lightbulb_outline Help shape the future of the Google Play Console, Android Studio, and Firebase. Start survey

アプリを公開する

公開とは、Android アプリをユーザーが入手できるようにする一般的なプロセスです。Android アプリを公開するときは、主に次の 2 つのタスクを実行します。

  • リリース用アプリを準備する。

    準備のステップでは、リリース版アプリをビルドします。ユーザーは Android 対応端末でこのリリース版アプリをダウンロードしてインストールできます。

  • アプリをユーザーにリリースする。

    リリースのステップでは、リリース版アプリをユーザーに公開、販売、配布します。

通常、Google Play などのアプリのマーケット プレイスを利用してアプリをリリースします。ただし、アプリをユーザーに直接送信したり、独自のウェブサイトからダウンロードできるようにしてアプリをリリースすることもできます。

公開プロセスは通常、デバッグ環境でアプリのテストを完了した後に行います。また、ベスト プラクティスとして、公開プロセスを開始する前に、アプリが機能、パフォーマンス、安定性のリリース基準をすべて満たしている必要があります。

リリース用アプリを準備する

リリース用アプリの準備は、次のタスクを含む段階的なプロセスです。

  • リリース用アプリを設定する。

    最低限必要なことは、Log の呼び出しを削除し、マニフェスト ファイルから android:debuggable 属性を削除することです。また、<manifest> 要素内に存在する android:versionCode 属性と android:versionName 属性の値を指定する必要があります。Google Play の要件に合わせたり、アプリのリリース方法を問わずその方法に適応させるため、その他いくつかの設定が必要になる場合があります。

    Gradle ビルドファイルを使用する場合は、release ビルドタイプを使用して、公開版アプリのビルド設定を行います。

  • リリース版アプリをビルドおよび署名する。

    release ビルドタイプを指定した Gradle ビルドファイルを使用して、リリース版アプリのビルドと署名を行います。Android Studio からビルドして実行するをご覧ください。

  • リリース版アプリをテストする。

    アプリを配布する前に、最低でも 1 つのターゲット携帯端末と 1 つのターゲット タブレット端末で、リリース版の完全なテストを実施する必要があります。

  • リリース用アプリのリソースを更新する。

    マルチメディア ファイルやグラフなど、すべてのアプリ リソースが更新されており、アプリに含まれているか適切な本番サーバーに配置されていることを確認する必要があります。

  • アプリが依存するリモート サーバーやサービスを準備する。

    アプリが外部のサーバーやサービスに依存している場合、その安全性と本番環境で使用できることを確認する必要があります。

準備プロセスの一環として、他にもいくつか実行すべきタスクが存在する場合があります。たとえば、アプリの署名に使用する秘密鍵の取得が必要になります。また、アプリのアイコンを作成したり、個人、組織、知的財産を保護するためにエンドユーザー使用許諾契約(EULA)の準備も必要です。

リリース用アプリの準備が完了したら、ユーザーに配布できる .apk ファイルに署名します。

リリース用アプリの準備方法については、開発ガイドのリリースの準備をご覧ください。このトピックでは、リリース版アプリを設定およびビルドする手順を説明します。

アプリをユーザーにリリースする

Android アプリは複数の方法でリリースできます。通常は Google Play など、アプリのマーケット プレイスを利用してアプリをリリースしますが、独自のウェブサイトで、またはアプリをユーザーに直接送信する方法でリリースすることもできます。

アプリのマーケット プレイスを利用してリリースする

できるだけ幅広いユーザーにアプリを配布したい場合は、Google Play などのアプリのマーケット プレイスを利用してリリースするのが理想的です。

Google Play は、Android アプリのナンバー 1 市場で、世界中の多くのユーザーにアプリを配布したい場合には特に便利です。また、好きなマーケット プレイスでアプリを配布したり、複数のマーケット プレイスを使うこともできます。

Google Play でアプリをリリースする

Google Play は、アプリを世界中のユーザーに公開、販売、配布するために役立つ堅牢な公開プラットフォームです。Google Play でアプリをリリースすると、一連のデベロッパー ツールにアクセスでき、販売分析、マーケットのトレンドの特定、アプリの配布先ユーザーの制御などを行えます。また、アプリ内課金アプリのライセンス付与など、収益向上に役立つ機能も利用できます。このような豊富なツールや機能に加えて、多数のエンドユーザー コミュニティ機能を備えた Google Play は、Android アプリを販売および購入する上で最高のマーケット プレイスです。

Google Play でのアプリのリリースは、3 つの基本ステップを実行するだけの簡単なプロセスです。

  • 宣伝素材を準備する。

    Google Play のマーケティングおよび広告機能を最大限に活用するには、スクリーンショット、動画、グラフ、宣伝用テキストなど、アプリの宣伝素材を作成する必要があります。

  • オプションを設定し、アセットをアップロードする。

    Google Play では、世界中のユーザーや端末のグループをアプリのターゲットとして指定できます。Google Play の各種設定を指定することで、配布する国、掲載情報で使用する言語、各国での販売価格などを選択できます。また、アプリの種類、カテゴリ、コンテンツの評価など、掲載情報の詳細も設定できます。オプションの設定が完了したら、宣伝素材と(公開前の)ドラフト版アプリをアップロードできます。

  • リリース版アプリを公開する。

    公開の設定内容が正しいことを確認し、アップロードしたアプリを一般公開する準備ができたら、デベロッパー コンソールで [Publish] をクリックするだけで、数分以内にアプリが有効になり、世界中でダウンロード可能になります。

詳細については、Google Play をご覧ください。

メールでアプリをリリースする

このスクリーンショットは、アプリを送信するときにユーザーに表示されるグラフィック ユーザー インターフェースを示しています。

図 1. アプリをメールで送信すると、ユーザーは [Install] をクリックするだけで済みます。

アプリをリリースする最も早く簡単な方法は、メールでユーザーにアプリを送信することです。これを行うには、リリース用アプリを準備してメールに添付し、ユーザーに送信します。Android 対応端末でユーザーがメールを開くと、Android システムが APK を認識し、メールの本文に [Install Now] ボタンが表示されます(図 1 をご覧ください)。ユーザーはそのボタンをタップしてアプリをインストールできます。

注: 図 1 に示す [Install Now] ボタンは、ユーザーが端末で提供元不明のアプリのインストールを許可するよう設定しており、ネイティブの Gmail アプリでメールを開いた場合にのみ表示されます。

メールでアプリを配布する方法は、少数の信頼できるユーザーだけにアプリを送信したい場合は便利ですが、不正なコピーや配布から保護することはほぼ不可能です。つまり、アプリを送信された人はだれでも簡単に他の人に転送できてしまいます。

ウェブサイトを使用してリリースする

Google Play などのマーケット プレイスにアプリをリリースしない場合は、ウェブサイトやサーバー(個人や企業のサーバー)からのダウンロードも可能です。そのためには、まず通常の方法でリリース用のアプリを準備します。あとは、リリース可能な APK ファイルをウェブサイトでホスティングして、ダウンロード リンクをユーザーに提示するだけです。

Android 対応端末でダウンロード リンクにアクセスすると、ファイルがダウンロードされ、Android システムによって端末へのインストールが自動的に開始されます。ただし、このインストール プロセスが自動的に開始されるのは、ユーザーが [Settings] で提供元不明のアプリのインストールを許可している場合に限ります。

ウェブサイトでアプリをリリースすることは比較的簡単ですが、効率的ではありません。たとえば、アプリを収益化したい場合、すべての金銭的なトランザクションを自分で処理および追跡しなければならず、アプリ内で製品を販売する際に Google Play のアプリ内課金を使用することもできません。さらに、アプリの不正なインストールや不正使用を防ぐライセンス サービスを使用することもできません。

提供元不明のアプリを許可する

このスクリーンショットは、提供元不明のアプリのダウンロードとインストールを許可する設定を示しています。

図 2. Google Play からダウンロードしていないアプリをインストールするには、提供元不明のアプリの設定を有効にしておく必要があります。

Android は、(信頼の置ける)Google Play 以外の場所から誤ってアプリをダウンロードしてインストールしないよう、ユーザーを保護しています。図 2 のように、[Settings] > [Security] で提供元不明のアプリをユーザーが許可するまで、そのようなインストールはブロックされます。ユーザーは端末にアプリをダウンロードする前に、この設定を変更しておく必要があります。

一部のネットワーク プロバイダは、提供元不明のアプリのインストールをユーザーに許可していないため、ご注意ください。