TrustedBiddingData

public final class TrustedBiddingData
extends Object implements Parcelable

java.lang.Object
   ↳ android.adservices.customaudience.TrustedBiddingData


信頼できる Key-Value サーバーから購入者の入札シグナルを取得するために広告選択プロセスで使用するデータを表します。取得したデータは、広告選択プロセスで使用され、隔離された実行環境で実行される購入者の JavaScript ロジックで処理されます。

概要

ネストされたクラス

class TrustedBiddingData.Builder

TrustedBiddingData オブジェクトのビルダー。 

継承される定数

フィールド

public static final Creator<TrustedBiddingData> CREATOR

パブリック メソッド

boolean equals(Object o)

他のオブジェクトがこのオブジェクトと「等しい」かどうかを示します。

List<String> getTrustedBiddingKeys()
Uri getTrustedBiddingUrl()
int hashCode()

オブジェクトのハッシュコード値を返します。

void writeToParcel(Parcel dest, int flags)

このオブジェクトを Parcel にフラット化します。

継承されるメソッド

フィールド

パブリック メソッド

equals

public boolean equals (Object o)

他のオブジェクトがこのオブジェクトと「等しい」かどうかを示します。

equals メソッドは、null 以外のオブジェクト参照に等価関係を実装します。

  • 再帰性: null 以外の参照値 x について、x.equals(x)true を返します。
  • 対称性: null 以外の参照値 xy について、y.equals(x)true を返す場合にのみ、x.equals(y)true を返します。
  • 推移性: null 以外の参照値 xyz について、x.equals(y)true を返し、かつ y.equals(z)true を返す場合、x.equals(z)true を返します。
  • 一貫性: null 以外の参照値 xy について、オブジェクトの equals 比較に使用する情報が変更されない限り、何度 x.equals(y) を呼び出しても返される値は一貫して true か、一貫して false です。
  • null 以外の参照値 x について、x.equals(null)false を返します。

Object クラスの equals メソッドは、オブジェクトの等価関係を可能な限り識別しやすく実装します。つまり、null 以外の参照値 xy について、xy が同じオブジェクトを参照している場合にのみ、true を返します(x == y の値は true)。

なお、等しいオブジェクトは等しいハッシュコードを持たなければならないという hashCode メソッドの一般的なコントラクトを維持するよう、通常はこのメソッドがオーバーライドされるたびに hashCode メソッドをオーバーライドする必要があります。

パラメータ
o Object: 比較対象の参照オブジェクト。

戻り値
boolean 2 つの TrustedBiddingData オブジェクトに同じ情報が含まれている場合は true

getTrustedBiddingKeys

public List<String> getTrustedBiddingKeys ()

戻り値
List<String> 入札シグナルを保持する信頼できる Key-Value サーバーからクエリを発行するキーのリスト。この値が null になることはありません。

getTrustedBiddingUrl

public Uri getTrustedBiddingUrl ()

戻り値
Uri 入札シグナルを保持する信頼できる Key-Value サーバーを指す URL。URL には必ず HTTPS が使用されます。この値が null になることはありません。

hashCode

public int hashCode ()

オブジェクトのハッシュコード値を返します。このメソッドは、HashMap で実現するようなハッシュ テーブルの利点を活かすためにサポートされています。

hashCode の一般的なコントラクトは次のとおりです。

  • Java アプリの実行中に同じオブジェクトに対して複数回呼び出された場合、オブジェクトの equals 比較に使用される情報が変更されない限り、hashCode メソッドは一貫して同じ整数を返さなければなりません。この整数は、アプリのある実行から同じアプリの別の実行まで一貫している必要はありません。
  • equals(Object) メソッドから 2 つのオブジェクトが等しい場合、その 2 つのオブジェクトのそれぞれに対して hashCode メソッドを呼び出したとき、同じ整数の結果が生成されなければなりません。
  • equals(java.lang.Object) メソッドから 2 つのオブジェクトが等しくない場合、その 2 つのオブジェクトのそれぞれに対して hashCode メソッドを呼び出したとき、必ずしも異なる整数の結果が生成されなければならないわけではありません。ただしプログラマーは、等しくないオブジェクトに対して異なる整数の結果を生成すると、ハッシュ テーブルのパフォーマンスが向上する可能性があることに留意すべきです。

現実的である限り、クラス Object で定義された hashCode メソッドは、異なるオブジェクトに対して異なる整数を返します(これは通常、オブジェクトの内部アドレスを整数に変換することで実装されますが、この実装方法は Java™ プログラミング言語では必要ありません)。

戻り値
int TrustedBiddingData オブジェクトのデータのハッシュ

writeToParcel

public void writeToParcel (Parcel dest,
                int flags)

このオブジェクトを Parcel にフラット化します。

パラメータ
dest Parcel: この値を null にすることはできません。

flags int: オブジェクトの書き込み方法に関する追加のフラグ。0 または Parcelable.PARCELABLE_WRITE_RETURN_VALUE です。値は、0 か、Parcelable.PARCELABLE_WRITE_RETURN_VALUE と android.os.Parcelable.PARCELABLE_ELIDE_DUPLICATES の組み合わせのいずれかです。