Wear Compose

ウェアラブル固有のデバイス、サイズ、形状、ナビゲーション操作をサポートする機能を提供して、ウェアラブル デバイス向けの Jetpack Compose アプリを作成します。
最新の更新 現在の安定版リリース 次のリリース候補 ベータ版リリース アルファ版リリース
2021 年 7 月 1 日 - - - 1.0.0-alpha01

依存関係の宣言

Wear への依存関係を追加するには、Google の Maven リポジトリをプロジェクトに追加する必要があります。詳しくは、Google の Maven リポジトリをご覧ください。

アプリまたはモジュールの build.gradle ファイルに、必要なアーティファクトの依存関係を追加します。

Groovy

dependencies {
    implementation "androidx.wear.compose:compose-foundation:1.0.0-alpha01"

    // For Wear Material Design UX guidelines and specifications
    implementation "androidx.wear.compose:compose-material:1.0.0-alpha01"
}

Kotlin

dependencies {
    implementation("androidx.wear.compose:compose-foundation:1.0.0-alpha01")

    // For Wear Material Design UX guidelines and specifications
    implementation("androidx.wear.compose:compose-material:1.0.0-alpha01")
}

依存関係について詳しくは、ビルド依存関係の追加をご覧ください。

フィードバック

お寄せいただいたフィードバックは Jetpack 改善の参考にさせていただきます。新しい問題が見つかった場合や、このライブラリを改善するアイデアをお持ちの場合は、お知らせください。新しい問題を報告していただく前に、このライブラリの既存の問題をご確認ください。スターボタンをクリックすると、既存の問題に投票できます。

新しい問題を報告する

詳細については、Issue Tracker のドキュメントをご覧ください。

バージョン 1.0.0

バージョン 1.0.0-alpha01

2021 年 7 月 1 日

androidx.wear.compose:compose-foundation:1.0.0-alpha01androidx.wear.compose:compose-material:1.0.0-alpha01 がリリースされました。バージョン 1.0.0-alpha01 に含まれる commit については、こちらをご覧ください

新機能

Wear Compose は、Wear OS ウェアラブル用にマテリアル デザインを拡張した Wear マテリアル デザインをサポートする、Compose ベースの Kotlin ライブラリです。この最初のアルファ版リリースには、次のものを備えた初期段階の機能実装が含まれています。

  • マテリアル テーマ - このライブラリから使用されるコンポーネント全体の色、タイポグラフィ、図形を構成します。
  • Chip、CompactChip - チップは楕円形をしており、アイコン、ラベル、セカンダリ ラベルのコンテンツを取得するためのバリエーションがあります。
  • ToggleChip、SplitToggleChip - ラジオボタンやチェックボックスなど、2 つの状態を切り替えるアイコンのスロットを含む特別なタイプのチップです。また、SplitToggleChip には 2 つ(クリック可能と切り替え可能)のタップ可能な領域があります。
  • Button、CompactButton - ボタンは円形をしており、アイコン用の単一のコンテンツ スロットか、最小限のテキスト(最大 3 文字)を備えています。
  • ToggleButton - アクションのオン / オフを切り替えるボタンで、アイコン用の単一のスロットか、最小限のテキスト(最大 3 文字)を備えています。
  • Card、AppCard - 角が丸い四角形をしており、アプリアイコン、時間、タイトル、本文などのコンテンツのスロットを提供します。

将来のリリースでは、ウィジェット セットが拡張され、Wear マテリアル デザイン選択ツール、スライダー、リスト、ページ インジケーター、ダイアログ、スクロール RSB インジケーター、トーストなどのサポートが追加される予定です。

さらに、その他のウェアラブル固有の機能(曲線レイアウトやテキストなど)のサポートと、デベロッパーがウェアラブル アプリ / オーバーレイを簡単に構築するための土台が提供されます。

Wear Compose マテリアルは、ウェアラブルをターゲットにしているとはいえ、Compose マテリアルと同じ原則に沿ってデザインされています。ウェアラブル デバイス用の開発では、Compose マテリアル ライブラリの代わりに、Wear Compose マテリアル ライブラリを使用してください。

この 2 つの「マテリアル」ライブラリは相互排他的であると見なす必要があり、同じアプリ内に混在させてはなりません。Compose マテリアル ライブラリを依存関係に含めてしまうのは、a)Wear Compose マテリアル ライブラリにコンポーネントが不足している場合、または b)Google がウェアラブル デバイスでの使用を推奨していないコンポーネントをアプリで使用している場合のどちらかです。a)に該当する場合は、必要なコンポーネントを Google にお知らせください。