6 月 3 日の「#Android11: The Beta Launch Show」にぜひご参加ください。

ExoPlayer

ExoPlayer は Android フレームワークの一部ではなく、Android SDK とは別に配布されるオープンソース プロジェクトです。ExoPlayer の標準の音声コンポーネントと動画コンポーネントは、Android 4.1(API レベル 16)でリリースされた Android の MediaCodec API をベースとしてビルドされています。ExoPlayer はライブラリなので、アプリを更新するだけで簡単に新機能を利用できます。

ExoPlayer は動的適応型 HTTP ストリーミング(DASH)、SmoothStreaming、共通暗号化など、MediaPlayer ではサポートされていない機能をサポートしています。カスタマイズと拡張が簡単に行えるように設計されています。

詳細については、デベロッパー ガイドの記事I/O 2017 ExoPlayer セッションの動画をご覧ください。

サンプルコード

音声と動画の再生に ExoPlayer を使用する方法を紹介するサンプルアプリがいくつかあります。

  • UAMP - Universal Music Player はデバイス上の音声の再生に ExoPlayer を使用します。
  • ExoPlayer デモアプリ - 公式リポジトリにはライブラリの多数の高度な機能を紹介するデモアプリがあります。
  • コードラボ - ExoPlayer を使用してメディアを再生するアクティビティを作成する方法を示します。

その他のコードサンプル

DeviceOwner サンプルでは、このページで扱っている API の使用方法をさらに詳しく説明します。