コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

WebSourceParams.Builder

public static final class WebSourceParams.Builder
extends Object

java.lang.Object
   ↳ android.adservices.measurement.WebSourceParams.Builder


WebSourceParams のビルダー。

概要

パブリック コンストラクタ

Builder(Uri registrationUri)

WebSourceParams のビルダー コンストラクタ。

パブリック メソッド

WebSourceParams build()

不変の WebSourceParams をビルド。

WebSourceParams.Builder setDebugKeyAllowed(boolean debugKeyAllowed)

デバッグ許可 / 拒否フラグのセッター。

継承されるメソッド

パブリック コンストラクタ

Builder

public Builder (Uri registrationUri)

WebSourceParams のビルダー コンストラクタ。mIsDebugKeyAllowed にはデフォルトで false が割り当てられています。

パラメータ
registrationUri Uri: ソース登録パラメータを取得するために Attribution Reporting API がリクエストを送信する URI です。この値を null にすることはできません。

パブリック メソッド

build

public WebSourceParams build ()

不変の WebSourceParams をビルド。

戻り値
WebSourceParams 不変の WebSourceParams。この値が null になることはありません。

setDebugKeyAllowed

public WebSourceParams.Builder setDebugKeyAllowed (boolean debugKeyAllowed)

デバッグ許可 / 拒否フラグのセッター。true に設定すると、登録レスポンスからデバッグキーを解析し、生成されたレポートに追加できます。

パラメータ
debugKeyAllowed boolean: ブラウザによって使用され、登録 URI から取得したデバッグキーの使用が許可されているかどうかを示します。

戻り値
WebSourceParams.Builder ビルダー。この値が null になることはありません。