Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

ハードウェア デバイス上でのアプリの実行

Android アプリを作成したら、ユーザーにアプリをリリースする前に必ず実機でテストを実施しましょう。このページでは、Android Debug Bridge(adb)接続を介してデバッグやテストを実施するための開発環境と Android デバイスのセットアップ方法について説明します。

開発用デバイスのセットアップ

デバイスでデバッグを開始する前に、次の作業を行う必要があります。

  1. デバイスの設定アプリを開き、[開発者向けオプション] を選択して、USB デバッグを有効にします。

  2. デバイスを検出するようシステムをセットアップします。

    • Chrome OS: 追加設定の必要はありません。
    • macOS: 追加の設定は必要ありません。
    • Ubuntu Linux: 正しくセットアップするには、adb を使用する各ユーザーが plugdev グループに属していることと、システムにデバイスをカバーする udev ルールがインストールされていることという 2 つの条件が必要です。

      plugdev グループ: plugdev グループに属していないというエラー メッセージが表示された場合は、ご自身を plugdev グループに追加する必要があります。

      sudo usermod -aG plugdev $LOGNAME
      

      グループはログイン時にのみ更新されるため、この変更を有効にするには一旦ログアウトする必要があります。再びログインしたときに、id を使用して plugdev グループに所属していることを確認できます。

      udev ルール: android-sdk-platform-tools-common パッケージには、コミュニティが管理している Android デバイス用の udev ルールのデフォルト セットが含まれています。インストール方法は次のとおりです。

      apt-get install android-sdk-platform-tools-common
      
    • Windows: adb 用の USB ドライバをインストールします。インストール ガイドと OEM ドライバへのリンクについては、OEM USB ドライバのインストールをご覧ください。

デバイスへの接続

セットアップして USB 経由で接続したら、Android Studio で実行アイコン をクリックすることで、アプリをビルドしてデバイスで実行できます。

次のように、adb を使用してコマンドを実行することもできます。

  • android_sdk/platform-tools/ ディレクトリから adb devices コマンドを実行して、デバイスが接続されていることを確認します。接続されている場合、デバイスが一覧表示されます。
  • デバイスを対象にするには、-d フラグを指定して adb コマンドを実行します。

Connection Assistant を使用したデバイス接続のトラブルシューティング

Connection Assistant では、ADB 接続を介してデバイスを設定、使用する場合に役立つ手順を確認できるようになりました。

このアシスタントを起動するには、[Tools] > [Connection Assistant] を選択します。

Connection Assistant では、[Assistant] パネルの一連のページで、手順、状況に沿った操作、接続されているデバイスのリストを確認できます。必要に応じてページを操作するには、[Assistant] パネルの下部にある [Next] ボタンと [Previous] ボタンを使用します。

  • USB 経由でデバイスを接続する: Connection Assistant では、まず最初に USB 経由でデバイスを接続するよう求められます。[Rescan USB devices] ボタンを使用して、接続されたデバイスの新しいスキャンを開始できます。
  • USB デバッグを有効にする: 次に、デバイス上の開発者向けオプションに、USB デバッグを有効にする方法が示されます。
  • ADB サーバーを再起動する: 最後に、利用可能なデバイスのリストにまだデバイスが表示されない場合は、Connection Assistant の最後のページにある [Restart ADB server] ボタンを使用できます。ADB サーバーを再起動すると、ADB はデバイスを再度スキャンします。それでも利用可能なデバイスのリストにデバイスが表示されない場合は、このページの次のセクションにあるトラブルシューティングの手順を試してください。

USB 接続の問題の解決

Connection Assistant が USB 経由でデバイスを検出しない場合、問題を解決するためには次のトラブルシューティングの手順をお試しください。

Android Studio が Android Emulator に接続できることを確認する

Android Studio と Android Emulator 間の接続が問題の原因であるかどうかを確認するには、次の手順を行います。

  1. AVD Manager を開きます。
  2. まだ作成していない場合は、新しい AVD を作成します。
  3. AVD を使用してエミュレータを実行します。
  4. 次のいずれかを行います。

USB ケーブルを確認する

問題の原因が USB ケーブルの欠陥にあるかどうかを確認するには、このセクションの手順に従います。

別の USB ケーブルがある場合:

  1. 別のケーブルを使用してデバイスを接続します。
  2. Connection Assistant がデバイスを検出できるかどうかを確認します。
  3. デバイスが検出されない場合は、最初のケーブルをもう一度お試しください。
  4. それでもデバイスが検出されない場合は、問題がデバイスにあると想定し、デバイスが開発用にセットアップされているかどうかを確認します。

別の USB ケーブルは持っていないが、別の Android デバイスは持っている場合:

  1. 2 つ目のデバイスをコンピュータに接続します。
  2. Connection Assistant が 2 つ目のデバイスを検出できる場合、問題は最初のデバイスにあると想定し、デバイスが開発用にセットアップされているかどうかを確認します。

    2 つ目のデバイスが検出されない場合、問題は USB ケーブルにある可能性があります。

デバイスが開発用にセットアップされているかどうかを確認する

問題がデバイスの設定によって引き起こされているかどうかを確認するには、次の手順を行います。

  1. 開発用デバイスのセットアップの手順に沿ってセットアップします。
  2. これで問題が解決しない場合は、デバイス OEM のカスタマー サポートに問い合わせてください。カスタマー サポート担当者に、デバイスが ADB を通じて Android Studio に接続できないことを伝えます。

RSA セキュリティ キー

Android 4.2.2(API レベル 17)以降のデバイスをコンピュータに接続すると、コンピュータ経由のデバッグを許可するための RSA 鍵を受け入れるかどうかを尋ねるダイアログが表示されます。RSA 鍵は、ユーザー デバイスのセキュリティを保護するための仕組みです。デバイスのロックを解除してこのダイアログで許可しない限り、USB デバッグや他の adb コマンドは実行できません。