づいてセグメントを作成します。登録オプションをユーザーに提供してメッセージ トピックを分割することを検討します。
  5. 通知を有効にするメリットをユーザーに提供しているか確認します。また、通知を無効にする方法を提供しているかも確認します。
  6. 各ユーザー セグメントに適した通知メッセージを作成します
  7. Firebase Notifications の使用を検討します。Firebase Notifications は、1 行のコードを使用して Firebase Cloud Messaging SDK をセットアップするだけで使用できます。セットアップ後は Notifications のコンソールから通知を送信できます。

おすすめの方法

  • 関連性のあるメッセージを送信します。ユーザーにとって重要なメッセージのみを送信します。ユーザーが以前に特定のコンテンツについての関心を示した場合は、リクエストされたコンテンツに関係のない通知は制限します。ユーザーが関心のある通知が届くようにするには、利用開始時の設定でユーザーがオプションやフィルタを選択できるようにするのも 1 つの方法です。
  • 通知で操作を促すことを重視します。お知らせや最新情報を紹介する通知も有用ですが、ユーザーに操作を促す通知はさらにエンゲージメントを高めます。操作を追加する際は、アプリを起動せずにユーザーが通知上で直接操作できるようにするほうが効果的でないかを検討します。操作によってアプリを起動する場合は、関係のあるコンテンツがユーザーに表示されるようにします。ただし、操作でアプリを起動しない場合は、エンゲージメントの指標内でそのことを考慮します。
  • カスタマイズを使用します。通知をカスタマイズして、ユーザーにとってより関連性の高い内容にします。たとえば、メッセージの通知では送信者の画像を追加し、ユーザーに直接呼びかけます。アプリ内コンテンツのカスタマイズもエンゲージメントと定着率の向上が期待できるため、重要です。ユーザーの状況を考慮し、ユーザーが自分の関心に沿ってコンテンツをさらにカスタマイズできる機会を提供します。
  • 時間帯を考慮します。通知を送信するタイミングを計画する際は、ユーザーのタイムゾーンと受信後の行動を考慮します。さらに、「後で読む」や「1 時間後に通知する」などのワンタップで行える代わりの操作を用意しておき、送信のタイミングが原因で問題が起きるのを防ぎます。時間的な制約のある内容に通知を使用する場合、通知をいつ受け取るかは必ずユーザーが設定できるようにします。
  • メッセージの優先度を設定します。緊急の通知の優先度を高くして、目立つようにします。ただし、やりすぎないようにします。また、通知 LED があるデバイスでは、優先度の高い通知に通知 LED を使用します。
  • 通知が多くなりすぎないようにします。ユーザーに送信する通知の数に注意し、同じ種類のイベントの通知が重複しないようにします。代わりに、通知内容の一部を変更するか、新たな内容を追加することによって、前の通知を更新することを検討します。
  • 通知のグループ化を使用します。類似する内容のメッセージを 1 つに要約し、複数の通知をグループ化した 1 つのカードとしてユーザーに表示します。ユーザーはグループ化された通知を展開して、通知の詳細を個別に表示できます。こうすることで、ユーザーが通知の内容にうんざりして通知をオフにするのを防止できます。
  • 固有のアイコンを使用します。通知にそのアプリ固有のアイコンやロゴを追加して、どのアプリの通知なのかがすぐにわかるようにします。

今すぐ開始

Android の通知