Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

スクリーンショットを撮る

ほとんどの Android 搭載デバイスでは、電源ボタンと音量小ボタンを同時に長押しする操作により、スクリーンショットをキャプチャできます。Android Studio でも、次の手順でスクリーンショットをキャプチャできます。

  1. コネクテッド デバイスまたはエミュレータ上で、アプリを実行します。コネクテッド デバイスを使用する場合は、USB デバッグを有効にしてください。
  2. Android Studio で、[View] > [Tool Windows] > [Logcat] を選択して、logcat を開きます。
  3. ウィンドウ上部のプルダウン リストからデバイスとプロセスを選択します。
  4. ウィンドウの左側にあるスクリーン キャプチャ をクリックします。

    [Screenshot Editor] ウィンドウにスクリーンショットが表示されます。

    ヒント: Android 7.0 以降の場合、[設定] を開いて、[開発者向けオプション] > [デモモード] を選択し、[デモモードを表示] を有効にします。これにより、ステータスバーがリセットされ、通知が一時的に削除されます。また、信号レベルと電池残量がフルに設定されます。詳細については、デバイスの開発者向けオプションを設定するをご覧ください。

    図 1. Screenshot Editor

  5. 画像を変更します(省略可能)。
    • Recapture: 新しいスクリーンショットを撮ります。
    • Rotate Left: 画像を反時計回りに 90 度回転させます。
    • Rotate Right: 画像を時計回りに 90 度回転させます。
    • Frame Screenshot: スクリーンショットを実際のデバイスのアートワークにはめ込む場合、フレームに使うデバイスを選択します。 [Drop Shadow] や [Screen Glare] を選択すると(両方を選択可能)、選択した効果を画像に追加できます。

      注: スクリーンショットを実際にキャプチャしたデバイスとは異なるデバイスを、スクリーンショット フレームの対象として選択した場合、画像はそのデバイスのフレームサイズに合わせて伸縮されます。代わりに、他の一般的なデバイスのデバイス フレームを取得できるオンラインの Device Art Generator を使用することもできます。

  6. [Save] をクリックし、場所とファイル名を指定して [OK] をクリックします。