新しいデバイス用のモジュールの追加

モジュールはコンテナとして機能し、その中にアプリのソースコード、リソース ファイルが含まれるほか、モジュール レベルのビルドファイルや Android マニフェスト ファイルなどのアプリレベルの設定も含まれます。モジュールごとに個別にビルド、テスト、デバッグを行うことができます。

Android Studio でモジュールを使用すると、新しいデバイスをプロジェクトに簡単に追加できるようになります。Android Studio で短い簡単な手順に沿ってモジュールを作成すると、Wear OS や Android TV などのデバイスのタイプに固有のコードをモジュールに含めることができます。Android Studio では、ソース ディレクトリやリソース ディレクトリなどのモジュール ディレクトリが自動的に作成されるほか、デバイスタイプに応じたデフォルトの build.gradle ファイルも自動的に作成されます。また、Android TV モジュール用の Leanback ライブラリを使用するなど、推奨されるビルド設定を含めたデバイス モジュールも作成されます。

このページでは、各デバイス用に新しいモジュールを追加する方法について説明します。

Android Studio では、プロジェクトにライブラリや Google Cloud モジュールを追加することも簡単です。ライブラリ モジュールの作成について詳しくは、ライブラリ モジュールを作成する場合に関する説明をご覧ください。

新しいモジュールを作成する

プロジェクトに新しいデバイス用の新しいモジュールを追加する手順は次のとおりです。

  1. [File] > [New] > [New Module] をクリックします。
  2. 表示される [Create New Module] ウィンドウで、以下のデバイス モジュールが提示されます。
    • Phone & Tablet Module
    • Wear OS Module
    • Android TV Module
    • Glass Module
    新しいデバイスに必要なモジュールを選択し、[Next] をクリックします。
  3. [Configure your new module] フォームに以下の詳細情報を入力します。
    • Application Name: このアプリ名は、新しいモジュールのアプリ ランチャー アイコンのタイトルとして使用されます。
    • Module Name: このモジュール名はフォルダ名として使用され、ソースコードとリソース ファイルがその中に表示されます。
    • Package Name: このパッケージ名はモジュール内のコードの Java 名前空間となります。package 属性として、モジュールの Android マニフェスト ファイルに追加されます。
    • Minimum SDK: この最小 SDK の設定には、アプリ モジュールがサポートする Android プラットフォームの最小バージョンを指定します。この値は、build.gradle ファイル内の minSdkVersion 属性に設定されます。この属性は後で編集できます。

    [Next] をクリックします。

  4. 次のページには、選択したデバイス モジュールに応じて、該当するコード テンプレートが複数表示されるので、主なアクティビティとして使用するものを選択できます。使用するアクティビティ テンプレートをクリックしてから、[Next] をクリックします。アクティビティが不要な場合は、[Add No Activity]、[Finish] の順にクリックすると、設定が完了します。
  5. アクティビティ テンプレートを選択した場合は、[Customize the Activity] ページでアクティビティの設定を入力します。テンプレートには通常、[Activity Name](アクティビティ名)、[Layout Name](レイアウト名)、[Title] (タイトル)、[Source Language](ソース言語)を入力しますが、テンプレートごとにアクティビティ固有の設定もあります。[Finish] をクリックします。アクティビティ テンプレートを使ってアプリ モジュールを作成した後、そのモジュールをデバイス上ですぐに実行してテストできます。

Android Studio では、新しいモジュールに必要なすべてのファイルが作成され、プロジェクトと新しいモジュールの gradle ファイルが同期します。また、新しいデバイス用のモジュールを追加すると、そのターゲット デバイスに必要な依存関係も、モジュールのビルドファイルに追加されます。

Gradle プロジェクトの同期が完了すると、左側の [Project] ウィンドウに新しいモジュールが表示されます。新しいモジュールのフォルダが表示されない場合、このウィンドウに [Android] ビューが表示されるようにします。

モジュールをインポートする

既存のモジュールをプロジェクトにインポートする手順は次のとおりです。

  1. [File] > [New] > [Import Module] をクリックします。
  2. [Source directory] ボックスで、インポートするモジュールのディレクトリを入力または選択します。
    • モジュールを 1 つインポートする場合は、そのルート ディレクトリを指定します。
    • プロジェクトから複数のモジュールをインポートする場合は、そのプロジェクト フォルダを指定します。フォルダ内のモジュールごとにボックスが表示されるので、[Source location] にソースの場所、[Module name] にモジュール名を指定します。インポートする各モジュールの [Import] チェックボックスを必ずオンにします。
    モジュールに他にも依存関係があれば、[Additional required modules] のリストに表示され、インポートされます。
  3. [Module name] に目的のモジュール名を入力します。
  4. [Finish] をクリックします。

モジュールがインポートされると、左側の [Project] ウィンドウに表示されます。

次の手順

新しいモジュールを追加した後に、モジュール コードとリソースの変更、モジュールのビルド設定の指定、モジュールのビルドを行えます。また、他のアプリと同じように、モジュールを実行してデバッグすることもできます。

新しいデバイスを正しくサポートするために、コードとリソースを追加することもできます。さまざまなデバイスタイプ用のアプリ モジュールを開発する方法について詳しくは、対応する以下のドキュメントをご覧ください。

新しいモジュールを開発する際、別のアプリ モジュールにすでにあるような、デバイスに依存しないコードを重複して作成する可能性があります。重複するコードを管理する代わりに、その共有コードをライブラリ モジュールに移動して、そのライブラリを依存関係としてアプリ モジュールに追加することを検討してください。ライブラリ モジュールを作成して依存関係として追加する方法について詳しくは、Android ライブラリの作成に関する記事をご覧ください。