Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

メディア セッション コールバック

動画アプリでは、メディア セッションとメディア コントローラが同じアクティビティで実行されるため、メディア セッション コールバックの実装は、オーディオ アプリのサーバー / クライアント アーキテクチャとは異なります。サービスの呼び出しはなく、通知は NotificationManager を介して処理されます。次の表は、さまざまな機能をどのように各コールバック メソッドで制御するかをまとめたものです。

onPlay() onPause() onStop()
音声フォーカス requestFocus()OnAudioFocusChangeListener で渡します。
必ず先に を呼び出し、フォーカスが付与された場合にのみ続行します。
abandonAudioFocus()
メディア セッション setActive(true)
- メタデータと状態の更新
- メタデータと状態の更新 setActive(false)

- メタデータと状態の更新

プレーヤーの実装 プレーヤーの起動 プレーヤーの一時停止 プレーヤーの停止
音声出力先の切り替え BroadcastReceiver の登録 BroadcastReceiver の登録解除
通知 通知の表示 通知の更新