Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

<path-permission>

構文:
    <path-permission android:path="string"
                     android:pathPrefix="string"
                     android:pathPattern="string"
                     android:permission="string"
                     android:readPermission="string"
                     android:writePermission="string" />
    
上位の要素:
<provider>
説明:
コンテンツ プロバイダ内の特定のデータ サブセットのパスと必要なパーミッションを定義します。この要素を複数回指定することで、複数のパスを指定できます。
属性:
android:path
コンテンツ プロバイダ データのサブセットの完全 URI パス。このパスで識別される特定のデータに対してのみ、パーミッションを付与できます。検索候補コンテンツの提供に使用する場合は、「/search_suggest_query」を付加する必要があります。
android:pathPrefix
コンテンツ プロバイダ データのサブセットの URI パスの最初の部分。この最初の部分を共有するパスを持つすべてのデータ サブセットに対してパーミッションを付与できます。
android:pathPattern
コンテンツ プロバイダ データのサブセットの完全 URI パスを指定しますが、以下のワイルドカードを使用できます。
  • アスタリスク(「*」)。直前の文字がゼロ個以上続くシーケンスに一致します。
  • ピリオドの後ろにアスタリスク(.*)。ゼロ個以上の文字のシーケンスに一致します。

文字列を XML から読み取る際、パターンとして解析する前に、「\」はエスケープ文字として使用されるため、ダブル エスケープする必要があります。たとえば、実際の「*」は表記上は「\\*」と記述し、実際の「\」は表記上は「\\」と記述します。これは、Java コードで文字列を作成する際に必要となる記述方法と基本的に同じです。

上記のタイプのパターンの詳細については、PatternMatcher クラスの PATTERN_LITERALPATTERN_PREFIXPATTERN_SIMPLE_GLOB をご覧ください。

android:permission
コンテンツ プロバイダのデータを読み書きする際にクライアントが必要とするパーミッションの名前。この属性は、1 つのパーミッションで読み取りと書き込みの両方を設定する際に便利です。ただし、readPermission 属性と writePermission 属性の方がこの属性よりも優先されます。
android:readPermission
コンテンツ プロバイダに対してクエリを行う際にクライアントが必要とするパーミッション。
android:writePermission
コンテンツ プロバイダが管理しているデータに変更を加える際にクライアントが必要とするパーミッション。
導入時の API レベル:
API レベル 4
関連項目:
SearchManager
Manifest.permission セキュリティとパーミッション