アプリを公開する

公開とは、Android アプリをユーザーが利用できる状態にする一般的な手順のことです。Android アプリを公開する際は、次の 2 つの主要タスクを実施します。

  • リリース用アプリを準備する。

    準備段階では、リリース版アプリをビルドします。これは、ユーザーが Android 搭載デバイスにダウンロードしてインストールできるバージョンのアプリです。

  • アプリをユーザーにリリースする。

    リリース段階では、リリース版アプリをユーザーに公開、販売、配信します。

このページでは、アプリの公開を準備するプロセスの概要を示します。Google Play での公開を予定している場合は、Google Play のリリース チェックリストもご覧ください。

リリース用アプリを準備する

リリース用アプリを準備するプロセスはいくつかのステップに分かれており、各ステップで以下のようなタスクを実施します。

  • リリース用アプリを設定する。

    少なくとも、マニフェスト ファイルから Log 呼び出しと android:debuggable 属性を削除する必要があります。また、<manifest> 要素内で android:versionCode 属性と android:versionName 属性の値を指定する必要もあります。Google Play の要件や、アプリをリリースする方法に合わせて、追加の設定が必要になる場合もあります。

    Gradle ビルドファイルを使用する場合は、release ビルドタイプを使用して、公開版アプリのビルド設定を行います。

  • リリース版アプリをビルドおよび署名する。

    release ビルドタイプを指定した Gradle ビルドファイルを使用して、リリース版アプリのビルドと署名を行います。Android Studio からビルドして実行するをご覧ください。

  • リリース版アプリをテストする。

    アプリを配信する前に、リリース版アプリを徹底的にテストする必要があります。スマートフォンとタブレットのそれぞれについて、少なくとも 1 つのデバイスでテストを実施してください。

  • リリース用アプリのリソースを更新する。

    すべてのアプリリソース(マルチメディア ファイルや画像など)が更新済みで、アプリに組み込まれている(または、適切な製品版サーバーにステージングされている)ことを確認する必要があります。

  • アプリが依存するリモート サーバーおよびサービスを準備する。

    アプリが外部のサーバーやサービスを使用する場合は、それらが安全で、製品版に対応していることを確認する必要があります。

準備を進めるにあたっては、上記以外にもさまざまなタスクが必要になることがあります。たとえば、アプリの署名に使用する秘密鍵の取得などです。また、アプリのアイコンを作成する場合や、人、組織、知的財産権の保護のためにエンドユーザー ライセンス契約(EULA)を準備する場合もあります。

アプリをリリースする準備が整ったら、ユーザーに配信できる状態の .apk ファイルに署名します。

アプリのリリースを準備する手順の詳細については、デベロッパー ガイドのリリースの準備をご覧ください。リリース版アプリを設定およびビルドするための手順が順を追って説明されています。

アプリをユーザーにリリースする

Android アプリをリリースする方法はいくつかあります。通常は Google Play などのアプリ マーケットプレイスを通じてリリースしますが、独自のウェブサイトでリリースする、アプリをユーザーに直接送信する、などを行うこともできます。

アプリ マーケットプレイスを通じてリリースする

アプリをできるだけ多くのユーザーに配信したい場合は、Google Play などのアプリ マーケットプレイスを通じてリリースするのが理想的です。

Google Play は Android アプリ向けの最大級のマーケットプレイスであり、アプリを世界中の多数のユーザーに配信したい場合は特に有用です。ただし、他のアプリ マーケットプレイスでもアプリを配信することは可能です。複数のマーケットプレイスを利用することもできます。

Google Play でアプリをリリースする

Google Play は、Android アプリを世界中のユーザーに公開、販売、配信できる安定した公開プラットフォームです。Google Play を通じてアプリをリリースすると、デベロッパー ツールのスイートを利用して売上を分析する、マーケットの傾向を把握する、アプリの配信先を制限することができます。また、アプリ内課金のような収益向上機能や、アプリ ライセンスを活用することも可能です。豊富なツールや機能に加えて、多くのエンドユーザー コミュニティ機能を利用できることが Google Play の大きなメリットであり、Android アプリを売買するマーケットとしての優位性を保つ要因になっています。

Google Play でのアプリのリリースは、次の 3 つの基本ステップで構成されるシンプルなプロセスです。

  • 宣伝素材を準備する。

    Google Play のマーケティング機能と宣伝機能をフル活用するには、アプリの宣伝素材として使用するスクリーンショット、動画、画像、プロモーション テキストなどを作成する必要があります。

  • オプションを設定し、アセットをアップロードする。

    Google Play では、全世界規模のユーザーやデバイスをアプリのターゲットにすることができます。Google Play のさまざまな設定を利用して、販売対象にする国、掲載情報に使用する言語、各国での価格などを選択できます。掲載情報の詳細(アプリのタイプ、カテゴリ、コンテンツの評価など)も設定できます。設定が完了したら、宣伝素材とアプリをドラフトアプリ(未公開アプリ)としてアップロードできます。

  • リリース版アプリを公開する。

    公開設定に問題がないことを確認できたら、いよいよアップロード済みのアプリを公開します。Play Console の [公開] をクリックすると、数分でアプリが公開され、世界中でダウンロードが可能になります。

詳細については、Google Play をご覧ください。

ウェブサイトでリリースする

アプリを Google Play などのマーケットプレイスでリリースしたくない場合は、独自のウェブサイトまたはサーバー(個人や企業のサーバー)からアプリをダウンロードできるようにすることもできます。その場合も、まずは通常の方法でリリース用アプリを準備する必要があります。準備が整ったら、リリース可能な APK ファイルをウェブサイトでホストし、ダウンロード リンクをユーザーに知らせるだけで、リリースが完了します。

ユーザーが Android 搭載デバイスでダウンロード リンクをタップすると、ファイルがダウンロードされて、Android システムによりデバイスへのインストールが自動的に開始されます。ただし、インストール プロセスが自動的に開始されるのは、ユーザーのデバイスが提供元不明のアプリのインストールを許可する設定になっている場合のみです。

独自のウェブサイトでアプリをリリースするのは比較的簡単ですが、非効率的な面もあります。たとえば、アプリを収益化するにはすべての金融取引を自分で処理およびトラッキングする必要があり、アプリ内アイテムを販売するために Google Play のアプリ内課金サービスを利用することはできません。また、アプリの不正なインストールと使用を防止するためにライセンス サービスを利用することもできません。

提供元不明のアプリとソースに対するユーザーのオプトイン

Android には、Google Play などの信頼できるファーストパーティ アプリストア以外の提供元から、ユーザーがアプリを不注意にダウンロードまたはインストールすることを防止する機能があります。そうした提供元からのアプリのインストールは、ユーザーが許可するまでブロックされます。このオプトイン プロセスは、ユーザーのデバイスで実行されている Android のバージョンによって異なります。

提供元不明のアプリのインストールを許可する設定画面のスクリーンショット。

図 1. [不明なアプリのインストール] システム設定画面(この画面で、ユーザーは特定の提供元に対して不明なアプリをインストールする権限を付与できます)

  • Android 8.0(API レベル 26)以上を実行しているデバイスでは、特定の提供元からのアプリのインストールを有効にするには、[不明なアプリのインストール] システム設定画面に移動する必要があります。
  • Android 7.1.1(API レベル 25)以下を実行しているデバイスでは、[提供元不明のアプリ] システム設定を有効にするか、提供元不明のアプリのインストールを一度に 1 つだけ許可する必要があります。

不明なアプリのインストール

Android 8.0(API レベル 26)以上を実行しているデバイスでは、ユーザーはファーストパーティ アプリストアでない提供元からアプリをインストールする権限を付与する必要があります。そのためには、[不明なアプリのインストール] システム設定画面で、その提供元に対して [アプリのインストールを許可する] 設定を有効にします。図 1 はこのプロセスを示しています。

注: ユーザーは、特定の提供元に対して、この設定をいつでも変更できます。したがって、不明なアプリをインストールする提供元は、canRequestPackageInstalls() を呼び出して、ユーザーが不明なアプリをインストールする権限を提供元に付与しているかどうかを常にチェックする必要があります。このメソッドが false を返した場合、提供元は、[アプリのインストールを許可する] 設定を提供元に対して再度有効にするようユーザーに要求します。

提供元不明のアプリ

提供元不明のアプリのダウンロードとインストールを許可する設定を示すスクリーンショット。

図 2. [提供元不明のアプリ] 設定(ユーザーが Google Play 以外でダウンロードしたアプリをインストールできるかどうかを示します)

Android 7.1.1(API レベル 25)以下を実行しているデバイスでは、ファースト パーティ以外の提供元からアプリをインストールできるようにするには、図 2 に示すように、[設定] > [セキュリティ] の [提供元不明のアプリ] 設定を有効にする必要があります。

注: Android 7.1.1(API レベル 25)以下を実行しているデバイスで提供元不明のアプリをインストールしようとすると、インストールを許可する提供元不明のアプリが 1 つだけかどうかを確認するダイアログが表示されることがあります。ほとんどの場合は、このダイアログが表示されても、提供元不明のアプリのインストールを許可するのは一度に 1 つだけにしてください。

どちらのケースでも、ユーザーは不明なアプリを自分のデバイスにダウンロードしてインストールする前に、該当の設定を変更する必要があります。

注: 一部のネットワーク プロバイダは、不明な提供元からのアプリのインストールを許可していません。