CD Projekt RED: Play Asset Delivery でアップデート サイズを 90% 削減し、アップデート率を 10% 向上

Stay organized with collections Save and categorize content based on your preferences.

ポーランドのワルシャワを拠点とするゲーム デベロッパー、CD Projekt RED(CDPR)は、ウィッチャー 3 内のミニゲーム「グウェント ウィッチャーカードゲーム」を一新し、2020 年 3 月に Google Play でスタンドアロンの無料ゲームとしてリリースしました。ファイルサイズの初期値が大きく、定期的なアップデートで追加のデバイス ストレージが必要になる場合、ユーザーは更新版を入手するためにゲーム全体を再インストールしなければならないことがよくありました。これは、ゲームのコミュニティにとって最も大きな不満の種でした。CDPR は、差分パッチ適用を支援する取り組みにおいて、Play Asset Delivery の実装により、大きな成果を上げています。

CD Projekt RED のグウェント ウィッチャーカードゲーム
CD Projekt RED のグウェント ウィッチャーカードゲーム

CD Projekt RED の取り組み

CDPR は、Play Asset Delivery(PAD)を早くから実装していたパートナーです。3 種類の配信モードを利用できるので、最初はオンデマンド配信を実装し、ゲームの実行中にアセットパックをインストールできるようにしました。次に fast-follow 配信を導入し、ゲームがインストールされるとすぐに、4 MB~160 MB のサイズを持つ 40 個以上のアセットパックが自動的に配信されるようにしました。fast-follow 配信を使用するメリットは、ユーザーがゲームを起動していないときに、バックグラウンドでダウンロードを実行できることです。ユーザーが次にゲームを起動するとゲームがアップデートされ、すぐにプレイを開始できます。「差分パッチ適用、ゲーム内ダウンロードと店舗ダウンロード、動的アップデートといった主要な機能をすべて実現する唯一の信頼できるソリューションがこれでした」と主任制作者の Maciej Włodarkiewicz 氏は述べています。

結果

CDPR は、とりわけ PAD によるアプリ アップデートの効率化に満足しました。Play Asset Delivery の自動アップデートと差分パッチ適用のおかげで、アップデート率が大幅に向上し、再インストール数が減少しました。これにより、CDPR はアップデート サイズを 90% 削減できました。以前は、アップデートにダウンロードと追加のストレージ容量が 2 GB 以上必要でしたが、今ではわずか数百 MB で済みます。

PAD を実装してからほとんどすぐに、再インストール数が減少するとともに、プレーヤーが最新のアプリ バージョンにアップデートする速度が向上しました。バージョン 7.0 と 7.1 を比較すると、アプリが最新のバージョンにアップデートされたアクティブなデバイスの割合は約 10% 増加し、新しいバージョンをリリースした 1 日目のアンインストールの減少率は 4.8 倍になりました。グウェント ウィッチャーカードゲームでは、fast-follow 配信とバックグラウンド ダウンロードのおかげで、コンテンツ配信ネットワークを使用する場合と比べて、ユーザーはアイドル待機時間を平均で 8 分削減できました。

スタートガイド

Play Asset Delivery の詳細を読んで、今すぐお試しください。