Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

デベロッパー ワークフローの基本

Android 向けアプリを開発するワークフローは、概念的には他のアプリ プラットフォームの場合と同じです。ただし、優れた設計の Android 向けアプリを効率的に構築するには、専門的なツールが必要です。以下のリストでは、Android アプリを構築するプロセスの概要を示します。開発の各段階で使用する必要がある Android Studio のツールへのリンクも記載しています。

  1. ワークスペースをセットアップする

    この段階はおそらくすでに完了しています。Android Studio をインストールして、プロジェクトを作成します。

    Android 開発の基礎がわかる Android Studio チュートリアルとして、初めてのアプリを作成するもご覧ください。

  2. アプリを作成する

    いよいよ実際の作業に入ります。Android Studio はさまざまなツールと機能を備えており、作業の高速化、質の高いコードの記述、UI のデザイン、多様なデバイス向けのリソースの作成に役立ちます。 利用可能なツールと機能の詳細については、アプリの作成をご覧ください。

  3. ビルドして実行する

    この段階では、プロジェクトをビルドしてデバッグ可能な APK パッケージを作成します。このパッケージをエミュレータまたは Android デバイスにインストールして実行します。コードの実行方法については、アプリをビルドして実行するをご覧ください。

    ビルドをカスタマイズすることもできます。たとえば、ビルド バリアントを作成して同じプロジェクトから異なる種類の APK を生成したり、コードとリソースを圧縮して APK ファイルのサイズを小さくしたりできます。ビルドをカスタマイズする手順については、ビルドを設定するをご覧ください。

  4. デバッグ、プロファイリング、テスト

    これは反復的な段階です。引き続きアプリの作成作業を行いますが、バグの除去とアプリのパフォーマンスの最適化に重点を置きます。そのため、テストを作成しておくと便利です。

    基本的なデバッグタスクの詳細については、アプリをデバッグするログを書き込み、表示するをご覧ください。

    メモリ使用量、ネットワーク トラフィック、CPU への影響など、さまざまなパフォーマンス指標を確認して分析するには、パフォーマンス プロファイリング ツールをご覧ください。

    テスト作成の概要については、アプリをテストするをご覧ください。

  5. 公開する

    アプリをユーザーにリリースする準備が整った後も、アプリのバージョニングや鍵によるアプリの署名など、考慮すべき点がいくつか残っています。詳細については、アプリを公開するをご覧ください。