Android のマテリアル デザイン

デベロッパー ドキュメント

マテリアル デザインを使用したアプリの作成

ビデオ

マテリアル デザインについて

ビデオ

紙とインク: 重要なマテリアル

ビデオ

Google I/O アプリのマテリアル デザイン

マテリアル デザインは、複数のプラットフォームや端末の視覚、モーション、インタラクション デザインの包括的な指針です。 Android はマテリアル デザイン アプリに対応するようになりました。 Android アプリでマテリアル デザインを使うには、マテリアル デザインの仕様で定義されているガイドラインに従い、Android 5.0(API レベル 21)以降の新しいコンポーネントや機能を使用します。

Android にはマテリアル デザインのアプリのビルドに使用できる次の要素が用意されています。

  • 新しいテーマ
  • 複雑なビューに対応した新しいウィジェット
  • カスタムのシャドウとアニメーション用の新しい API

Android でのマテリアル デザインの実装については、マテリアル デザインを使用したアプリの作成をご覧ください。

マテリアル テーマ

マテリアル テーマには、アプリの新しいスタイルであるシステム ウィジェットがあります。このシステム ウィジェットを使うと、システム ウィジェットのカラーパレットを設定したり、タッチ フィードバックやアクティビティ遷移のためのデフォルトのアニメーションを設定したりできます。

暗い色のマテリアル テーマ

明るい色のマテリアル テーマ


詳細については、マテリアル テーマの使用をご覧ください。

リストとカード

Android はマテリアル デザインのスタイルとアニメーションを含むカードとリストを表示する、次のような新しい 2 つのウィジェットを提供しています。

新しい RecyclerView ウィジェットは ListView に比べてさらに柔軟に機能を追加できるようになっており、さまざまなレイアウト タイプをサポートしてパフォーマンスを向上させます。

新しい CardView ウィジェットではカードの外観や操作性が統一され、カード内の重要な情報を表示できるようになりました。


詳細については、リストとカードの作成をご覧ください。

シャドウの表示

Android のビューに、X と Y のプロパティに加えて Z プロパティが追加されました。 この新しいプロパティはビューのエレベーションを表し、次の要素を指定します。

  • シャドウのサイズ: ビューの Z 値が高いほどシャドウのサイズが大きくなります。
  • 描画順序: ビューの Z 値が高いほど他のビューの前面に表示されます。
端末の画像をクリックすると動画を再生できます

詳細については、シャドウとクリッピング ビューの定義をご覧ください。

アニメーション

新しいアニメーション API を使って、UI コントロールのタッチ フィードバック、ビューの状態変化、アクティビティ間の遷移時のカスタム アニメーションを作成できます。

この API で次のようなことができます。

  • タッチ フィードバック アニメーションでビューのタップ イベントに応答する。
  • 円形状の出現アニメーションを使ってビューを表示したり、非表示にしたりする。
  • カスタムのアクティビティ遷移アニメーションを使ってアクティビティを切り替える。
  • 曲線モーションを使ってより自然なアニメーションを作成する。
  • ビューの状態変化アニメーションを使って 1 つ以上のビュー プロパティを変化させるアニメーションを作成する。
  • ビューの状態を変化させるアニメーションを状態リスト ドローアブルで表示します。

タッチ フィードバック アニメーションはボタンなどの複数の標準ビューに組み込まれています。新しい API を使うと、これらのアニメーションをカスタマイズして、カスタム ビューに追加できます。

詳細については、カスタム アニメーションの定義をご覧ください。

ドローアブル

次の新しいドローアブル機能を使用してマテリアル デザイン アプリを実装できます。

  • ベクター型ドローアブルは定義を失わずにスケールできるので、単色のアプリ アイコンに最適です。
  • ドローアブルによる着色を使ってビットマップをアルファ マスクとして定義し、実行時にそのビットマップに色付けできます。
  • 色の抽出を使ってビットマップ画像から代表色を自動的に抽出できます。

詳細については、ドローアブルの使用をご覧ください。