コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

AdSelectionSignals

public final class AdSelectionSignals
extends Object implements Parcelable

java.lang.Object
   ↳ android.adservices.common.AdSelectionSignals


このクラスは、広告の選択時に JavaScript 関数に渡される JSON を保持します。そのコンテンツは FLEDGE プラットフォーム コードで使用されることはなく、検証されてから適切な JavaScript 広告選択関数に渡されるだけです。

概要

継承される定数

フィールド

public static final Creator<AdSelectionSignals> CREATOR

public static final AdSelectionSignals EMPTY

パブリック メソッド

int describeContents()

この Parcelable インスタンスの整列化表現に含まれている特殊オブジェクトの種類を記述します。

boolean equals(Object o)

この AdSelectionSignals を指定されたオブジェクトと比較します。

static AdSelectionSignals fromString(String source)

文字列形式の指定された JSON から AdSelectionSignals を作成します。

int hashCode()

toString() を呼び出して取得された、このクラスの文字列表現に対応するハッシュコードを返します。

String toString()

オブジェクトの文字列表現を返します。

void writeToParcel(Parcel dest, int flags)

このオブジェクトを Parcel にフラット化します。

継承されるメソッド

フィールド

パブリック メソッド

describeContents

public int describeContents ()

この Parcelable インスタンスの整列化表現に含まれている特殊オブジェクトの種類を記述します。たとえば、オブジェクトに writeToParcel(android.os.Parcel, int) の出力のファイル記述子が含まれる場合、このメソッドの戻り値に CONTENTS_FILE_DESCRIPTOR ビットが含まれている必要があります。

戻り値
int この Parcelable オブジェクトのインスタンスによって整列化された特殊オブジェクトの種類を示すビットマスク。値は 0 または CONTENTS_FILE_DESCRIPTOR です

equals

public boolean equals (Object o)

この AdSelectionSignals を指定されたオブジェクトと比較します。引数が null でなく、同じ文字列形式の AdSelectionSignals オブジェクト(toString() を呼び出して取得)である場合にのみ、結果が true となります。このメソッドでは JSON の正規化は行われないため、同じ JSON であっても文字列表現が等しくない 2 つの AdSelectionSignals オブジェクトは等しくならない可能性があります。

パラメータ
o Object: この AdSelectionSignals と比較するオブジェクト

戻り値
boolean 指定されたオブジェクトが、この AdSelectionSignals と同等の AdSelectionSignals を表す場合は true、そうでない場合は false です。

fromString

public static AdSelectionSignals fromString (String source)

文字列形式の指定された JSON から AdSelectionSignals を作成します。

パラメータ
source String: AdSelectionSignals の作成に使用するなんらかの有効な JSON 文字列。この値を null にすることはできません。

戻り値
AdSelectionSignals 指定された文字列をラップする AdSelectionSignals オブジェクト。この値が null になることはありません。

hashCode

public int hashCode ()

toString() を呼び出して取得された、このクラスの文字列表現に対応するハッシュコードを返します。このメソッドでは JSON の正規化は行われないため、同じ JSON であっても基になる文字列表現が異なる 2 つの AdSelectionSignals オブジェクトは異なるハッシュコードを持つ可能性があります。

戻り値
int このオブジェクトのハッシュコード値。

toString

public String toString ()

オブジェクトの文字列表現を返します。toString メソッドは一般に、オブジェクトを「テキストで表現」した文字列を返します。結果は、簡潔でありながら情報量の多い表現になり、人が簡単に読むことができます。すべてのサブクラスでこのメソッドをオーバーライドすることをおすすめします。

クラス ObjecttoString メソッドは、オブジェクトがインスタンスになっているクラスの名前、アットマーク文字「@」、オブジェクトのハッシュコードの符号なし 16 進表現で構成される文字列を返します。つまり、このメソッドは以下の値のような文字列を返します。

 getClass().getName() + '@' + Integer.toHexString(hashCode())
 

戻り値
String このクラスでラップされる JSON の文字列形式です。この値が null になることはありません。

writeToParcel

public void writeToParcel (Parcel dest,
                int flags)

このオブジェクトを Parcel にフラット化します。

パラメータ
dest Parcel: この値を null にすることはできません。

flags int: オブジェクトの書き込み方法に関する追加のフラグ。0 または Parcelable.PARCELABLE_WRITE_RETURN_VALUE です。値は、0 か、Parcelable.PARCELABLE_WRITE_RETURN_VALUE と android.os.Parcelable.PARCELABLE_ELIDE_DUPLICATES の組み合わせのいずれかです。