Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

Hilt と Jetpack の統合

Hilt には、他の Jetpack ライブラリからクラスを提供するための拡張機能が用意されています。Hilt で現在サポートされている Jetpack コンポーネントは次のとおりです。

  • ViewModel
  • WorkManager

この統合を利用するには、Hilt 依存関係を追加する必要があります。依存関係の追加について詳しくは、Hilt を使用した依存関係インジェクションをご覧ください。

Hilt を使用して ViewModel オブジェクトを注入する

Gradle ファイルに次の依存関係を追加します。ライブラリに加えて、Hilt アノテーション プロセッサ上で動作するアノテーション プロセッサを追加する必要があります。

app/build.gradle

...
dependencies {
  ...
  implementation 'androidx.hilt:hilt-lifecycle-viewmodel:1.0.0-alpha01'
  // When using Kotlin.
  kapt 'androidx.hilt:hilt-compiler:1.0.0-alpha01'
  // When using Java.
  annotationProcessor 'androidx.hilt:hilt-compiler:1.0.0-alpha01'
}

ViewModel オブジェクトのコンストラクタで @ViewModelInject アノテーションを使用して ViewModel を提供します。SavedStateHandle 依存関係に @Assisted アノテーションを付ける必要もあります。

Kotlin

class ExampleViewModel @ViewModelInject constructor(
  private val repository: ExampleRepository,
  @Assisted private val savedStateHandle: SavedStateHandle
) : ViewModel() {
  ...
}

Java

public class ExampleViewModel extends ViewModel {

  private final ExampleRepository repository;
  private final SavedStateHandle savedStateHandle;

  @ViewModelInject
  ExampleViewModel(
      ExampleRepository repository,
      @Assisted SavedStateHandle savedStateHandle)
    {
    this.repository = repository;
    this.savedStateHandle = savedStateHandle;
  }
  ...
}

すると、@AndroidEntryPoint アノテーションが付けられたアクティビティまたはフラグメントは、ViewModelProvider または by viewModels() KTX 拡張機能を使用して、通常どおりに ViewModel インスタンスを取得できるようになります。

Kotlin

@AndroidEntryPoint
class ExampleActivity : AppCompatActivity() {
  private val exampleViewModel: ExampleViewModel by viewModels()
  ...
}

Java

@AndroidEntryPoint
public class ExampleActivity extends AppCompatActivity {

  private ExampleViewModel exampleViewModel;

  @Override
  protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
    super.onCreate(savedInstanceState);
    exampleViewModel = new ViewModelProvider(this).get(ExampleViewModel.class);
  }
  ...
}

Hilt を使用して WorkManager を注入する

Gradle ファイルに次の依存関係を追加します。ライブラリに加えて、Hilt アノテーション プロセッサ上で動作するアノテーション プロセッサを追加する必要があります。

app/build.gradle

...
dependencies {
  ...
  implementation 'androidx.hilt:hilt-work:1.0.0-alpha01'
  // When using Kotlin.
  kapt 'androidx.hilt:hilt-compiler:1.0.0-alpha01'
  // When using Java.
  annotationProcessor 'androidx.hilt:hilt-compiler:1.0.0-alpha01'
}

Worker オブジェクトのコンストラクタで @WorkerInject アノテーションを使用して Worker を注入します。Worker オブジェクトでは、@Singleton またはスコープ設定されていないバインディングのみが使用できます。Context 依存関係と WorkerParameters 依存関係に @Assisted アノテーションを付ける必要もあります。

Kotlin

class ExampleWorker @WorkerInject constructor(
  @Assisted appContext: Context,
  @Assisted workerParams: WorkerParameters,
  workerDependency: WorkerDependency
) : Worker(appContext, workerParams) { ... }

Java

public class ExampleWorker extends Worker {

  private final WorkerDependency workerDependency;

  @WorkerInject
  ExampleWorker(
    @Assisted @NonNull Context context,
    @Assisted @NonNull WorkerParameters params,
    WorkerDependency workerDependency
  ) {
    super(context, params);
    this.workerDependency = workerDependency;
  }
  ...
}

そして、次のように、Application クラスで Configuration.Provider インターフェースを実装し、HiltWorkFactory のインスタンスを注入して、WorkManager 設定に渡します。

Kotlin

@HiltAndroidApp
class ExampleApplication : Application(), Configuration.Provider {

  @Inject lateinit var workerFactory: HiltWorkerFactory

  override fun getWorkManagerConfiguration() =
      Configuration.Builder()
            .setWorkerFactory(workerFactory)
            .build()
}

Java

@HiltAndroidApp
public class ExampleApplication extends Application implements Configuration.Provider {

  @Inject HiltWorkerFactory workerFactory;

  @Override
  public Configuration getWorkManagerConfiguration() {
    return Configuration.Builder()
             .setWorkerFactory(workerFactory)
             .build();
  }
}