Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

Databinding

宣言形式を使用して、レイアウト内の UI コンポーネントをアプリ内のデータソースにバインドします。
最新の更新 現在の安定版リリース 次のリリース候補 ベータ版リリース アルファ版リリース
2019 年 9 月 5 日 3.5.0 - - 3.6.0-alpha10

databinding ライブラリは、Android Gradle プラグインにバンドルされています。ライブラリへの依存関係を宣言する必要はありませんが、有効にする必要があります。

データ バインディングを有効にするには、次に示すように、モジュールの build.gradle ファイルで dataBinding ビルド オプションを true に設定します。

android {
    ...
    buildFeatures {
        dataBinding true
    }
}

データ バインディングの詳細については、データ バインディング ライブラリのガイドと Android Studio のリリースノートをご覧ください。

フィードバック

お寄せいただいたフィードバックは Jetpack 改善の参考にさせていただきます。新しい問題が見つかった場合や、このライブラリを改善するアイデアをお持ちの場合は、お知らせください。新しい問題を報告していただく前に、このライブラリの既存の問題をご確認ください。スターボタンをクリックすると、既存の問題に投票できます。

新しい問題を報告する

詳細については、Issue Tracker のドキュメントをご覧ください。