Register now for Android Dev Summit 2019!

オーディオ アプリの概要

オーディオ アプリのアーキテクチャは、クライアント / サーバー型の設計にすることをお勧めします。 プレーヤーとそのメディア セッションは MediaBrowserService 内に実装されており、UI とメディア コントローラーは MediaBrowser と一緒に Android アクティビティ内にあります。

オーディオのアクティビティと BrowserService

MediaBrowserService には次の 2 つの主要機能があります。

  • MediaBrowserService を使うと、MediaBrowser を用いた別のコンポーネントやアプリでオーディオ アプリのサービスを検出し、独自のメディア コントローラーの作成、メディア セッションへの接続、プレイヤーの制御を行うことができます。 このようにして、Wear OS や Android Auto アプリはメディア アプリにアクセスします。
  • オプションのブラウジング API も提供します。 アプリ側では、この機能を使用する必要はありません。 ブラウジング API を使うと、クライアントでサービスをクエリし、そのコンテンツ階層の表現を生成できます。これはプレイリストやメディア ライブラリなどのコレクションに相当します。
メディア ブラウザ サービスの構築
メディア ブラウザ サービスの作成方法を説明します。このサービスは、メディア セッションを含み、クライアント接続を管理し、オーディオ再生中はフォアグラウンド サービスになります。
メディア ブラウザ クライアントの構築
メディア ブラウザ クライアント アクティビティの作成方法を説明します。このアクティビティは、UI とメディア コントローラーを含み、メディア ブラウザ サービスと接続および通信します。
メディア セッション コールバック
メディア セッション コールバック メソッドでメディア セッション、メディア ブラウザ サービス、通知やブロードキャスト レシーバなど、その他のアプリ コンポーネントを管理する方法を説明します。
android-MediaBrowserService
こちらの GitHub サンプルでは、オーディオのバックグラウンド再生を実現するメディアアプリの実装方法を示し、他のアプリに公開するメディア ライブラリを提供しています。