Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

Window Manager

  
アプリ デベロッパーは Window Manager を使用することで、新しいデバイスのフォーム ファクタをサポートし、新旧両方のプラットフォーム バージョンで、Window Manager の各種機能に共通の API サーフェスを提供することができます。最初のリリースは折りたたみ式デバイスを対象としています。将来のバージョンでは、より多くのディスプレイ タイプとウィンドウ機能に対応する予定です。
最新の更新 現在の安定版リリース 次のリリース候補 ベータ版リリース アルファ版リリース
2021 年 1 月 27 日 - - - 1.0.0-alpha02

依存関係の宣言

Window Manager への依存関係を追加するには、Google Maven リポジトリをプロジェクトに追加する必要があります。詳しくは、Google の Maven リポジトリをご覧ください。

アプリまたはモジュールの build.gradle ファイルに、必要なアーティファクトの依存関係を追加します。

dependencies {
    implementation "androidx.window:window:1.0.0-alpha02"
}

フィードバック

お寄せいただいたフィードバックは Jetpack 改善の参考にさせていただきます。新しい問題が見つかった場合や、このライブラリを改善するアイデアをお持ちの場合は、お知らせください。新しい問題を報告していただく前に、このライブラリの既存の問題をご確認ください。スターボタンをクリックすると、既存の問題に投票できます。

新しい問題を報告する

詳細については、Issue Tracker のドキュメントをご覧ください。

バージョン 1.0.0

バージョン 1.0.0-alpha02

2021 年 1 月 27 日

androidx.window:window:1.0.0-alpha02 がリリースされました。バージョン 1.0.0-alpha02 に含まれるコミットについては、こちらをご覧ください。

新機能

  • API を合理化して誤りを減らすために、いくつかの API のサポートを終了しました。重要な変更の 1 つは、WindowManager から同期読み取りオペレーションを削除して DeviceState のサポートを終了したことです。同期読み取りオペレーションは競合状態を引き起こし、正しく UI が表示されない原因になることがあります。

  • DisplayFeature は、他の機能で今後実装されるインターフェースに移行されました。最初に提供される機能は FoldingFeature で、これは画面の折りたたみまたはヒンジを表現します。これには、DeviceState に取って代わるヒンジの状態も含まれます。

  • WindowMetrics は Android 11 で導入されましたが、その目的は、デベロッパーがウィンドウに関する指標(ウィンドウの画面上の位置とサイズ、システム インセットなど)を簡単にクエリできるようにすることでした。このリリースでは、デベロッパーが WindowMetrics を利用して古い Android バージョンのサポートを継続できるように、API をバックポートしました。WindowMetrics は、WindowManager#getCurrentWindowMetrics() API および WindowManager#getMaximumWindowMetrics() API で取得できます。

API の変更

  • 次のアルファ版で削除される API のサポートを終了しました(Ib7cc4
  • ExtensionInterface を更新して明示的なアクティビティ参照を受け入れるようにしました。(I07ded
  • WindowMetrics API を導入しました。(I3ccee
  • WindowManager から同期読み取りメソッドを削除しました(I69983
  • ExtensionWindowBackend パッケージが保護されるようにしました。(Ied208

バグの修正

  • 視覚的コンテキストを受け入れるように ExtensionInterface API を更新しました。(I8e827

外部からの協力

  • DeviceState と WindowLayoutInfo を結合して、データに簡単にアクセスできるようにしました。(Id34f4

バージョン 1.0.0-alpha01

2020 年 2 月 27 日

androidx.window:window:1.0.0-alpha01androidx.window:window-extensions:1.0.0-alpha01 がリリースされました。バージョン 1.0.0-alpha01 に含まれる commit については、こちらをご覧ください。 これは、Window Manager ライブラリの最初のリリースです。

新機能

  • DisplayFeature: この新しい API は、連続する平坦な画面サーフェスが蝶番や折りたたみの部分で途切れた状態を識別します。
  • DeviceState: この新しい API は、スマートフォンの定義済みの物理状態(CLOSEDOPENEDHALF_OPENED など)のリストの中から現在の物理状態を提供します。