アプリをテストする

このセクションでは、Android Studio またはコマンドラインからテストを作成、構成、実行する際に役立つさまざまなツールについて説明します。

テストの基礎とテストの作成方法について詳しくは、Android でアプリをテストするをご覧ください。

テストを実行する方法と構成する方法はいくつかあります。

  • テストの基本的なニーズに対応できるように、Android Studio には、テストの実行と結果の生成および表示をすべて IDE から行うために役立つ機能が用意されています。Android Studio では、アプリのソースコード内でポイント アンド クリックして特定のクラスまたはメソッドのテストを作成および実行したり、プルダウン メニューを使用して複数のテストデバイスを構成したり、[Text Matrix] ツール ウィンドウを操作してテスト結果を視覚化したりすることができます。Android Studio を使用してテストを作成および管理する方法について詳しくは、Android Studio でテストするをご覧ください。

  • よりきめ細かい制御を行うには、コマンドラインからテストを実行します。コマンドライン テストでは、特定のモジュール、ビルド バリアント、またはそれらの組み合わせをターゲットとするための簡単な手段を利用できます。Android Debug Bridge(adb)シェルからテストを実行する場合は、実行するテストに関して多くのカスタマイズを行えます。詳しくは、コマンドラインからテストするをご覧ください。

  • 高度なテストが必要な場合は、デフォルト設定をオーバーライドする、Gradle オプションを構成する、コードをリファクタリングしてテストがそれぞれのモジュールに分離されるようにするなどの方法があります。特別なユースケースに合わせてテスト構成を設定する方法について詳しくは、高度なテスト設定をご覧ください。

  • ユーザーがアプリを操作したときのアプリの動作をテストする場合は、Espresso テスト レコーダーApp CrawlerMonkey テストmonkeyrunner などのツールを使用できます。