6 月 3 日の「#Android11: The Beta Launch Show」にぜひご参加ください。

Android Jetpack を使ってみる

Jetpack には Android ライブラリのコレクションが含まれており、これらのライブラリを Android アプリで利用すると、おすすめの方法を取り入れて、下位互換性を提供できるようになります。

Jetpack によるアプリのアーキテクチャ ガイドでは、Android アプリを構築する際に考慮するおすすめの方法と推奨アーキテクチャについて概説しています。

以下のセクションでは、Jetpack コンポーネントを使ってみる方法について説明します。

アプリで Jetpack ライブラリを使用する

Jetpack のコンポーネントはすべて Google Maven リポジトリで入手できます。

プロジェクトbuild.gradle ファイルを開き、下記のように google() リポジトリを追加します。

    allprojects {
        repositories {
            google()
            jcenter()
        }
    }
    

次に Jetpack コンポーネントを追加します。たとえば下記に示すように、LiveDataViewModel のようなアーキテクチャ コンポーネントを追加します。

    dependencies {
        def lifecycle_version = "2.2.0"
        implementation "androidx.lifecycle:lifecycle-livedata-ktx:$lifecycle_version"
        implementation "androidx.lifecycle:lifecycle-viewmodel-ktx:$lifecycle_version"
        ...
    }
    

上記の lifecycle-livedata-ktxlifecycle-viewmodel-ktx のように、Jetpack ライブラリの多くは Android KTX 拡張機能を提供します。KTX 拡張機能は Java API をベースとし、Kotlin 固有の言語機能を活用して構築されています。

新しい Jetpack ライブラリのリリースについては、リリースに関するページをご確認ください。

Jetpack のどのライブラリでも、Kotlin ベースの API と Java ベースの API のリファレンス ページが用意されています。

Jetpack を活用する

Jetpack ライブラリは、アプリのさまざまなニーズに応えるために、単独で使用することも、組み合わせて使用することもできます。

  • WorkManager: バックグラウンドでのスケジューリングのニーズに応じます。
  • Room: データ ストレージを永続化します。
  • Navigation: アプリのナビゲーション フローを管理します。
  • CameraX: カメラアプリのニーズに応じます。
  • すべての Jetpack ライブラリの概要をご覧ください。

Jetpack ライブラリは、androidx 名前空間内に公開されます。プロジェクトが現在 Android サポート ライブラリを使用している場合は、androidx 名前空間への移行方法についての説明をご覧ください。

Jetpack の使用方法について詳しくは、下記のページをご覧ください。

その他のリソース

オンライン トレーニング

サンプルコード

  • Sunflower デモアプリでは、Android での開発に関するおすすめの方法を説明するために、各種の Jetpack コンポーネントが使用されています。

Codelab

動画