Skip to content

Most visited

Recently visited

navigation

プロジェクトの作成

Android Studio のプロジェクトには複数のモジュールが含まれており、機能単位でコードが個別に分類されています。このページでは、新規プロジェクトを開始したり既存のプロジェクトをインポートしたりする方法について説明します。

Android プロジェクトの構成およびモジュールの種類の詳細については、プロジェクトの概要をご覧ください。新しい端末用のモジュールを既存のプロジェクトに追加する方法の詳細については、新しい端末用のモジュール追加をご覧ください。

新規プロジェクトの開始

Android Studio を使用すると、電話、タブレット、TV、Wear、Google Glass などのさまざまなフォームファクタ向けに Android アプリを開発できます。[New Project] ウィザードでアプリケーションのフォーム ファクタを選択すると、プロジェクトの開始に必要な項目をすべてプロジェクト構造に含めることができます。以下のステップを使用して、新規プロジェクトを作成します。

ステップ 1: プロジェクトの開始と設定

過去にプロジェクトを開いていない場合、Android Studio にオープニング画面が表示されます。新規プロジェクトを作成するには、[Start a New Android Studio project] をクリックします。

プロジェクトを開いたことがある場合は、Android Studio に開発環境が表示されます。新規プロジェクトを作成するには、[File] > [New] > [New Project] をクリックします。

次のウィンドウでは、アプリの名前、パッケージ名、プロジェクトの場所を設定できます。

図 1. [Configure your new project] 画面

プロジェクトに関する値を入力して [Next] をクリックします。

ステップ 2: フォーム ファクタと API レベルを選択する

次のウィンドウでは、電話、タブレット、TV、Wear、Google Glass など、アプリでサポートされるフォーム ファクタを選択できます。選択したフォーム ファクタが、プロジェクト内のアプリ モジュールになります。各フォーム ファクタに対して、そのアプリの API レベルも選択できます。詳しい情報を見るには、[Help me choose] をクリックします。

図 2. [Help me choose] をクリックしたときに表示される、現在の Android のバージョン別シェア

図 2 に示すように、[Android Platform Distribution] ウィンドウには、各バージョンの Android を搭載しているモバイル端末のシェアが示されます。API レベルをクリックすると、対応する Android バージョンで導入された機能一覧が表示されます。この情報を参考に、アプリに必要な機能がすべて含まれる最小 API レベルを選択することで、より多くの端末でアプリが使用可能になります。次に [OK] をクリックします。

図 3. [Target Android Devices] 画面

次に、[Target Android Devices] ウィンドウでフォームファクタと API バージョンを選択して、[Next] をクリックします。

ステップ 3: アクティビティを追加する

図 4 に示すように、次の画面ではアプリに追加するアクティビティのタイプを選択できます。この画面には、先ほど選択した各フォーム ファクタに応じて異なるアクティビティのセットが表示されます。

図 4. モバイル フォームファクタの [Add an Activity] 画面

アクティビティのタイプを選択して [Next] をクリックします。

注: 「Add No Activity」を選択した場合は、[Finish] をクリックしてプロジェクトを作成します。

ステップ 4: アクティビティを設定する

次の画面では、図 5 に示すようにアプリに追加するアクティビティを設定できます。

図 5. [Customize the Activity] 画面

アクティビティ名、レイアウト名、アクティビティのタイトルを入力します。次に、[Finish] をクリックします。

ステップ 5: アプリを開発する

Android Studio によって既定のプロジェクト構造が作成されて、開発環境が開きます。アプリで複数のフォーム ファクタをサポートする場合、図 6 のように Android Studio には、フォームファクタごとにソース ファイル一式を含むモジュール フォルダが作成されます。

図 6. 新規作成したアプリのプロジェクト構成

これで、アプリを開発する環境が整いました。詳細については、以下のリンクを参照してください。

既存のプロジェクトのインポート

既存のプロジェクトを Android Studio にインポートするには、次の手順を実行します。

  1. [File] > [New] > [Import Project] をクリックします。
  2. 表示された [Select Eclipse or Gradle Project to Import] ウィンドウで、インポートするプロジェクトのルート ディレクトリに移動します。
  3. [OK] をクリックします。

Android Studio で、新しい IDE ウィンドウ内にプロジェクトが開きます。

バージョン管理からプロジェクトをインポートする場合は、[File] > [New] > [Project from Version Control] メニューを使用します。バージョン管理からプロジェクトをインポートする方法の詳細については、IntelliJ の VCS 固有の手順をご覧ください。

既存の Eclipse ADT プロジェクトを Android Studio にインポートする場合は、その構成によってプロジェクトを追加する方法が異なります。Eclipse からプロジェクトをインポートする方法の詳細については、Eclipse から Android Studio への移行をご覧ください。

This site uses cookies to store your preferences for site-specific language and display options.

Get the latest Android developer news and tips that will help you find success on Google Play.

* Required Fields

Hooray!

Follow Google Developers on WeChat

Browse this site in ?

You requested a page in , but your language preference for this site is .

Would you like to change your language preference and browse this site in ? If you want to change your language preference later, use the language menu at the bottom of each page.

This class requires API level or higher

This doc is hidden because your selected API level for the documentation is . You can change the documentation API level with the selector above the left navigation.

For more information about specifying the API level your app requires, read Supporting Different Platform Versions.

Take a short survey?
Help us improve the Android developer experience.
(Sep 2017 survey)