新しい端末用のモジュールの追加

モジュールは、アプリのソースコード、リソース ファイル、モジュール レベルのビルドファイルや Android マニフェスト ファイルなどのアプリレベルの設定を格納するコンテナとして機能します。各モジュールは個別にビルド、テスト、デバッグを実行できます。

Android Studio では、モジュールを使用して、新しい端末をプロジェクトに簡単に追加できるようにしています。Android Studio でいくつかのシンプルなステップに従ってモジュールを作成し、Wear OS や Android TV など、端末タイプに固有のコードをモジュールに含めることができます。Android Studio は、ソース ディレクトリやリソース ディレクトリなどのモジュール ディレクトリに加えて、端末タイプに適したデフォルトの build.gradle ファイルを自動的に作成します。また、Android TV モジュール用に Leanback ライブラリを使用することなど、推奨されるビルド設定を備えた端末モジュールを作成します。

このページでは、特定の端末用に新しいモジュールを追加する方法を説明します。

Android Studio では、プロジェクトにライブラリや Google Cloud モジュールを簡単に追加することもできます。ライブラリ モジュールの作成の詳細については、ライブラリ モジュールを作成するをご覧ください。

新しいモジュールを作成する

プロジェクトに新しい端末用の新しいモジュールを追加するには、次の手順を実行します。

  1. [File] > [New] > [New Module] をクリックします。
  2. 表示された [Create New Module] ウィンドウで、次の端末モジュールが提示されます。
    • Phone & Tablet Module
    • Wear OS Module
    • Android TV Module
    • Glass Module
    端末用の必要なモジュールを選択し、[Next] をクリックします。
  3. [Configure your new module] フォームに次の詳細を入力します。
    • Application Name: この名前は、新しいモジュールのアプリ ランチャー アイコンのタイトルとして使用されます。
    • Module Name: このテキストは、ソースコードとリソース ファイルが表示されるフォルダの名前として使用されます。
    • Package Name: これは、モジュールのコードの Java 名前空間です。この名前空間は、モジュールの Android マニフェスト ファイルpackage 属性として追加されます。
    • Minimum SDK: この設定は、アプリのモジュールがサポートする Android プラットフォームの最小バージョンを示します。この値により、build.gradle ファイルの minSdkVersion 属性が設定されます。この属性は、後で編集できます。

    [Next] をクリックします。

  4. 次のページでは、選択した端末モジュールに応じて、メイン アクティビティとして選択して使用できる適切なコード テンプレートがいくつか表示されます。使用するアクティビティ テンプレートをクリックしてから、[Next] をクリックします。アクティビティが不要な場合は、[Add No Activity] をクリックしてから、[Finish] をクリックすると、設定が完了します。
  5. アクティビティ テンプレートを選択した場合は、[Customize the Activity] ページでアクティビティの設定を入力します。ほとんどのテンプレートでは、[Activity Name]、[Layout Name]、[Title] に入力する必要がありますが、各テンプレートにはアクティビティ固有の設定があります。[Finish] をクリックします。アクティビティ テンプレートでアプリ モジュールを作成したら、そのモジュールを端末で即座に実行してテストできます。

Android Studio によって、新しいモジュールに必要なすべてのファイルが作成され、プロジェクトが新しいモジュールの gradle ファイルと同期されます。また、新しい端末用のモジュールを追加すると、ターゲット端末に必要な依存関係がモジュールのビルドファイルに追加されます。

Gradle プロジェクトの同期が完了したら、左側の [Project] ウィンドウに新しいモジュールが表示されます。新しいモジュールのフォルダが表示されない場合、ウィンドウに [Android] ビューが表示されていることを確認してください。

モジュールをインポートする

既存のモジュールをプロジェクトにインポートするには、次の手順を実行します。

  1. [File] > [New] > [Import Module] をクリックします。
  2. [Source directory] ボックスで、インポートするモジュールのディレクトリを入力または選択します。
    • 1 つのモジュールをインポートする場合は、そのルート ディレクトリを指定します。
    • プロジェクトから複数のモジュールをインポートする場合は、プロジェクト フォルダを指定します。フォルダ内のモジュールごとにボックスが表示されるため、[Source location] と [Module name] を指定します。インポートする各モジュールの [Import] ボックスを必ずオンにします。
    モジュールに他の依存関係がある場合、[Additional required modules] の下にリストされ、インポートされます。
  3. [Module name] フィールドに目的のモジュール名を入力します。
  4. [Finish] をクリックします。

モジュールがインポートされると、左側の [Project] ウィンドウに表示されます。

次のステップ

新しいモジュールを追加したら、モジュール コードとリソースの変更、モジュールのビルド設定の構成、モジュールのビルドを行えます。また、他のアプリと同じように、モジュールを実行してデバッグすることができます。

新しい端末を適切にサポートするために、コードとリソースを追加することもできます。さまざまな端末タイプ用のアプリ モジュールを開発する方法の詳細については、対応する次のドキュメントをご覧ください。

新しいモジュールを開発するときに、別のアプリ モジュールで既に重複している、端末に依存しないコードを作成する場合があります。重複コードを保持する代わりに、共有コードをライブラリ モジュールに移動して、そのライブラリを依存関係としてアプリ モジュールに追加することを検討してください。ライブリ モジュールを作成して依存関係として追加する方法の詳細は、Android ライブラリの作成をご覧ください。