レイアウトのパフォーマンスを改善する

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

レイアウトは Android アプリの要であり、ユーザー エクスペリエンスに直接影響を与えます。レイアウトを適切に実装しないと、アプリが消費するメモリの量が多くなり、UI の動作が遅くなります。Android SDK には、レイアウト パフォーマンスの問題を特定するうえで役立つツールが含まれています。ここでのレッスン内容を組み合わせることで、メモリ フットプリントを最小限に抑えたスムーズなスクロール インターフェースを実装できます。

レッスン

レイアウト階層を最適化する
複雑なウェブページでは読み込み時間が長くなるように、レイアウト階層が複雑すぎるとパフォーマンスの問題が発生する可能性があります。このレッスンでは、SDK Tools を使用してレイアウトを検査し、パフォーマンスのボトルネックを特定する方法について説明します。
<include/> を使用してレイアウトを再利用する
アプリケーション UI において複数の箇所で特定のレイアウト構成が繰り返される場合を想定して、このレッスンでは効率的で再利用可能なレイアウト構成を作成し、適切な UI レイアウト内に追加する方法を示します。
オンデマンドでビューをロードする
レイアウト内に別のレイアウト コンポーネントをネストするだけでなく、アクティビティが実行された後など、必要なときにだけ、ネスト レイアウトを表示できます。このレッスンでは、レイアウトの一部をオンデマンドでロードすることで、レイアウトの初期化パフォーマンスを改善する方法について説明します。