NDK の概要

Native Development Kit(NDK)は、Android アプリで C および C++ コードを使用できるようにするツールのセットです。 NDK を使用して独自のソースコードをビルドしたり、事前にビルドされた既存のライブラリを活用したりできます。

NDK は、一般的に Android プログラミングの初心者には向かないツールです。また、多くのタイプの Android アプリに大きなメリットをもたらすこともありません。 NDK を使用すると、必然的に開発プロセスが複雑化しますが、それに見合うほどのメリットが得られないケースが大半です。 ただし、次のことを行う必要がある場合は有用です。

  • ゲームや物理学シミュレーションなどの演算負荷の高い処理のために、端末からより高いパフォーマンスを引き出す。
  • 独自のまたは他のデベロッパーの C または C++ ライブラリを再利用する。

このガイドでは、NDK をセットアップして活用するために必要な情報を提供します。最初に、NDK の基盤コンセプトと NDK をセットアップする方法について説明します。 次に、ビルドで対象にするさまざまなハードウェア プラットフォームに関して説明します。 続いて、NDK を使用してアプリをビルドおよびデバッグする方法について説明します。 最後に、独自のライブラリとその他の事前にビルドされたライブラリを使用する方法について説明します。